コンテンツへスキップ

親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレンなど、悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,対人恐怖,生きづらい,死にたいなどのお悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 

ここ数日、とても寒かった浜松ですが、

今日は空気が暖かくなり、

「暑さ寒さも彼岸まで」かな? と思ったりしております。

(^_^)

 

前回は、実際の対話をご紹介いたしました。

◆ご相談者様
私は、父の期待に応えられませんでした。
私が、もっと、○○だったらよかったんでしょうけど。
父の期待に応えるために生きることが、
窮屈になって、反発して、
いわゆる不良グループに入って、
自由を楽しむようになりました。

父は怒っていました。
私も父が嫌いになって、父の悪いところばかりが見えて、
それから会話することもなくなりました。

○カウンセラー
そんなあなたのことをお父さんは嫌っていると思われるのですか?

◆ご相談者様
はい。 悪いこともしましたので、 父は、私が嫌いでした。

など … 。

 

 

平和・安定・落ち着きの理由  
 
 
また、その前に、
 
「なぜ、このようなカウンセリングをすると、
 
落ち込まなくなったり、心がぶれなくなったり、
 
気持ちが落ち着いたりするのか?」
 
というと、
 
 
「自分の親不孝感が癒やされる」
 
「自分の自己否定感が癒やされ」
「罪悪感が癒やされる」 から。
 
だとも、書かせていただきました。
 
 
しかし、 この考え方は、
 
フツウではないので、
 
 
読んでも、
 
??????  (-_-;)
 
難しい … 。 (-_-;)
 
ワケわかんない … 。 (-_-;)
 
 
だったかと思いますので、
 
もう少し、細かく、具体的に書いてみたいと思います。
 
 
 
 
         
親の感情に責任を取らない  
 
 
  このようなカウンセリングで、
 
「具体的に何が変わる」のか?
 
の1つ目として、
 
 
 
「親の気分・機嫌に責任を取る自分」から
 
「親の気分・機嫌に責任を取らない自分」に変化する
 
というのがあると思っています。          
 
 
 
 
あなたは親の気分・機嫌に責任を持ってきました?    
 
 
例えば、もしボクが今、あなたに、
 
「あなたは、 お父さんやお母さんの気分・機嫌に、
 
責任を持ってきましたよね?」 と言ったら、
 
どう思われますでしょうか?
 
 
たぶん、
 
「なに ??????
 
なにヘンなこと言ってるの?」
 
と思われるのではないでしょうか?
 
 
 
でも、少し考えると、
 
「確かに、親の機嫌をとるために自分を演じたことはある」
 
と、何か思い当たったりするかもしれません。          
 
 
 
 
自ら進んで親の感情に責任を持った?      
 
 
 
でも、それを「親の機嫌・感情に責任を持った」と、
 
自分から進んで、積極的に、
 
「親の感情に責任を持った」とは、
 
思えないと思うのです。
 
(´・_・`)
 
 
 
そこで、客観的に考察するために、
 
もう一度、ご相談者様との対話を、
 
確認していただきたいのですが、
 
 
 
ご相談者様は、こんな風に言っていらっしゃいます。
 
 
「はい。悪いこともしましたので、父は私が嫌いでした。」 と。
 
 
 
つまり、これは、
 
父の気分が良くない理由は自分だと思っている。
 
父の機嫌が悪い責任は自分にある。
 
と思っていらっしゃるということですよね?
 
(^_^;)
 
 
 
 
 
お父さんの勝手      
 
 
 
「自分が悪い子だった。
 
だから、 親は自分がキライになった。」
 
という、発想や考え方は、
 
あまりにもフツウで、当たり前なので、
 
そのことに疑いの目を向けることはあまりないし、
 
それを変えようとは、思わないかもしれません。
 
 
 
でも、それが変わると、
 
罪悪感や自己否定感が消えていくみたいです。
 
 
なぜなら、親不孝感が癒やされるから。      
 
 
 
 
キライになるのはお父さんの自由意志      
 
 
 
具体的には、
 
「お父さんが、ワタシを好きになろうが、キライになろうが、
 
それは、お父さんの自由意志であって、私の責任ではない」
 
と思えるようになると、親不孝感が癒やされる
 
ということです。
 
 
 
また、そう変わると、
 
自己否定感や罪悪感が消えていき、
 
自己肯定感も持てるようになるみたいです。      
 
 
 
 
 
子どもに依存しない自分になれる      
 
 
 
また、それができると、
 
自分が、子どもを持った時に、
 
「自分の気分が良くないのは子どものせいだ」
 
と思わなくなると思います。
 
 
 
言い換えますと、  
 
子どもによって、
 
自分の気分が上がったり下がったりしなくなる
 
 
つまり、
 
子どもに依存しない自分になれると思います。      
 
 
 
 
 
夫婦の問題も      
 
 
さらに、それは、同時に、
 
夫や妻に依存しなくなることに繋がります。
 
なので、夫婦関係も円満になったりします。
 
(^_^)
 
 
 
次回は、インナーチャイルドを癒やすカウンセリングで、
 
「具体的に何が変わる」のか?
 
の2つ目として、
 
 
「自分は親を愛していなかった」が
 
「自分は親を愛していた」に変わる。
 
を書いてみたいと思っております。
 
 
よかったら、引き続きお付き合いくださいね。
 
 
 
 
 

親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレンなど、悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,対人恐怖,生きづらい,死にたいなどのお悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 

こちら浜松は、晴れていたのですが、

風が冷たく、肌寒い一日でした。

(´・_・`)

そちらは、いかがでしたか?




前回、

・僕は「自分は悪い人間」「ダメな人間」「価値のない人間」などの

 罪悪感・自己否定感を潜在的に持っていた。

・しかし「愛していたのはボクではなく、娘がボクを愛していたのだ」と、

 娘のことを肯定できるようになると、

 ボクの罪悪感・自己否定感も消えていった。

・それは、たぶん、ボクが娘を肯定できたことで

 【子どもの頃のボク自身をも肯定できるようになったから】だと思う。

・その結果、ボクの気持ちは、平和になり、安定し、落ち着くようになった。



などと、お伝えしたのですが、

 

 

カウンセリングの実際

 

今日は、

インナーチャイルド(親子関係)を癒やすカウンセリングの、

実際の対話
を、少し、紹介してみたいと思います。


(ある特定のご相談者様との会話ではなく、あくまで例えです)



 

○カウンセラー

 お父さんのことをどう思っていらっしゃるのかを、
 少し、お伺いしてもよろしいでしょうか?


◆ご相談者様

 私は、父の期待に応えられませんでした。

 私が、もっと、○○だったらよかったんでしょうけど。

 父の期待に応えるために生きることが窮屈になって、
 反発して、いわゆる不良グループに入って、
 自由を楽しむようになりました。

 父は怒っていました。

 私も父が嫌いになって、
 父の悪いところばかりが見えて、
 それから会話することもなくなりました。

 素直になれませんでした。

 結局、父は、3年前に他界しました。



○カウンセラー

 そんなあなたのことをお父さんは嫌っていると思われるのですか?


◆ご相談者様

 はい。
 悪いこともしましたので、
 父は、私が嫌いでした。



○カウンセラー

 例えば、もし、今、お父さんが、あなたの隣(横)で
 あなたの話を聴いていたとします。
 お父さんは、どんな表情をしていそうですか?


◆ご相談者様

 わからないです。



○カウンセラー

 わからなくて大丈夫なので、
 あなたの話を聴いているお父さんのイメージが
 何か湧きましたら、
 そのまま言っていただけますか?


◆ご相談者様

 はい。
 父は、黙っているような感じがします。



○カウンセラー

 お父さんは、黙っていることが多かったですか?


◆ご相談者様

 いいえ。
 生きていた時は、自慢話とか、
 「こうならなきゃダメだぞ」みたいな
 ことをよく言う父でした。



○カウンセラー

 あなたの話を聴いているお父さんは、
 黙っているイメージですか?


◆ご相談者様

 何か言いたそうだけど、言葉が出ない
 みたいなイメージでしょうか?



○カウンセラー

 お父さんは、あなたのことを怒っているみたいですか?


◆ご相談者様

 いいえ。



○カウンセラー

 お父さんは、
 「もういいよ。終わったことだ。」
 と思っていらっしゃるのではないでしょうか?


◆ご相談者様

 そんな感じかもしれません。



○カウンセラー

 お父さんは、
 「もう、そんなに自分を責めないでいいよ。」
 と言いたいのではないでしょうか?


◆ご相談者様

 そんな感じかもしれません。



○カウンセラー

 もし、お父さんから、
 「もう、そんなに自分を責めないでいいよ。」
 と言われたら、
 あなたはお父さんに、どんな言葉を返しますか?


◆ご相談者様

  ・・・・・・
 「ごめんなさい」かな?



○カウンセラー

 もし、あなたがお父さんに、
 「ごめんなさい」と言ったとしたら、
 お父さんは、どんなリアクションをしそうですか?


◆ご相談者様

 父は、黙っているような感じがします。



○カウンセラー

 もし、あなたがお父さんに、
 「ありがとう」と言ったとしたら、
 お父さんは、どんなリアクションをしそうでしょうか?


◆ご相談者様

 分からないですが・・・
 満足しているような感じかな?



○カウンセラー

 ありがとうございます。
 ご自身の直感を信じてくださいね。

 

 

平和・安定・落ち着き

 

変わったカウンセリングかもしれませんが、

このような対話をした結果

ご相談者さまから、


「落ち込まなくなった。

 心がぶれなくなった。

 感情に揺さぶられなくなった。

 なんだか落ち着いている。」



などのご感想をいただくようになりました。



また、次回、


 なぜ、このようなカウンセリングで、

 ご相談者さまが、平和・安定・落ち着きを

 感じられるようになるのか?



を、書いてみたいと思いますので、

よかったらお付き合いくださいね。
 

 

親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレンなど、悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,対人恐怖,生きづらい,死にたいなどのお悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 
こちら浜松は、春一番のような強い風と、
 
春雨のような長い雨が止み、穏やかに晴れていますが、
 
そちらは、いかがでしょうか?
 
(^_^)
 
 
 
前回、
 
 
・ボクは、「お父さんを助けるためだよ」という
 声ならぬ声に、胸を打たれ、娘の愛に気づいた。
 
・「ボクが娘を」愛していたのではなく、
 「娘がボクを」愛していた。
 
・「娘から愛されていることに気づけた」喜びは
 「お金以上のシアワセ」だった。
 
・その結果、ボクは、お金の奴隷から抜け出せた。
 
・娘の愛は、派手でもなく、刺激的でもなく、
 興奮をもたらすものではなかった。
 だから、気づくのが難しかった。
 
・つまり、子どもの愛は、静かに,とうとうと,脈々と,
 永続的なシアワセをもたらしてくれている、
 太陽や、星、月、海、山のような存在だった。
 
・それは、豪華な料理や、高級な豪邸、高級車などとは次元の異なる、
 静寂で永遠的なシアワセを与えてくれるものだった。
 
 
などとお伝えしました。
 
 
 
そして、その経験は、さらに、
 
ボクの罪悪感や自己否定感をも、
 
癒やすことになります
 
 
 
 
     
罪悪感や自己否定感が消えた  
 
 
 
それまで、僕は、
 
強い罪悪感や自己否定感を持っていました。
 
 
例えば、
 
・自分は悪い人間 ・自分はダメな人間
 
・自分は価値のない人間
 
・自分はいないほうが良い
 
・自分は死んだほうが良い
 
などの気持ちを、潜在的に持っていました。
 
 
しかし、
 
「愛していたのはボクではなく、娘がボクを愛していたのだ」と、
 
娘のことを肯定できるようになると、
 
ボクのココロの罪悪感・自己否定感も消えていきました。  
 
 
完全にではないですが、
 
必要以上に自分を責めたり、否定したり、
 
ダメ出ししたり、しなくなりました。
 
 
 
          
罪悪(感)の原因は、親不孝(感)  
 
 
  では、なぜ、
 
「娘を肯定できたこと」が、
 
「僕の罪悪感や自己否定感を消すこと」になったのか?
 
 
というと、
 
「親不孝感が消えたから」
 
なのだと思います。
 
 
 
つまり、
 
 
・自分はなぜ、悪い人間なのか?
 それは親不孝だから。
 
・自分はなぜ、ダメなのか?
 それも親不孝だから。
 
・自分に価値がない理由も、
 親の期待に応えられなかったから。
 
・自分が死んだほうが良い理由も、
 親の望みに反したから。
 
 
という風に、
 
罪悪感や自己否定感の原因が、
 
親不孝感から来ていたからなのだと思います。    
 
 
 
 
子どもの頃のボクを肯定できたから    
 
 
 
つまり、 ボクが、娘の愛を肯定できたことで、
 
ボクは、子どもの愛を肯定できるようになりました
 
 
そして、それは、
 
【子どもの頃のボクを肯定することになった】
 
のだと思います。
 
 
具体的には、
 
親の期待に応えなかったボクを肯定でき、
 
親の意に反したボクを否定しなくなったのだと思います。
 
 
そして、
 
・結果的に、期待には応えられなかったけれど、
ボクは、親の期待に応えようとして生きてきた
 
・結果的に、親を悲しませてしまったかもしれないけれど、
ボクは、親の不幸を願って生きてきたわけではない。
 
と、 【親のシアワセを祈って生きてきたボク】を
 
肯定できるようになった
 
 
だから、 ボクの罪悪感・自己否定感も、
 
消えていったのだと思います。          
 
 
 
 
ボクもボクなりに親を愛してきた      
 
 
 
       
 
 
 
つまり、ボクは
 
「お寿司キライ!」「風船欲しい!」みたいなことを言って、
 
親の期待に背き、親を困らせ、親を悲しませてしまった。  
 
 
 
けれど「お寿司キライ」も「風船欲しい」も、
 
決して親を憎んでやったことではなかった。
 
 
 
逆に、ボクは、親のシアワセを祈ってそうしたのだと、
 
ボク自身を肯定できるようになった結果、
 
罪悪感・自己否定感も消え、
 
ボクの気持ちは、平和になり、安定し、落ち着いたのだと思います。
 
 
 
 
ご相談者様も親を愛してきた      
 
 
さらに、それは、
 
ご相談者さまの罪悪感や自己否定感を癒やし、
 
平和や安定、落ち着きをもたらすことになるのですが、
 
 
 
次回は、
 
ご相談者様と、具体的に、
 
どんなセッションをしているのかを、
 
書いてみたいと思いますので、
 
よろしかったら、また、お付き合いくださいね。
 
 
 

親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレンなど、悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,対人恐怖,生きづらい,死にたいなど。お悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 

昨日、今日と、春のように温かなこちら浜松です。

桜が咲く日も近そうですね。

(^_^)

 

さて、前回までに、

 

・「お金があればシアワセになれる」と、
ボクは、豊かさもシアワセもお金に依存させていた。

・娘は病気になったり事件や事故を起こして、
ボクを経済的に精神的に窮地に追い込んだ。

・そして、ボクは「この危機的な状況は、
フツウの方法では解決できない」と考えるようになり、
スピリチュアル・ヨガ・瞑想・量子力学などの本を読みあさり、
フツウじゃないものに救いを求めるようになった。

・そんなある日、「ある言葉」に出会い、涙がとまらなくなった。

 

などと書かせていただいたのですが、

 

 

子どもは、自分の身を挺してでも … 。  
 
 
 
親子関係,インナーチャイルド,アダルトチルドレン,悩み,相談,カウンセラー
 
 
 
その「ある言葉」とは、
 
本田健さんの本「ユダヤ人大富豪の教え(3)」
 
の中にあった、こんな言葉です。
 
 
【すべての子どもは、
 
自分の身を挺してでも、 両親を助けようとする。】
 
 
 
ボクは、その言葉を読んだときに、
 
涙が止まらなくなってしまいました。
 
 
次の日も、その言葉を読むと、涙が止まらなくなり、
 
そのまた次の日も、その言葉を読むと涙が止まらなくなるという、
 
不思議な3日間を過ごしました。
 
 
 
 
アタマでは理解できない  
 
 
 
しかし、ボクのアタマでは、
 
「すべての子どもは、自分の身を挺してでも両親を助けようとする」
 
という言葉は、論理的にも感情的にも理解できない、
 
受け入れがたい言葉でした。
 
 
 
しかし、涙がボロボロとあふれて止まらなくなるのだから、
 
その言葉を受け入れざるを得ません。        
 
 
 
 
そうだったんだ … 。    
 
 
 
そして、
 
「そうだったんだ…。」と、 心の中でつぶやくと、
 
また、涙がボロボロと落ちこぼれる…。
 
 
 
そんな3日間でした。
 
(^_^;)
 
 
 
結果的に、その《気づき》ゆえに、
 
ボクの人生は、ガラッと変わることになるのですが、
 
それは、ボクのアタマでは理解できない、
 
常識や論理というものから、逸脱した《内容》でした。          
 
 
 
 
お釈迦さまのサトリと同じ?      
 
 
たぶん、それは、
 
 
アルキメデスが、お風呂のお湯があふれるのを見て、体積に気づいたり、
 
ニュートンが、リンゴが木から落ちるのを見て、重力を悟ったり、
 
ガリレオが、星の動きをみて、地球が動いていることに気づいたり、
 
アインシュタインが、屋根から落ちる人を見て、相対性理論を悟ったり、
 
お釈迦様が、難行苦行の末に乳粥を食べて、無をサトったのと同じように、
 
 
当時の常識や理屈から逸脱していた《内容》 … 。
 
ではないかもしれませんが、
 
(^_^;)
 
 
 
ほんの、ほんのちょこっとだけ、
 
似ている部分があるのではないかと、
 
ボクは勝手にそう思っております。 (^_^;)        
 
 
 
 
ボクのライフワーク      
 
 
なので、この
 
【すべての子どもは、自分の身を挺してでも、両親を助けようとする】 を、
 
一人でも多くの人に伝えることが、
 
ボクの「人生の目的・使命・ライフワーク」なのかなあと思って、
 
今、こうして、そのことを書かせていただいています。 
 
 
 
なんちゃって…。
 
(^_^;)
 
 
 
なんだか、落ち(オチ)が着いちゃったかもしれませんが、
 
【すべての子どもは、自分の身を挺してでも、両親を助けようとする。】 について、
 
もう少し詳しくお伝えしたいので、
 
よかったら引き続き、次回もお付き合いくださいね。
 
 
 

 

 

4時間?

 

 

長い?

 

って思われるかもしれませんが、

 

 

ほぼ、全員のお客様が、

 

 

「えっ、もう3時間?!」

 

 

と、3時間くらい時間が経過したところで、

 

 

言われます。

 

 

 

特に、ご両親との関係性を癒やすためには、

 

 

ご両親の生い立ちについて、お聞きしなければなりません。

 

 

お父様の生い立ち、

 

 

お母様の生い立ちを、

 

 

しっかりお聞きするためには、

 

 

やはり、1時間や2時間では難しいです。

 

 

 

しかし、ご両親に対する感情を癒やし、

 

 

ご両親との関係が変わると、

 

 

あなたの人生も大きく変わります。

 

 

 

 

単発のセッションでも、癒やし、無になる心地よさ、気づきなどを感じていただけると思います。

 

 

 

しかし、わくわくとシンクロを体験する生き方を自分に定着させ、習慣化させ、それを自分の自然な生き方にさせるには、時間が必要だと思います。

 

 

 

あなたのゴールは、普通に自然に、「自分が好き」な状態で生活できるようになることだからです。

 

 

 

ステップを一つ一つ踏み上がり、気づきを積み重ねていく中で、少しずつ少しずつ、「自分が好き」、「わくわくとシンクロで生きるスタイル」が、あなたの身体に染み込み、それが普通で自然な生き方に変わっていきます。

 

 

 

 

 

/** * 以下ヤフーアクセス解析のためのスクリプト */