不倫と精神疾患

不倫と精神疾患(浮気,恋愛,依存など 悩み相談)浜松市の心理カウンセリング コリトル(カウンセラー のぶさん)

 

前回、フツウ、「好き!愛してる!」は、人をシアワセにします。

しかし、不倫の場合は「好き!愛してる!」が人をシアワセにしない

それどころか「心も壊れ、体も壊れ、家庭も崩壊する」という悲劇をもたらす。 

だから、不倫は、恐ろしい魔物のようなものかもしれません。

などと書かせていただきました。

恋愛や不倫の問題をコトちゃんが解決!
カウンセリング経験から得られた問題解決のパターンを
物語風に分かりやすく書いてみました。

花子の不倫 心理カウンセラー

本人のチカラではどうにもならない

 

不倫のご相談をお聞きしていて、よく思うのが、

本人の力では、どうすることもできないということです。不倫も依存症の一種なので、陥ってしまうと精神と脳が、自分の意志と無関係にそれを欲してしまう

つまり、アルコールや麻薬(の禁断症状)のように、心や脳が洗脳されて、自分のチカラでコントロールできなくなってしまうようです。

好きな人の心を引き裂けますか?

 

 

また、不倫には相手がいますので、(愛する?)相手の気持ちを引き裂かないとやめられません

お互いに傷つきたくないので、不倫をやめるのはさらに一層難しくなります。

やはり、自分のことを「好き!」と言ってくれる人(自分が好きな人)の心を引き裂きたくはありません。

しかし、そのような状態を続けていくうちに、
気持ちが落ち着かなくなる」
「神経がすり減って疲れてしまう」
「カラダの調子もおかしくなってしまう
という状態にも陥ってしまいがちです。

悩み 解決とは

 

気持ちが落ち着かない

 

気持ちが落ち着かなくなる理由は、

「やってはいけないことをやっている」罪悪感、

「バレないようにしなきゃ」という緊張感、

「バレたらどうしよう?」という心配、

「これからどうしたら良いんだろう?」という不安、

など様々だと思うのですが、

不倫関係が続いていると、まず、気持ちが落ち着かなくなるようです。

また、ウソをつかなければならなくケースが増えるので、

神経がすり減ってしまったり、心身のエネルギーが奪われたりして、気力体力も減退してしまうようです。

 

 ココロが病んでしまう

 

つまり、平和な気持ちでゆったりと休むことができなくなってきます

それは、ほとんどの依存症も同じかもしれませんが、躁鬱(そううつ)病の、躁(そう)が続く状態になってしまい、

ゆったりと休むことができなくなると、

夜の睡眠も浅くなって、エネルギーを消耗し続けることになってしまいます。

精神科や心療内科等に行けば、「精神疾患」と診断されて、

精神安定剤や睡眠導入剤を処方してもらえると思うのですが、

根本的な解決をしていないと、安定剤・導入剤・アルコールの量が増えてしまうばかりで、

エネルギーの消耗・気力体力の減退が続いてしまいます

また、抗うつ薬などの精神薬が、女性ホルモンを活性化させ、恋愛感情や性的衝動を亢進させてしまう場合もあるので

薬物治療には気をつけなければなりません。

 

心療内科 薬 合わない 心理療法 カウンセリング

 

 カラダも病んでしまう

 

また、薬の量が増えてしまうと、

カラダで毒素成分を分解しきれなくなり、肝臓等の毒素分解器官が疲れてしまいます。

そうすると、家族や周囲の人たちも、その影響を受けざるを得ません。

そんな感じで、「不倫は、心も体も家庭も壊れてししまう」恐れがあるのですが、

「不倫したら精神疾患になる」訳ではありませんので、

不倫のすべてを否定するつもりもありません。

実際「不倫をすることで精神状態を保てている」というかたもいらっしゃいますので…。

 

人間関係 疲れた 自己肯定 悩み カウンセリング

 

もし、不倫しなかったら?

 

でも、不倫したことによる罪悪感や、夫婦の信頼関係が崩れてしまった苦悩を抱えてご相談に来られるかたのお話をお聞きしていると、

「もし、不倫しなかったら、こんなにツラく苦しい気持ちを味わわずにすんだのでは…。」と、

不倫という恐ろしい「魔物」を呪いたくなってしまいます