コンテンツへスキップ

幸せの方程式(34)

【 インディア ⑥ お別れ 】

 

僕は、シャンカールのヨガ道場に戻り、帰りの身支度を整えた。

 

シャンカールは、にこやかな表情で道場の外まで、僕を見送った。

 

シャンカールは、僕の逝き先をガンジスから日本へと切り替えた。

 

僕を出迎えた時の無表情なシャンカールは、もう、そこにはいない。

 

手を千手観音像のように振り回し、「アチョチョチョチョチョー!」と高音の声を出しておどけ、優しく手を振って僕を送り出した。

 

僕は100メートル進み、ゆっくり回れ右をして両手のひらを胸の前で合わせ、深く長くお辞儀した。

 

精一杯の感謝の気持ちを込めて。

 

 

 

「ナマステ

(あなたの神聖さを、尊敬し感謝します。)」

 

 

 

100メートル先の彼も、両手を胸の前で合わせている。

「ナマステ

(あなたの神聖さを、尊敬し感謝します。)」

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 


 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

 

幸せの方程式(33)

【 インディア ⑤ ナマステ】

 

 

僕はあぐらをかいてその場に座り、静かに目を閉じた。

 

僕に不幸を呑み込むことができるのだろうか?

 

麻里奈への感情を噛んで噛んで味わい尽くし、麻里奈を許せない気持ち、怒り、悲しみ、胸の痛み、失望、絶望を、呑み込んで無くしてしまうことができるというのだろうか?

 

「そんなの無理だろう?」という気持ちが心の片隅に残っているが、シャンカールに言われた通り、麻里奈を許せない気持ち、怒り、失望、絶望を、全身で、徹頭徹尾、味わい尽くし始めた。

 

 

 

全身にチカラが入り、緊張している。

 

その力みと緊張感は、身体の許容範囲を超え、僕の両肩と両腕そして握り拳とを、ワナワナと小刻みに震わせ始めた。

 

「麻里奈を許すなんて、絶対にできない。

 

絶対に許せない!

 

絶対に愛せない!

 

もう二度と麻里奈を愛さない。

 

もう二度と麻里奈を信じない。

 

もう麻里奈と離婚する以外に道はない。

 

麻里奈との離婚は正義の離婚だ。

 

オレは何も悪くない。

 

悪いのは麻里奈だ!

 

こんなひどい目に遭わされて、離婚しないなんて、オレはバカだ。」

 

 

 

僕はひたすらに、麻里奈への感情を味わい尽くした。

 

少し眠ってしまったのか、いつの間にか、当たりは真っ暗になっていた。

 

真っ黒な夜空には、日本の名刀「正宗」のような怪しい光を放つ三日月がジッとしている。三日月の美しさは、癒やしと慈しみを提供する夜の女性のような妖艶さと、どんな物をも二つに切り裂いてしまう日本刀「正宗」のような恐ろしさ、二つの要素を兼ね備えた魅惑的な美しさだ。

 

僕は「何て美しいのだろう…。」と感動したが、忘れていたことを思い出したかのように、再度あぐらを組んで、麻里奈への感情を味わい尽くし始めた。

 

 

 

「やっぱり、どうしても許せない。

 

やっぱり、どうしても憎い。

 

やっぱり…。」

 

その時、僕の心に一筋の光が射した。

 

 

 

1ヶ月前に元気な赤ちゃんを出産した女性の、パンパンに膨らんだ大きな乳房の乳首から、乳白色の母乳が勢いよく飛び散るように、

あるいは、人間が地下1000メートルの巨大温泉を掘り当てた時、ストレスを溜め込み体温を300度近くまで上昇させていた巨大温泉が、熱湯になっている地下水をボコボコと地表に湧き溢れさせるかにように、

 

僕の腹の底で、大量の水が、ドクンドクンと湧き溢れ始めた。

 

そして、僕の体内タンクに収まりきらなくなったその水は、住宅街の火事現場に駆けつけた消防隊員たちが、燃え盛る炎にホースを向けて勢いよく放水するように、僕の目と口と鼻から飛び出した。

 

同時に、止めどない感情の叫び声も腹の底から涌き上がり、僕の喉を切り裂くようにして僕を嗚咽させた。

 

「もう、イヤだ!

 

何で、僕は、麻里奈を許せないんだ!

 

もう、これ以上、僕を苦しめないでくれ!

 

麻里奈を愛せない苦痛を味わうのは、もうイヤだ。

 

麻里奈を許せないのは、コリゴリだ。

 

麻里奈を許させてくれ!

 

麻里奈を愛させてくれ!

 

頼むから、もうこれ以上麻里奈を憎ませないでくれ!」

 

僕は、神を信じてもいないのに神に訴えている。

 

僕は、明け方までの3時間、嗚咽し続けた。

 

これでもかというくらいに、涙とヨダレと鼻水を流した。

 

自分でも、自分が、どうなっているのか分からない。

 

一切の水分が、僕の中から、出し切られると同時に、僕の麻里奈への怒り、悲しみ、絶望、恨みの感情も僕の外に出て行った。

 

 

 

夜が明け、周囲が白み始めた。チュチッ、チュチッ、チュクッ、チュクッと、林の木陰で目を覚ました小鳥たちが、「おはよう!」のあいさつを交わしている。

 

僕は、もう、麻里奈を怒っていない。

 

僕は、もう、麻里奈を恨んでいない。

 

僕は、麻里奈を許せる僕になっている。

 

僕は、麻里奈を愛せる僕になっている。

 

そして、今、僕の心は無くなっている…。

 

あらゆる思考と感情の束縛から、僕は解放されている…。

 

これが僕?

 

これが本当の僕?

 

到底、許せないと思っていた麻里奈を、本当の僕は許した。

 

本当の僕は麻里奈を許したがっていた。

 

麻里奈を憎んでいた僕、麻里奈を恨んでいた僕、麻里奈に失望していた僕は、本当の僕ではなかったのだろうか?

 

「無条件、無償、無限の愛」と言っていたシャンカールの言葉が思い出される。

 

心が澄んでいる。

 

肩が軽い。

 

もう、心の中には何も無い。

 

ただ、空気が美味しい。

 

ただ、景色が美しい。

 

ただ、幸せだ。

 

 

 

「ユウの国では、無料のことを『ただ』と言うだろう?本当の幸せとは、ただで感じる幸せのことなのだよ。」と、また、シャンカールの言葉が思い出される。

 

眩しく黄色い大きな太陽が、地平線から顔を覗かせ、ガンジスの水面を黄金色にキラキラ輝かせ始めた。

 

全身の水分を出し切りスルメのように干からびた僕は、一歩ずつ踏み締めるようにして、黄金色にキラキラ輝くガンジスへ近づいた。

 

上半身裸の男が一人、朝一番の沐浴を行っている。その男は両手で水をゆっくりとすくいあげ、自分の頭にその水を掛け流した後、両手のひらを胸の前で合わせ、天に祈りを捧げている。

 

僕も上半身裸になり、彼から20メートルほど離れたところで、まず左足を、続いて右足をガンジスへ踏み入れ、水が腰のあたりに来るところまで進み、その男性と同じようにガンジスの水を頭から掛け流した。

 

頭の頭皮、首、肩、背中、お尻、太もも、フクラハギ、足の裏の皮膚の毛穴からガンジスの生命力が染み込んでくるのが分かる。

 

僕は、麻里奈へのあらゆる感情を呑み込んだ。

 

ロマンスの少女のように夢見ていた純粋な結婚のことは、もうどうでも良い。

 

麻里奈の不可解な妊娠のことも、もうどうでも良い。

 

「僕は不幸を呑み込んだ。

 

本当の幸せを手に入れた。

 

無から生じる無条件、無償、無限の愛による幸せを、ただ無料で手に入れた。

 

僕は、その時、ガンジスの流れに生命を流すことを止め、日本に僕を還すことに決めた。

 

ふと見ると、隣で沐浴していた上半身裸の男が僕の方を見ている。

 

大相撲の関取のような体格、ふくよかな顔、大きな額。その額には、ミミズのような太いシワが3本横断していて、その3本のシワの下中央には、日の丸弁当の梅干しのような赤く小さな宝石が埋め込まれている。

 

男が、声をかけてきた。

 

幸せに満ちた表情、両手のひらを胸の前で合わせ…。

 

 

 

「ナマステ

 

(「あなたの神聖さを、尊敬し感謝します。)」

 

僕も、両手を胸の前で合わせ、彼に返した。

 

 

 

「ナマステ

 

(「あなたの神聖さを、尊敬し感謝します。)」

 

 

つづく

 

 

 


 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

 

 

幸せの方程式(32)

【 インディア ④ ガンジス 】

 

 

「あとは、僕の自由ということか。」

シャンカールの「やるかやらないかは、ユウが決めることだ。誰もユウを助けられない。誰もユウに干渉できない。ユウは完全に自由だ。同時に、ユウは全責任を負う。」という言葉が思い出される。

僕は、外に出て、ガンジス川へ向かった。

3年ぶりに再会したガンジスは、相も変わらず、大量の水をゆったり静かに淡々と流し続けている。

夜も昼も。

冬も夏も。

ガンジス川下流には、神様の化身とされるウシ・サルの糞尿や人間の死体などが流れて来るが、こちらの上流には、ただ美しく透明に澄んだ水だけが静かに淡々と流れている。

夜も昼も。

冬も夏も。

「人はヒマラヤで生まれガンジスに流されて、この世にやって来る。そして、この世の営みを終えると、またガンジスに戻って海へ流れて逝く。」と、インドの人たちは信じている。

訪れし命に歓喜を味わい。

去り逝く命に哀しみを味わう。

喜びと悲しみが同居しているのが、生命であり、人生だ。

死の悲しみが無い生もなく、

誕生の喜びの無い死もない。

人生もガンジスと同じ。

命を逝き来させ、喜びと哀しみを逝き来させるのが人生であり、その流れに乗ることが生きるということ。

喜びがあれば、哀しみがあり、

昼があれば、夜があり、

夏があれば、冬があり、

不幸があれば、幸せがある。

そして、異質なものが、一つになると、新しい光が生まれる。

ただ、それだけのこと…。

 

 

 

 

 

つづく

 

 


 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

幸せの方程式(31)

【 インディア ③ シャンカール 】

 

 

ガンジス川上流、静かな田舎に住むシャンカールは、僕を出迎えたが、表情一つ変えず何も語らず無言のまま僕をヨガの道場へと案内した。

シャンカールは、既に、抜き差しならない状況であることを察知していた。

僕の質問にも気づいていたようだった。

インドの夏は、うだるように暑い。

シャンカールは、20畳ほどのヨガ道場へと僕を案内した。

部屋の片隅に、小学校で使われているような小さな椅子が二つ、そして小さな机が一つ置かれている。その机上には、ティーポットとティーカップも準備されていた。

ティーポットには、シナモンの良い香りがするチャイがたっぷりと入っている。

シャンカールは、僕の状況を事前に察知し、最高のもてなしを用意してくれていた。

僕たちは無言のまま、小さく硬い椅子に座った。

シャンカールが静かに語り出す。

「ユウは、形の無いものをどれくらい認識して生きてきたのかね?」

「つまり、生きてきた時間の何分の一を非物質的なものを感じる時間に費やしてきたのかね?」

「その前にユウ自身、形の無いユウであるという認識を持ったことがあるのかい?」

「ユウは、形が無いユウであることを、知らないのか?」

シャンカールの誘導に従って、僕の「潜在意識と不幸を呑み込む」旅が始まった。

約5時間後、僕は、ゆっくりと静かに目を開けた。

「潜在意識の旅」は、終わった。
目の前にシャンカールはいない。
シャンカールを乗せていた小さな木製の椅子は、渋谷駅で主人の帰りを待つ忠犬ハチ公のように、遠くの一点を見つめながら寂しそうにジッと主人の帰りを待っている。

 

 

 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」