コンテンツへスキップ

続・幸せの方程式(3)

 

第一章 有イコール無

 

【 有=無 ① 海 】

 

 

 

僕の目の前には、真っ青な光景が広がっている。

 

青というよりは、青色に黒を混ぜたような、濃厚な藍色の液体の中に僕はいる。

 

僕は、上下、前後、左右に、ゆったりと穏やかに揺れている。

 

ゆらりゆらりと揺れる母親の背中におぶさりながら、「ね〜んね〜ん。ころ〜り〜よ。おこ〜ろ〜り〜よ〜。」という子守唄を聴いていた時のような安堵感を覚える。

 

 

「これは、きっと、海の中だ。」と、僕は直感的に確信した。

 

その直感を揺るぎないものにするごとく、僕の耳には、ザブウーン、ザブウーン、という波の音が入って来た。

 

その波の音の間には、ブクブクブクブク、という水の弾ける音も混ざっている。

 

 

波はとても穏やかだ。

 

ゆっくりと。ゆったりと。

 

ザブウーン、ブクブクブクブク、ザブウーン、ブクブクブクブクと子守唄のようなさざ波が僕の気持ちを安らかにする。

 

 

僕は、心地良い波の揺れとさざ波の音に癒され、まどろみに落ちていった。

 

 

が、急に目の前の藍色が明るくなり始めた。

 

濃厚な藍色は、透明性を増し、マリンブルーから水色へとその色を変化させていった。

 

そして、次の瞬間、白と黄色の入り混ざったまぶしく燦々(さんさん)と輝く一点の光が僕の眼孔に入って来た。

 

「うわっ!太陽だ。眩しい!皮膚が焼けるように熱い!」と僕は小声で叫びながら、まぶしく輝く光をさえぎるため、とっさに自分の右腕を目の前に回した。

 

 

すると、僕の体は、フワッと軽くなり、上へ上へと垂直方向に上昇を始め、僕は海から離脱し始めた。

 

臼(うす)に入れられ、杵(きね)で力強く叩きつけられ、粘性と弾力を身につけた、アッツアツの湯気を出している、真っ白く艶(つや)やかな大きいお餅から、ピンポン球サイズのお餅をちぎり取る時に、すーっと一本の糸が引かれるように、僕の体は糸を引きながら海から分離した。

 

 

僕のカラダは、その粘性を帯びた糸から切れ離されると、鳥の羽毛のようになった。

 

そして、体重は限りなくゼロに近づき、猛烈なスピードで宙をさまよい始めた。

 

 

 

つづく

 

 


 

 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

 

【本当にそう?】

「オレはコトちゃんの体を動かせない。だから、コトちゃんとオレは一つではなく二つだろ?」と自信を持って言った僕に、それ以上の自信を持ってコトハが応えた。

「本当にそう?

さっき、お兄ちゃん、アイスコーヒー飲んだよね?そのアイスコーヒーって、誰が作ったんだっけ?」

「はあ?コーヒーを作ったのはコトちゃんだよ。あっ、お礼言い忘れてたな。ごめん、ごめん。ありがとな。コトちゃん。」

「別にお礼は、いいんだけど…。とにかく、お兄ちゃんが、コトちゃんにコーヒーを作らせたってことよね?」

「はあ?別にオレ、コトちゃんにコーヒー持って来てくれって頼んでないぜ。」

「でも、お兄ちゃん『コーヒーでも飲んで、少し休みたい。』って、思ったでしょ?」

「まあ、そうかもしれないけど…。だから、それが何?」

「つまり、お兄ちゃんが、『コーヒー飲みたい』って思ったから、コトちゃんが体を動かしてコーヒーを持ってきた。もし、お兄ちゃんが『コーヒー飲みたい』って思わなかったら、コトちゃんは体を動かさなかったの。」と、コトハが続けた。

僕は、コトハが、何を言っているのか理解できず、しばらく「はあ~…?」と呆気にとられていた。

そして、「だから、何なの?

コトちゃんが、オレにコーヒーを作ってくれたことと、『オレとコトちゃんが一つ』っていうことと、何か関係があるっていうのか?」とコトハに尋ねた。

「何で?」と、コトハ。

相変わらず、落ち着いた、静かな口調だ。

「だから、言ったじゃん。オレとコトちゃんは、一つでなく、二つ。

何故なら、オレはコトちゃんの体を動かせないから…」と言っている途中で、僕は、言葉を詰まらせた。

自分で喋っているのに、自分に矛盾があると感じたからだ。

「『僕がコトハの体を動かせない』ことはない、ということを、コトハは、言いたい…?」

すると、コトハが、つぶやくように静かに真剣に言った。

「そうなの。お兄ちゃんがコーヒーを飲みたいと思ったから、コトちゃんの体が動いたの。

それが、現実なの。つまり、お兄ちゃんは、『思った通り』に、コトちゃんの体を動かしたっていうことなの。」

コトハは、落ち着いた様子で、僕の目をじっと見ている。

セミが、また鳴き始めた。

ミーン、ミー、ミー、ミー…。

 

 

つづく