コンテンツへスキップ

 

 

最近、依存症のご相談が続きました。

「依存をやめられないんです。」と。

アルコール、スイーツ、ギャンブル、恋愛、占い等。

 

特に、お金を無駄に使ってしまった後に、

「自分は何をやってるんだろう?」と虚無感に襲われる。

そして、後悔する。

 

 

だから、「次は、もうやらない!」って決心する。

んだけど、また、やってしまう。

 

 

それを繰り返してしまうと、

だんだん、自分が嫌(イヤ)になってきてしまう。

 

 

すると、

自分が好きになれない。

自分が嫌い。

自己嫌悪。

リストカット。

 

という風に、

 

とても、恐ろしい負のスパイラルにハマってしまいます。

 

 

だから、「たかが、依存症、されど、依存症」。

依存症は、自殺に追い込むくらいに、とても恐ろしい症状でもあります。

 

 

では、どうすれば、依存症を克服できるのでしょうか?

 

 

例外もあるので、

ハッキリとはいえないのですが、

 

 

依存症を克服するためには、

 

 

不安や恐怖を乗り越えて、

自分の信念を貫く。

 

 

という認知行動療法的アプローチが有効だと感じております。

 

 

また、依存する内容が、あなたの才能・使命に関わっている可能性も高いので、

依存してしまう内容をプラスの方から見つめてみることも大切だと思います。

 

 

 

皆様のお幸せを祈っております。