コンテンツへスキップ

浜松市の 不倫,浮気,恋愛 相談 心理カウンセリング コリトル(カウンセラー のぶさん) 

 

「やっと、暖かくなってきたなあ」と思ったら、

また、今日は雨で、少し寒いこちら浜松ですが、

そちらは、いかがでしょうか?

(^_^;)

 

前回、「なぜ、ヒトは不倫するのか?」

それは、たぶん「なぜ結婚するのか?」と同じ理由。

つまり、不倫する理由は愛ではないでしょうか?

などと書かせていただいたのですが、

 

 

嫌いな人とは不倫しない

 

 

 

 

やはり、嫌いな人と不倫することは、まずないみたいです。

 

もし不倫が、バレてしまったら、

家族や知人から軽蔑されます。

 

また、下手をすると、

裁判になってお金を失ったり、

職を失ったり、

配偶者や家族を失ったり、

しかねません。

 

なので、そんなリスクを冒してまで、

わざわざ、嫌いな人と不倫することは、ほぼないようです。

「パートナーへの復讐」が理由の時だけは、例外かもしれないのですが…。

(´・_・`)

 

 

シアワセに必要な「人が好き」

 

 

ところで、そもそも、「人を好きになる」って、悪いことなのでしょうか?

よく考えてみると、「人を好きになる」ことは、

「シアワセ」のための最も重要なファクター(要素)に、

なっているようです。

 

例えば、

韓流スターでも、

ジャニーズでも、

羽生結弦さんでも、

氷川きよしさんでも、

石原裕次郎さんでも、

(古い? (・_・;) )

 

誰でも良いのですが、

好きな人を目の前にし、

胸をときめかせ、

2つの黒い瞳をピンク色のハート型に変えて、

「キャー!キャー!」と黄色い歓声を上げながら、

「あ〜。ドキドキしちゃうぅ〜!」

「あ〜。嬉しくて、涙が出ちゃったぁ〜!」

と心の高揚を抑えきれずにいる、女子の姿は、

老いも若きも、(?)

本当に幸せそうですよね。

(^_^;)

 

 

「人が好き」はお酒やスイーツよりも

 

 

そんな、

「誰かを好き!」になることで得られる歓喜やシアワセは、

たぶん、

アルコール以上に心を酔わすし、

スイーツよりも甘い癒やしになるのだと思います。

 

つまり、「誰かを好き!」になることは、

呑み食いで得られる満足感とは、

次元の異なる幸福感をもたらすのだと思います。

 

 

リアルの彼氏彼女

 

 

また、リアルに、

「カレシできちゃったぁ〜!」

「カノジョできちゃったぁ〜!」

と、照れくさく、はにかみながら、微笑んでいる姿は、

男女に関係なく、やっぱり幸せそうですよね?

(^_^)

 

そんな「誰かが好き!」がもたらす、

ドキドキする胸のときめき・高揚感は、

人に最高の幸福感を与えてくれるのでしょうね。

しかし、一方で、

「人が好き!」が、不幸をもたらすこともあります。

その代表が不倫なのかもしれないと…。

(´・_・`)

 

 

不倫の結果はシアワセ?

 

 

実は、

「フツウ『誰かが好き!』は、

胸がときめくシアワセを人にもたらすのに、

なぜ、不倫の場合は、不幸をもたらすんだろう?

と、最近、考えさせられていました。

 

なぜかというと、

不倫の結果、シアワセになっていない。

だけでなく「心も体も家庭も壊れてしまった」という

現実を目のあたりにすることが、

続いてしまったからです。

 

 

行きはヨイヨイ、帰りはコワいぃ〜♪

 

それで、

「不倫はとても怖いものなのではないか?」

「とても恐ろしいものでは?」

と、思うようになってきました。

 

そして、なぜか、

動揺「とおりゃんせ。とおりゃんせぇ〜♪」の

「行きはヨイヨイ ♪ 帰りはコワいぃ ♪」みたいなイメージが、

不倫に対し、湧いてきました。
https://youtu.be/oBNhD3n3zpY ;

 

何の根拠もなく、ただ直感的になんですが…。

(^_^;)

 

「とおりゃんせ」のメロディーが、どことなく、

ホラーっぽく、おどろおどろしく、

童謡っぽくない違和感を感じさせる

歌詞と旋律だからだと思うのですが…。

 

 

不倫の中に隠れている魔物

 

 

それは、人の不幸をせせら笑う魔物が、

不倫に隠れているようなイメージです。

 

そして、その魔物は、プロレスラーとか、

(古い?)  (・_・;

相撲の力士のようにめちゃくちゃ力が強い。

 

つまり、その魔物は強い力で人を強引に動かすことができる。

けれど、表面的には、とても優しそうに微笑んでいる。

そんな厄介な魔物が不倫に潜んでいるようなイメージです。
 

 

とおっちゃダメ!

 

 

だから、動揺「とおりゃんせ。とおりゃんせぇ〜♪」は、

将来、子どもたちが、

不倫という強く恐ろしい魔物に近寄らないように、

「とおっちゃダメだよ!

とおっちゃったら太刀打ちできないよ!

だから、誘惑されても入っちゃダメだよ!」

という、警告の気持ちを込めて、

あえて、ホラーっぽい、おどろおどろしいメロディーにしたのではないかと…。

勝手にボクの妄想が暴走しちゃいました。

(´・_・`)

 

長くなっちゃったので、

また次回に続けますね。

 

よかったら、引き続きお付き合いください。

 

こんにちは

0次元カウンセラーのぶさんです!

いつも、お世話になり、ありがとうございます。

( はじめましてのかたは、こちら。 )    

 

寒いですねぇ~。

浜松も急に気温が下がって、冷たい雨が降っています。

(´・_・`)

 

東京では雪が降るとか、

北海道ではマイナス30度になるとかと、

聞いておりますが、そちらは、大丈夫でしょうか?

 

前回、

 

・娘は、ボクが自分を制限・抑圧して可愛そうに思えたから、

   「自立して、自分のやりたいことをやって!」と言いたくなった。

 

・そして、娘は自分の「安心・安全」を捨てて、

   嫌われるリスクも冒して「ふうせん欲しい!」と泣き叫んだ。

 

とボクは書いていますが、これはフツツじゃないですよね?

 

フツウは、

・娘は、単純に、風船が欲しかっただけ。

・子どもが親のことを考えて、「ふうせん欲しい!」なんて言わない。

ですよね?  

 

でも、実際、ボクは娘に譲歩して、風船を買うことで、

ケチが過ぎたことに気づき、

  「1,000円は高い!」から「1,000円は安い!」というお金持ちマインドに変わった。

 

だから、何かしら、子どもが決心してリスクを冒して、

  「フウセン欲しい!」みたいなことを言ったときは、  

親への愛情と信じて受け止めて、

子どもに譲歩してみていただけないでしょうか?

 

なぜなら子どもは、

『親に感謝されること』で『最高のシアワセ』を感じるから…。

 

など、とお伝えしたのですが、

今日は、ボクが、

こんな「フツウじゃない考えかた」をするようになった きっかけを、

お話ししたいと思います。  

 

 

赤ちゃんの心音が弱くなっている
 
 
 
     
 
 
それは、娘が生まれる時のことでした。
 
娘の出産は、大変な難産。
 
 
陣痛が始まって、もう10時間が過ぎたというのに、
 
赤ちゃん(娘)がお腹の中から出てきません。
 
 
それで、婦人科の先生が妻に帝王切開を勧めるのですが、
 
妻は「帝王切開は嫌だ!」と言って頑なに拒み続けます。
 
 
しかし、さすがに、母子共に体力的に限界に来ていました。
 
そして、赤ちゃんの心音(心臓の音)が弱くなり始めていました。
 
(´・_・`)
 
 
なので、婦人科の先生が、ボクに、
 
「赤ちゃんの心音が弱り始めているから、
 
帝王切開しないと赤ちゃんの命が危ない」
 
と伝えるために、ボクを手術室に呼び、
 
赤ちゃんの心音をボクに聞かせました。
 
 
「ドックン、ドックン、ドックン、、、」
 
 
 
       
わたし生きたい!  
 
 
その心臓の音を聞いた時、ボクは衝撃を受けました。
 
それは、ピストルで「バンッ!」と、
 
胸を打たれるような衝撃でした。
 
 
娘の声が、僕の胸に突き刺さりました。
 
「わたし生きたい!」 と…。
 
 
それは、声ならぬ声でした。      
 
 
 
 
  早く死にたかったボク    
 
 
それは、僕には信じられない言葉でした。
 
 
僕は、生きることに疲れていたのだと思います。
 
そして、潜在的に「早く死にたい」という気持ちを、
 
心の奥に抱えていたのだと思います。
 
 
だから、娘の「わたし生きたい!」という言葉は、
ボクには信じられない言葉でした。
 
 
「早く死にたい」という、ボクの常識とは、
 
まったく正反対の言葉だったからです。
 
 
そもそも、人間の中に「生きたい!」という情熱があるなんて、
 
ボクには信じられませんでした。
 
 
そんな衝撃を受けたボクは、
 
「これが、命(いのち)というものなのか?」
 
「これが、生命力というものなのか?」
 
と、 婦人科の先生の前で、自問自答していました。    
 
 
 
 
  わたし愛したい!      
 
 
さらに、それだけでは、ありませんでした。
 
 
「わたし生きたい!」という声と同時に聞こえてきたのが、
 
「わたし愛したい!」という声でした。
 
 
 
その声も、ボクに衝撃を与えました。
 
ボクの胸に突き刺さりました。
 
 
なぜなら「ワタシ生きたい!」と同じく、
 
ボクの常識と、全く正反対の声だったからです。
 
 
娘の声は、
 
「ワタシ【 愛されたい 】!」ではなく、
 
「ワタシ【 愛したい 】!」だったからです。
 
 
そんな経験がきっかけで、ボクは、少しずつ、
 
・子どもは、自分の身の危険を冒(おか)してでも親の自立を助けようとする。
 
・子どもは、親に感謝されることで、最高のシアワセを感じる。
 
という考え方を持つようになったのだと思います。
 
 
もちろん、娘の「わたし生きたい! わたし愛したい!」という声だけで、
 
ボクがそのような考えを持つようになったわけではありませんので、
 
次回、もう少し、続きを書いてみたいと思います。
 
 
いつも、長々、だらだらとすみません。
 
(^_^;)
 
もし、よかったら、次回も、お付き合いくださいね。  
 
 
 
今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!
 
あなたのお幸せを祈っております。

こんにちは

0次元カウンセラーのぶさんです!

いつも、お世話になり、ありがとうございます。

( はじめましてのかたは、こちら。 )    

 

今日も、暖かな、こちら浜松です。(^_^)

昨日は、春みたいな陽気のところも多かったみたいですが、

でも、まだまだ、2月も始まったばかりなので、

お身体を冷やさないようにお過ごしくださいませ。   

 

 

 

 

高級風船(?)を買ってよかった  

 

前回、娘が2歳の時にお祭りに行ったことを、

書かせていただきました。

 

それは、

娘が、プカプカと揺れるヘリウムガス入りの風船を欲しがって大泣きし、

ボクも泣く泣く(?) (・_・;

1,000円の高級風船を買うことなってしまった、

という話だったのですが、

 

今となっては、風船を買って、

「本当によったなぁ〜」と思っています。        

 

 

  買わなかったら娘に深い傷を負わせていた    

 

もし、例えば、ボクが

娘が泣こうが、わめこうが、

「駄目なものは駄目!」と叱って、

寝ながら泣いている娘を無理やり抱きかかえて、

その場から立ち去っていたとしたら、

娘の心に深い傷を残すことになったと思うからです。

(もしかしたら、1,000円で買ってくれると期待した

おじさんも傷つけたかも? (^_^;) )

 

 

私はお父さんを幸せにしてあげられなかった    

 

【 娘の心に傷を残す 】というのは、

 

「私はお父さんを幸せにしてあげられなかった」

「私はお父さんを助けてあげられなかった。」

「私はお父さんを幸せにできないし、その資格もない。」

「私は存在する価値がない。」

「私なんかいないほうが良い。」

「死んだほうがいい。」

 

という気持ちを、娘に刻み込んだであろうということです。

 

少し、大袈裟 ? (´・_・`)

かもしれませんが…。

 

少しだけだったとしても、

実際に、 娘の心に傷を残しただろうことは、

間違いないと思います。

 

なぜなら、 娘は、

リスクをとって、身の危険を冒して、

「お父さん、シアワセになって!」と、訴えたからです。        

 

 

インナーチャイルド  

これを、心理学的に言うと、

インナーチャイルドとか、

アダルトチルドレンとかと言うのですが、

 

子どもの時に受けた心の傷が癒やされないままだと、

大人になってからも、

友人関係、会社での人間関係、恋愛関係などで、

苦労することになります。

 

つまり、

人間関係で、必要以上に、

人間不信や疑心暗鬼を生じさせ、

生きづらくなってしまいます。        

 

 

3つ子の魂100まで       

 

日本でも「3つ子の魂100まで」 と昔から言われてきましたが、

やはり、幼い時の親子関係は、

その後の人生に大きな影響を与えます。

 

それは、幼い時の親子関係が、

人間関係の基礎・ベース・根幹・原型になるからです。      

 

 

潜在的に「私は価値がない」 という感情を抱えて      

 

例えば、先ほどの例のように、

子どもが、 リスクをとり、身の危険を冒して、

お父さんに「シアワセになって!」と訴えたのに、

それを否定され、心に傷を負ってしまったら、

 

「私は人を幸せにしてあげられなかった」

「私は人を助けてあげられなかった。」

「私は人を幸せにできないし、その資格もない。」

「私は存在する価値がない。」

「私なんかいないほうが良い。」

「死んだほうがいい。」

 

という感情を潜在的に抱えた状態で、

友人関係、会社での人間関係、恋愛関係を結ぶことになってしまいますので、

どうしても、信頼関係を築くのに苦労してしまいます…。

(´・_・`) また、

 

 

長くなっちゃったので、 次回以降に、

「なぜ、風船を買うことが、お父さんを幸せにすることなのか?」

「インナーチャイルドが癒やされるとはどういうことなのか?」

などを続けたいと思います。

 

もし、よかったら、

あたなが、お父さんやお母さんに対して、  

「風船買って!」みたいなことを言ったことがなかったかも、  

思い出してみてくださいね。

 

もし、「 早く、続きを読みたい 」と思ってくださいましたら、  

pdf 書籍も もらえる  

→  無料メルマガ に ご登録くださいませ!      

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

あなたのお幸せを祈っております。