コンテンツへスキップ

【1ヶ月前の今日】

 

僕は大学3年の時に軽音サークルを辞めた。

大学論文とアルバイト、就職活動が忙しくなったからだ。もちろん一番の理由は、ユリが短大を卒業し軽音サークルを辞めたからだった。

ユリは短大で、保育士と幼稚園教諭の資格をとり、自宅でピアノ教室を開いた。そして、「ピアノ教室の生徒がある程度集まるまで。」という条件で、保育園の手伝いをしたり、近所の「ロトール」というコーヒーショップでアルバイトをしたりしていた。

ユリのピアノ教室に通う子供たちは、初め少なかったが、ユリは子供たちに人気があり、いつの間にかピアノを教える傍ら、勉強も教える家庭教師になっていた。そして、家庭教師による副収入も増えていた。それほど高収入ではなかったが、ユリはとても充実しているようだった。自分の好きなことを、うまく仕事に結びつけていた。

僕は週末に、ユリがバイトをしている「ロトール」へ行って、定番のウィンナーペペロンチーノをよく食べた。ガーリックとペッパーの効いたピリ辛のペペロンチーノが、僕は大好きだった。そこにユリが辛口ウィンナーを、こっそり添えてくれた。つまりウィンナーペペロンチーノは、僕だけの特別なメニューだった。

その頃も、僕はジョンレノンの曲を好み、ユリはバッハの「人の望みよ。喜びを。」をよく弾いていた。「ロトール」の店内には、ピアノが1台置いてあり、お店が暇な時にはユリがバッハの曲を弾いた。たまに、僕もギターを持参し、ジョンレノンの歌をユリと一緒に弾き語った。お客さんたちも、僕たちの演奏をとても喜んだ。

ユリのいるコーヒーショップ。

ユリが作ってくれるウィンナーペペロンチーノ。

ユリの演奏。

僕の演奏。

そして、お客さんからの拍手。

僕は、その時間を最高に愉しんだ。僕にとって、それ以上の贅沢はないと言うくらいに、最高に幸せな時間だった。

そして、その頃には、「いつ結婚式を挙げようか?」ということをユリと二人でよく話し合っていた。

高校一年の冬、僕たちがバレンタインデイに行った模擬結婚式ではなく本番の結婚式の話を…。僕たちは、高校一年の時の誓いをずっと守っていた。僕は「自分の中の汚れし男」から、ずっとユリを護り続けていた。

僕は大学を卒業しIT企業に勤めた。しかし、僕はパソコンが苦手で、頭痛、肩こり…と、だんだん、体調を崩し始めた。

そして、体の疲れがとれない。仕事もうまくいかない。ミスばかりして、いつも上司に叱られる。という状態が続いた。

結局、僕は就職して一年ちょっとで会社を辞めてしまい、その頃からユリを遠ざけるようになってしまった。

僕は、仕事ができない自分を恥じた。

ユリは「何かあったら私がバイトするから大丈夫よ。」と言ってくれたが、僕のプライドはそれを許さなかった。

「マイホームを建てられないようじゃダメだ。

一年に一度くらい海外旅行に行けないようじゃダメだ。

中古の軽自動車しか持てないようじゃダメだ。

妻の給料に頼るようじゃダメだ。

本当にオレはダメな男だ。」と、思うようになっていた。

同時に、その頃、僕は独占欲や嫉妬心をユリに感じ始めていた。ユリが、男性客と親しげに話しているのが耐えられなかった。ユリは「普通に仕事して普通に接客しているだけよ。」と言ったが、僕はユリの言葉が信じられなかった。

「ユリは、あのお客さんが好きなんじゃないか?僕に内緒で付き合っているんじゃないか?」と、僕はユリを疑うようになっていた。

さらに、僕はユリに執拗に干渉し始めた。「何で、そんな派手な化粧をするんだ?そのピアスは誰からもらったんだ?その新しい靴は誰からもらった?昨日の12時頃、どこに行っていたんだ?」という風に。

僕はそんな自分が嫌になっていた。

しかし、その独占欲のような嫉妬心のような、ユリの幸せを願わない感情を、僕はコントロールできなかった。

とうとうユリも我慢できず、「ノリくん。いい加減にして。そんなに私が信用できない?」と言うようになった。

当時の僕は、ユリを信用できなくなっていた。

「こんな、ダメな僕をユリが愛してくれるはずがない。」と、僕は確信していた。

何より、僕自身がダメな自分に直面したくなかった。ユリの前で惨めな思いをするのがとても怖かった。

そして、僕は、ユリに別れを告げた。

ほぼ一方的に…。

それが、ちょうど一ヶ月前の今日、6月7日だ。

 

 

つづく

 

 

【処刑された人の歌】

「お兄ちゃんの好きな、ジョンレノンもそうよね。ジョンレノンは、なぜ、殺されなきゃならなかったの?」

「確かに…。もしジョンが今もこの世に生きてくれていたら、世界はもっと平和になっていただろうに。本当に残念な人を世界は失ってしまった。」と僕は想像し、ジョンの死を悼んだ。

コトハは静かに続ける。

「そういう意味では、ユリさんにも、共通点があるの。」

「ユリちゃんにも共通点?」

「そうよ。ユリさん、バッハが好きよね?」

「おお。『人の望みよ。喜びよ。』とかよく弾いてたな。 それと『マタイ受難曲が好きだ』って言ってた。オレも聴いたけどオレには、いまいちだったなぁ。何だかお葬式みたいで暗い曲が多くて。」と僕が言うと、「お兄ちゃんは、何も知らないのね…。」と言いたげな口調で、コトハが返してきた。

「そりゃそうでしょ。殺された人の歌なんだから。」

「えっ!? 殺された人の歌?」

僕は少し驚きながら、コトハに聞き返した。

「そうよ。別に、無理に知らなくてもいいけど。バッハの曲は、ほとんど張り付けにされて処刑された人の曲よ。」

「張り付けにされて、処刑された人?」

コトハの言葉に、さらに僕の意識が向かう。

「そう。イエスキリストっていう名前の。その人は手と足を釘で打ち付けられ、頭にトゲの冠をかぶせられ、胸に槍やりを刺され、十字架に張り付けにされた。見せしめのため極刑よ。それが、イエスキリスト。」

「そんなひどい殺され方をしたのか?だから、明るい歌になるわけないんだな。」と、僕は、少し、神妙に応じた。

「そのイエスキリストも愛と幸せを唱えた人よ。愛と幸せを唱えた人は殺される。ガンジーやマルチンルーサーキングも、愛と幸せを唱えて暗殺された。それくらい愛や幸せを選択して生きるって言うことは、危険を伴うことなの。

だから、お兄ちゃんが、不幸を選択したとしても仕方がない。」

僕は心を静かにして、イエスキリスト、ガンジー、マルチンルーサーキングを悼んだ。

「でも、それにしてもコトちゃんの言ってることは、大げさな感じがするんだけど。」と僕が小声で言うと、

「そうよ。ちょっと大げさに言ってみた。お兄ちゃんをかばうために。愛と幸せを選択することが簡単じゃないって、お兄ちゃんに分かってもらえればそれでいいの。そのために、ちょっと大袈裟に言っちゃった。」と言って、僕をからかうように微笑んだ。

僕の顔にも、少し、笑顔が戻った。

セミたちも、一緒に、笑ってくれた。

ミミミミミミミミ。

 

 

つづく