コンテンツへスキップ

 

こんにちは 

0次元カウンセラーのぶさんです!  

( はじめましてのかたは、こちら。 )

 

みんなシアワセを望んでいるはず 

 

なのに   

なぜ   

 

みんなシアワセになれないんだろう

なんていうことを、

僕は、ずーっと考えていました。 

そんな、変な人が僕です。

変なおじさんって言われるくらいなら、

良いのですが、

変人と呼ばれたり

変態って呼ばれると

さすがにちょっと…。 

 

 

話がそれてしまって

すみません。

 

何の話かと言うと、

シアワセになりたいと思っているのに、

 

シアワセになれない。

なぜだろう    

 

という問いに対する一つの答えが、

シアワセになりたいと  

思っていないから。  

 

だったりします。

 

 

例えば、

もしも、自分が、

明るく、元気ハツラツ! 

だったら…。

どうでしょうか?

 

 

人目が気になってしまう? 

偉そうに見られるんじゃないか? 

嫉妬されるんじゃないか? 

イジメられるんじゃないか? 

余計な仕事を頼まれるんじゃないか? 

 

 

などなど…。

 

 

シアワセのマイナスの側面や、

シアワセのデメリットを、

 

反射神経的に、

無意識に、

 

察知して、

心の底で、

シアワセを拒んでいたりします。

 

 

そして、それが、シアワセになれない理由だったりします。 

 

幸せの方程式(22)

【+-ゼロ=無=光 ② 不幸を食べる】

 

 

シャンカールの優しさを感じた僕は、徐々に落ち着きを取り戻した。

「でも、僕はどうすれば…。」僕はうつむいたまま、独り言をこぼした。

「不幸を呑み込んでしまいなさい。不幸が無くなるまで不幸を食べてしまいなさい。そうすれば、不幸が無くなる。」

と、シャンカールが静かに答える。

「えっ? 不幸を食べてしまう…?不幸を食べれば不幸が無くなる…? はぁ…?」

僕は、顔を上げ、冗談みたいなことを真顔で言っているシャンカールの顔をじっと見た。

シャンカールは表情を変えることなく、机の上に用意されていた、シナモンの香りがするインドのミルクティー「チャイ」を、ティーポットからカップへと静かにゆっくりポトポト注いだ。

「ユウは、このチャイを無くすことができるね。」

シャンカールはそう言いながら、黒くて太い人差し指、中指、親指で、カップが乗っているソーサーを掴み、音を立てないようにそーっと僕の胸の前に置いた。

僕は、「チャイを無くす?」とシャンカールの意味不明な言葉に疑問を感じながらも、両手のひらを胸の前で合わせ「いただきます」と囁(ささや)くように言い、オレンジ色がかった乳白色のチャイを飲んだ。

チャイは冷め、ほぼ常温になっていたが、このうだるような暑さでは冷めているくらいがちょうど良かった。

シナモンのほど良い香りが僕の気持ちをさらに落ち着かせ、カルダモン、ジンジャーなどのスパイスが、僕のカラダを芯から温めた。

外は暑いのに、僕のカラダの芯は意外に冷たかった。

「できたじゃないか?

ユウは、チャイを無くすことができた。

だから、ユウは不幸を呑み込み、不幸を無くすことができる。

不幸な思考、不幸な感情、不幸な運命…。不幸というものを全て呑み込める。

そうすれば、不幸が無くなる。

そうすればユウは、ワクワクするようになる。

ワクワクしているとそのワクワクと現実とが共鳴・共振し、ユウはシンクロ二シティと呼ばれる奇蹟を体験する。

それこそ、ユウが『手に入れたい』と言っていた本当の幸せだ。

つまり、本当の幸せとは、無から生じたワクワクとシンクロニシティを体験するところにある。

そして、その幸せとは、無から生じた無条件、無償、無限の幸せとなる。」

「無から生じた、無条件、無償、無限の幸せ…?」

僕は、ダジャレみたいなシャンカールの言葉を「冗談で言ってるんじゃないですよね?」と確認するように繰り返した。

「そうだ。表現を変えれば、無条件、無償、無限の『愛』がユウの中から生まれる、とも言える。

しかし、『不幸はまずい。』『不幸は苦い。』『不幸は美味しくない。』などと言って、不幸を食べないでいると、いつまでたっても本当の幸せは手に入らない。

幸せになりたいなら、不幸を避けたり、不幸から逃げたり、不幸に蓋(ふた)をしたりしてはいけない。

不幸という海の中にドボーンと飛び込み、どっぷり不幸に浸(つ)かってしまうのだよ。

そうすればいつか不幸はなくなる。もしかしたら、その期間は、数日、数ヶ月、数年、数十年になるかもしれない。

それでも、途中で、不幸を吐き出してはならない。まずくても、苦(にが)くても、辛(から)くても不幸を噛んで噛んで噛み尽くして味わい尽くすんだ。本当の幸せを手に入れられるかどうかは、不幸を味わい尽くし、不幸を吞みこんで無くしてしまえるかどうかにかかっている。」

シャンカールは、少し、間を空け、

「やるかやらないかは、ユウが決めることだ。

誰もユウを助けられない。

誰もユウに干渉できない。

ユウは完全に自由だ。

しかし同時に全責任を背負わなければならない。」

と続けた。

 

つづく

 


 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理心理カウンセリング 体験セッションのご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

続・幸せの方程式(20)

【潜在意識 ⑩ 心の中に突っかかっている】

 

 

「確かに彼は不幸な人生を選んだのかもしれないですが…。」

僕が、自信なさげに答えるのとは対照的に、シャンカールは、少し語気を強めた。

「ユウは、客観的に他人を見る時であれば、冷静に判断できる。

だから、『彼が自分から不幸を選択した。』ということは、ユウもある程度理解できるはずだ。

しかし、いざ、ユウ自身が不幸を体験しているとなると、『ユウ自身が自分から不幸を選択した』と冷静に考えられなくなる。

つまり、自分を客観的に見るということは、意外にもかなり難しいことなのだよ。

だからこそ、ユウはミーに会いに来たんだろう?

『自分では、どうにもならないが、ミーという客観的な人間に会うことで、自分を客観的に見られるようになる。』ということをユウの潜在意識は知っている。

だから、ユウはわざわざ、こんな遠いところまで飛行機に乗って来たのではないのかね?

つまり、ユウがここに来たことも、医者だった彼が不幸を選択したことも、『潜在意識に従った』という点では共通している。

彼も、ユウも、『潜在意識』に従って自分で選択し行動しているのだよ。

話を元に戻すが、

医者だった彼は、『将来の幸せのために、しばらくの不幸を自分から選んだ』ということは、もう分かったね?」

「確かに彼は『将来の幸せのために、しばらくの不幸を自分から選んだ。』ような気がします…。」

「そうだ。そして、ユウも同じだ。

もし、将来の幸せのために、しばらくの不幸を経験しなければならないのだとしたら、ユウはしばらくの不幸を選択する。

将来の幸せのためならば、苦しかろうが辛かろうが、しばらくの不幸を選択するのがユウだろ?」

「僕は『将来の幸せのためなら、苦しく辛い不幸を自分から選択する』人間だと?」

「そうだ。実際、不幸を味わったユウと不幸を味わわなかったユウでは、どんな違いが生じると思うかね?

不幸を味わったユウは、不幸を味わなかったユウより、人の気持ちが分かるようになったり、人を思いやれるようになったり、小さな幸せに大きく感謝できるようになったりするんじゃないのかね?

『ユウの苦しく辛い不幸な経験は、ただマイナスでネガティヴなだけの経験なのか?

それとも、その不幸な体験の中には、プラスでポジティブな側面が少なくとも一つはあるのか?』ということだよ。」

「それでも…。」

僕は、シャンカールの話に同意することを渋った。

心のどこかで、シャンカールの話にうなずけないでいる。

何かが、僕の心の中に突っかかっている。

 

 

 

つづく

 

 


 

 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理心理カウンセリング 体験セッションのご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」