コンテンツへスキップ

続・幸せの方程式 (14)

【 潜在意識④ あちらの世界 】

 

僕が正気に戻るのを待ち、シャンカールは低く落ち着いた声で、話を再開した。もう、シャンカールの表情に、ニヤニヤはない。

「しかしねえ、彼女も孤独なのだよ。」

「えっ?」と言って、顔を持ち上げた僕はアンミツが行った先を目で追った。

もう、彼女が通り過ぎて、3分以上が経過している。それなのに、彼女はまだ公園の中をウロウロ歩いている。

しかも、よく見ると、やけにやせ細っている。

「前から見た彼女と、後ろから見た彼女がこんなに違うのだろうか?」

彼女は向こうのベンチに行って、例の写真雑誌「マンデー」をベンチの上に置き、また、こちらに向かって歩いて来ている。

しかし、先ほどのアンミツとは違い、歩く力が弱々しい。

「彼女は、何をやっているんですか?」

「仕事だ。

ユウは、彼女に気付いて、写真雑誌を元に戻そうとしたが、あの雑誌を欲しがる男もいるんだよ。

そういう男からお金をもらって、毎日、毎日、彼女は稼いでいる。

来る日も、来る日も。

 

実は、彼女は、こちらの世界に来る前に『孤独』を選んでしまったのだよ。

彼女のご主人は、某ベンチャー会社の社長。

美しい彼女は、ご主人から愛されていた。

しかし、或る日、突然ベンチャー会社が倒産。

ご主人はタクシードライバーとして、最低限の生計を立てた。

ところが、彼女は、その最低限の生活に満足できなかった。

ご主人は、精一杯頑張っていたというのに…。

彼女は、そのうち、40歳も年上の大金持ちの男性と付き合い始め、ご主人とは離婚。

大金持ちとの短い結婚生活の後、莫大な遺産を相続し、ゆとりのある生活を送った。

彼女にとって、それは、玉の輿に乗ることに成功した幸せな(?)人生だった。

しかし、彼女の人生は、お金との結婚そのものだった。

もし、彼女がご主人と苦労を分かち合っていたなら、こちらの世界に来ても、ご主人と仲良く、笑いながら暮らすことができたのだが、彼女にとって、セレブな生活を失い、他人から蔑(さげす)まれることは、何よりも恐ろしいことだった。

その結果が、あれだ。彼女は、あちらの世界では裕福で幸せそうだったが、こちらの世界では、こうだ。

彼女は、これからも、孤独に働き続ける。」

「でも、女性って、男性に経済力を求めるし、経済力が結婚の第一条件になるのは、普通なんじゃないんですか?」

僕は、尋ねた。

「確かにそうだ。お金が無くなることに、とてつもない恐怖を感じるのが人間というものだ。

だから、経済力のある男性を求める。

それが悪いことだとは言わない。

しかし、愛情よりお金を優先してしまうと…。」

と言い、シャンカールは視線を遠くに移した。

 

また、別の人物が公園の中に入って来る。

「お酒を呑んで酔っ払っているのだろうか?」

太陽に照らし出された黒い影法師(かげぼうし)のようなその人物は、今にもバランスを崩しそうになりながら、右へ、左へ、前へ、後ろへ、ヨロヨロよろめきながら、ひざを90度近くまで曲げて千鳥足で歩いている。

 

 

つづく

 


 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

続・幸せの方程式(13)

【 潜在意識 ③ こちらの世界】

 

 

アンミツが過ぎ去ると、僕の金縛りは解けた。

 

「何だったんだ?今のは?」

 

僕は、「フーッ」と大きく深呼吸した。

 

そして、薄っぺらな写真雑誌『マンデー』を急いで閉じ、汚いものを「しっしっ」と追い払うかのように、元あったベンチの右側へとをポーンと投げた。

 

ティーシャツと半ズボン、赤いサンダル、全裸ではない、表紙のアンミツを見るのも恐ろしくなり、できるだけ目を背け、できるだけ遠くに…。

 

僕の喉は、空(から)っ空に渇いている。

 

「あー。水が飲みたい。」と僕は思った。

 

すると、ミネラルウォーターと氷が、7対3くらいの割合で入った中ジョッキサイズのグラスが、僕の右手の中に突如現れた。

 

僕は、ラクダが砂漠の中をさまよい歩き1ヶ月ぶりに緑の生い茂るオアシスにたどり着いた時、頭を丸ごと水の中に「ドボッ」と沈め、自分の鼻と口の両方から、喉とお腹に目一杯水を流し込むように、グラスの中に入った水を一気に飲み干し、

 

丸いアーモンドチョコレートサイズの氷を口の中に入れ、その氷を左側の奥歯でガリガリ噛み砕き、慌てるように「ゴクリッ」と飲み込んだ。

 

すると、一層、頭や額から汗が吹き出してきた。

 

頭や額の表面に浮き出てきた汗の雫(しずく)たちは、眉毛に沿って中心から外側へと流れ落ち、口と頬の間のほうれい線の谷間の流れを下った後、北海道の襟裳岬のように三角形に尖(とが)った下顎(したあご)から、「ポタッ。ポタッ。」と、台風並みの大雨が降った時の雨漏りのように地面に落ちて行く。

 

僕は、その汗を拭きたくなった。

 

すると、僕の左手の中に、突如黄色いヒヨコ絵柄のタオルハンカチが現れた。

 

「何だ?この世界は?」

 

僕は、「ヒヨコ絵柄のハンカチなんて、幼い女の子向けだから恥ずかしくて使えないよ。」と一瞬思ったけれど、

「背に腹は変えられない。」と思い直し、さらに吹き出てくる汗を、ヒヨコ絵柄のタオルハンカチでゴシゴシぬぐった。

 

「僕は、何をやっているんだ?

 

いつの間に水の入ったグラスが?

 

いつの間にヒヨコ絵柄のハンカチが?」

 

ふと、アンミツが発した言葉が思い出される。

 

『こちらの世界では…。』

 

「そう言えば、確かにアンミツは、そう言っていた。

 

『こちらの世界では何も隠せないのよ。純朴なお兄さん。フフッ。』と。

 

僕は、こちらの世界に来てしまったのだろうか?」

 

僕は、慌わてて、こちらの世界に来る前のことを思い出した。

 

そして、シャンカールの言葉を思い出した。

 

「ユウは潜在意識が分からない。

 

だから、ユウは、『自分で作った夢を自分で見ているという事実』が理解できないし、

 

『自分で作った現実を自分で見ているという真実』も理解できないのだよ。」

 

「確か、こちらの世界に来る前、シャンカールが、そんなことを言っていた。

 

ところで、そのシャンカールは何処へ行ったんだ?」

 

と思ったら、僕の左側50センチのところにシャンカールが突如現れた。

 

僕はビックリし、シャンカールと反対方向に体を仰(の)け反らせた。

 

「こちらの世界には、時間と空間がないのだよ。」

 

驚いている僕とは対照的に、シャンカールはニヤニヤ、悠然と笑っている。

 

「ドッキリを仕掛けられた時ってこんな感じなのかな。」と、少し正気を取り戻した僕は、意外と冷静に、心の中でそう思った。

 

「さっきは、恥ずかしかったかね?」とシャンカールに言われ、僕は恥ずかしくなり、また、うつむいた。

 

「いいじゃないか。女性に魅力を感じることは、自然なことだ。恥ずかしいことではない。美しい花よりも、女性は美しいのだから。

 

その証拠に、美しい花を背景にして、女性の写真を撮ることはあるが、

 

美しい女性を背景にして、花の写真を撮るようなことは、ないじゃないか。

 

そうだろう?」と、

 

僕には理解できない、フォローのようなフォローでないようなセリフをシャンカールは、淡々と口にする。

 

僕は、もう一度、ヒヨコ絵柄のタオルハンカチで顔の汗をゴシゴシぬぐった。

 

 

 

つづく

 

 


 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

続・幸せの方程式(1)

 

 

【 プロローグ ① 初めての修学旅行 】

 

はじめに、質問です。

 

あなたは小学校の時、修学旅行でどこに行きましたか?

 

もしかして、東京ディズニーランドでしょうか?

 

ちなみに、僕の修学旅行はヒロシマでした。

 

平和記念公園の原爆ドーム。

 

原爆資料館に入り、

 

被爆して傷だらけになった人たちの人形や、

 

原爆投下後、廃墟と化した街の写真、

 

全身に火傷を負い、病院で手当てを受ける人たちのフィルム映像など…。

 

僕たちは、修学旅行で、戦争の悲惨さや恐ろしさを学びました。

 

 

 

そして、お土産はもちろん、

 

「もみじまんじゅう!」

 

と言っても、ピンと来ないかも知れないのですが、

 

当時は、「もみじまんじゅう!」がとっても流行っていました。

 

「がばい婆ちゃん」で有名な島田洋七さんのギャグです。

 

ご存知ないかもしれないですね。(笑)

 

 

 

そして、修学旅行に欠かせないものと言えば?

 

やっぱり、記念(集合)写真ですよね。

 

そこで、もう一つだけ質問です。

 

 

 

あなたは、記念写真を撮影する時、どんな掛け声を掛けましたか?

 

「ハイ!チーズ!」「カシャッ!」でしょうか?

 

「ハイ!ポーズ!」「カシャッ!」でしょうか?

 

僕たちは、「1足す1は?」「に~!」と言って、記念写真を撮っていました。

 

ピースサインをしたり、ヘンな顔をしたりして…。

 

 

 

ところで、実は、ここからが本題なんですが、

 

「1+1は、に〜!」って言うのは、僕にとっても、あなたにとっても、あなたの隣の人にとっても当てはまる公式です。

 

例えば、右腕と左腕があれば、腕は2本。

 

右目と左目があれば、目は2つ。

 

つまり、「1+1は、に〜!」は、僕にも当てはまり、あなたにも当てはまり、そして、全世界の誰にでも当てはまる共通の方程式(公式)です。

 

 

 

最後に、

 

もしかして、なんですが…。

 

全世界の誰にでも当てはまるような、「幸せの方程式」があるとしたら、世界はどうなると思いますか?

 

つまり、「全世界の誰もが、この方程式を使えば幸せになれる。」という公式があるとしたら、世界はどうなると思われますか?

 

僕は、ヒロシマの平和記念公園で原爆ドームを見た時から、

 

「幸せの方程式」を見つける人生を生き始めていました。

 

 

 

つづく

 

 

 

 


 

0次元心理カウンセリング

 

心理カウンセリング無料体験のご案内

 

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

 

短編「幸せの方程式」

 

 

【声がちがう】

「僕に、愛があった…。僕に、価値があった…。

コトハの言う通りなのかもしれない…。」

僕の体からは、全てのチカラが抜けていた。

「そろそろ準備してロトールに行かなきゃ。」

そう思いながらも、僕の頭は空っぽになっている。放心状態になっている。体もフラフラしている。

僕はノソノソと浴室に入り、コーヒーのついたティーシャツと半ズボンを脱ぎシャワーを浴びた。

しかし、立っているのも辛く、ただ体育座りになって膝を抱えて座り、冷水のシャワーを頭から浴びた。

僕はしゃがみこんだまま、頭から冷水を浴び続けた。

「過去のことは、もう、ぜんぶ、終わってしまった。」

そんな不思議な感覚に陥っていた。

頭の中も心の中も、空っぽになっている。

何も考えられない。

心に湧いてくるものもない。

僕は真空状態になっている。

アイスコーヒーのようにキンキンに体が冷えたところで、僕は浴室から僕の体を出し、僕の体に、新しいティーシャツと新しいズボンをはかせて、僕はフラフラ家を出た。

やはりまだ、体からチカラが抜けたままだ。

ロトールまでは、バスで行けば5分で着く。でも、歩いて行きたくなった。

ただあてもなく、歩きたい気分だった。もし道を間違えてロトールに着かなくても、別に構わない。そう思いながら僕はゆっくり歩いた。

月がきれいだ。

風が心地いい。

遠くでカエルがゲロゲロ楽しそうに鳴いている。

風鈴の音も涼しさを演出してくれている。

一番星が見える。

七夕の笹の木に短冊が飾ってあった。

その中の一枚を、手の平でそっとすくって読んだ。

「世界中に愛が満ち溢れますように。」

すべてが気持ちいい。

世界はこんなにも愛であふれていたのか?

何で気づかなかったのだろう?

何で愛があふれていることを感じられなかったのだろうか?

フラフラと千鳥足で歩きながら漂流していたら、たまたまロトールというコーヒーショップに辿り着いたかのようにして、僕はロトールの入り口の前に立った。

懐かしい。

扉を開けると、いつもユリが「いらっしゃいませ!」と言ってくれた。

ユリの声が聴こえただけで、僕は胸のときめきを感じた。

そんな過去を思い出しながら、僕は店の扉を開けた。

「いらっしゃいませ!」

コトハの声だ。コトハは、本当にバイトを始めていたんだ。引きこもっていたコトハがバイトをしているという信じがたい光景を、僕は自分の目で見て確認した。

「お兄ちゃん、遅かったじゃない!来ないんじゃないかって、心配してたのよ。奥の席、空いてるからどうぞ。」と、コトハが元気な声で、僕を迎え入れた。

「このコトハが、昨日まで、(家では)引きこもっていたなんて…。」と思いながら、僕は奥の席へと向かった。

マスターが通りすがりに声をかけてくる。「コトちゃんには世話になってるよ。明るくて、お客様にも好評だよ。ありがとな。」

僕は、席に座った。信じにくい不思議な光景を見た僕は、現実を疑いたくなった。ほっぺたをつまんでみた。しかしやはり、それは現実だった。

程なく食事が運ばれてきた。

「お待たせいたしました。」

僕は、「注文してないんだけど…。」

「あー。今日は、コトハのおごりだった。」

と、自分の心の中で、一人二役の会話をした。

目の前に運ばれてきた料理は、僕の大好物「ウィンナーペペロンチーノ」だ!

「ガーリックとペッパーの効いたペペロンチーノ。さらに、辛口のウィンナーを、ユリが僕のためだけに特別にのせてくれた。ビールを飲みながら食べると、夏の暑さも仕事の疲れも吹き飛んだんだよな。

でも今日はユリちゃんがいないから、その効果は半分以下か…。」と一人でブツブツ考えていた時、

ウィンナーペペロンチーノを運んできた女性の声が、コトハの声と少し違う気がした。

僕は顔を上げた。

「ユリちゃ…?!」

僕の心臓が、また、止まった。

 

 

つづく

 

 

【1円玉より小さい何か】

「罪悪感があるからよ。」と、コトハは言った。

僕はまた、いつの間にか、目の前にコトハがいることを忘れていた。そして、そのコトハの言葉に、僕は心の内を見透かされているような気がして大きく動揺した。

胸の呼吸か心臓の鼓動かは分からないが、胸の奥が、やたらドキドキしている。ただ僕は無言のまま、コトハの目を見つめている。

コトハは静かに続けた。

「お兄ちゃん。コトちゃんの言ってること、頭では分かるのよね。でも感情が付いて来ないんでしょ。実際、『みーんな一つ』っていうことは、お兄ちゃんが言った通り、『当たり前で普通のこと。』それが現実なの。

この世の中も、この世界も、調和していて平和で愛に満ちて一つになっている。そして、とても暖かい。それが現実なの。

でも、お兄ちゃんは、その当たり前で普通のことを受け容れられない。だからお兄ちゃんは、頭と心がバラバラになっているみたいで混乱している。お兄ちゃんの感情は、調和していることを受け容れられない。お兄ちゃんの感情は、世界が愛で満たされているという現実を拒否したがっている。そのお兄ちゃんの感情が…。」

と、少し間を空けてから続けた。

「それが、まさに、『罪悪感』なの。」

僕の胸は、まだドキドキしている。

「何で、コトハは、僕の心の内が分かるのだろうか?」と、僕は心の中でつぶやいている。

コトハは、声のトーンを急に上げた。

「じゃあ、コトちゃん基礎講義もそろそろ最後ね!お兄ちゃんの頭も、だ~いぶ、柔らか~くなってきたみたいだしねえ。お兄ちゃん、もう一回、頭を柔らか~くして、考えてよ~。まずは、これ受け取って!

はい!」

と、コトハは、僕の気持ちは意に介さないという調子で明るく言い、1円玉よりも小さい何かを、僕に投げた。

僕は、その小さくて軽い何かを、両手ですくうようにして受け取った。

両手の中には、「ヒマワリの種?」が一粒入っていた。

「じゃあ、問題ね!そのヒマワリの種と宇宙、どっちが大きいでしょうか?」

「そりゃあ、宇宙のほうが大きいだろ?」と、僕は、力なく答える。

「ピンポーン!せいかーい!」というコトハの明るい声は、僕の力の無い声とは対照的だ。

「確かに今はそうね。じゃあ、昔は?

そのヒマワリの種と宇宙、どっちが大きいでしょうか?」

「えっ昔? 昔も、宇宙より、ヒマワリのタネが小さいに決まってんだろ?」と僕は、心の中で思ったが、その解答を口に出すのをやめた。

たぶん、コトハは、昔はヒマワリの種のほうが宇宙より大きかったと言わせたいのだろう。でも僕には、ヒマワリの種のほうが宇宙より大きいとは言えそうに無い。僕がそう心の中で思っていると、コトハが声を出した。僕は、何も答えていないのに。

「お兄ちゃん、だ~いぶ頭が柔らかくなってきたみたいね~。

そうなの! 宇宙は昔、ヒマワリの種より小さかったの。」

セミたちは、まだ静かにしている。

 

 

つづく