コンテンツへスキップ

こんにちは。

0次元カウンセラーのぶさんです!

いつも、お世話になり、ありがとうございます。

 

前回までに、

・「自立」できないと悩んでしまう。

・ でも「自立」は難しい。

・自立が難しい理由は、
「安心・安全」を手放さないといけないから。

・例えば、お父さんとお母さんが「お寿司大好き」なら    
「私もお寿司大好き!」と言うほうが「安心・安全」。

・特に「親を悲しませたくない、親の怒った顔を見たくない」  
 という親への愛情が「自立」をさらに難しくさせる。

・また、子どもが「お寿司キライ!」と言って自立することは、  
 親の言うことを聞かないワガママな子になることではなく、  
 親の自立を助けてあげようとしていること。

・つまり、子どもは、親が自立しシアワセになってもらいたくて  
 「お寿司キライ!」と言う。

 

などと書かせていただいたのですが、

少し、話が飛躍していたと思いますので、

もう少し丁寧に、書いてみますね。          

 

 

子どもの気持ち = オトナの気持ち  

 

もし、お子様をお持ちでしたら、

よく分かるかと思うのですが、

 

子どもが、

親を怒らせないために・親を悲しませないために、

自分の好きなこと・やりたいことを、

我慢して・制限して

「○○でなきゃいけない・○○であるべき」

ということばかりやっていたら、

やっぱり、ちょっと哀しいですよね。 (´・_・`)        

 

 

子どもが、親を見て想うこと    

たぶん、それは、

子どもも同じなんだと思います。

 

つまり、

自分の親が 「○○でなきゃいけない・○○であるべき」

と自分に言い聞かせ、

自分の好きなこと・やりたいことを、

我慢したり、制限したりしていたら、

子どもは哀しい。  

 

そして、そんな親を見ていると、できれば

「好きなことをやってもらいたいなあ」

「自立して自分のやりたいことをやってもらいたいなあ」

と、子ども心に、

そう想うようになるのだと思います。  

 

 

親の言うことを聞きたくないからでも

親に反抗したいからでもなくて      

 

親にも「自由に楽しんでもらいたいなあ」 と思うと、

子どもは、 自分の「安心・安全」を捨て、

身に起こる危険を顧みることもなく、

「私はお寿司キライ!」みたいなことを言って、

親から自立しようとします。

 

それは、

親の言うことを聞きたくないからでも、

親に反抗したいからでもありません。  

 

 

 

 子どもが親から自立する時

子どもはリスクをとっている  

 

親に嫌われるリスク、

家に入れてもらえなくなるリスク、

木に縛り付けられたりするリスク、

をとって、勇気を出して、

「私はお寿司キライ!」みたいなことを言って、

親から自立しようとします。

 

なぜなら、

自分の身の危険を冒(おか)してでも

親の自立を助け、

親に幸せになってもらいたいから…。

(´・_・`)      

 

 

  ボクの娘の自立      

 

例えば、僕の場合だと、

こんなことがありました。

 

娘が2歳くらいになった頃、

娘と一緒にお祭りに行きました。

 

娘はそれまで、

あまりお祭りに、 行った事がなかったので、

珍しいものがたくさんあって、

楽しかったのだと思います。      

 

 

ヘリウムガス入りの風船      

 

そして、その中でも、

娘の目を惹(ひ)いたものが、

地面と糸で結ばれ、プカプカと宙に浮かぶ物体。

 

キラキラ光る銀色の袋に、

仮面ライダーのイラストが描いてある、

(○○レンジャーだったかな?  (^_^;) )

ヘリウムガス入りの風船でした。

 

子どもがその風船を欲しがるので、

ボクが、おじさんに

「これいくらですか?」って聞いたら、

おじさんが「1,000円!」って、言うんです。

 

ボクは、

「えぇ? これで1,000円? 高すぎるぅ〜

って思ったので、

娘に「高いからやめとこうね」と言って、

手を引いて別のところに行こうとしたら、

娘が、泣きだしてしまいました。

 

しかも、地面に寝っ転がって、

のた打ち回りながら、

大声で…。 (^_^;)

 

それで、ボクも、根負けして、

おじさんに笑われながら、

ヘリウムガス入りの風船を、

1,000円で、買うことに…。

(^_^;)

 

ちょっと、長くなっちゃったので、

今日は、これくらいで…。

(^_^;)

 

できましたら、

あなたが、幼い頃、

親に対して「お寿司キライ!」みたいなことを

言ったことがなかったか、

思い出してみていただけないでしょうか?

 

それは、インナーチャイルドとか、

アダルトチルドレンとかと言って、

あなたの人間関係に対する観念の根幹部分になっていて、      

その観念が書き換えられると、

あなたの人間関係(人生)がシアワセなものに、

大きく変わるかもしれない、

とってもとっても大切なことだからです。

 

そのあたりのことも、続けて、少しずつ、

書いていきたいと思っていますので、

よろしければ、引き続き、お付き合いくださいね。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

あなたのお幸せを祈っております。

 

 

こんにちは

0次元カウンセラーのぶさんです!

いつも、お世話になり、ありがとうございます。

( はじめましてのかたは、こちら。 )

 

前回までに、


・自主的に「自立」したい人は少ない。

・でも「依存」では幸せになれない。

・「依存」を続けると、罠(ワナ)にかかって、

  奴隷のように不自由になって貧乏しちゃう。

・悩む原因は「自立」できていないから。

・「自立」するためには、たくさん葛藤し、

  たくさん自問自答を繰り返さなければならない。

・そして、「本当に自分がやりたいこと」

 「本当に自分が好きなこと」に気づかなければならない。

・それは、面倒くさく、時間がかかる作業。

・だから「自立」は難しい。


などとお伝えいたしました。

 

 

 2番目の理由   

 

そして、自立を難しくしている、

2番目の理由として


「安心・安全を手放せないから」

ということがあるような気がしています。

 

 

安心・安全を手放せない   

 

例えば、

「お父さんとお母さんは、お寿司が大好き!」

だったとします。


すると、子どもも、

「ボク、オスシ好き!

 ワタシも、お寿司、大好き!」

と言っていれば、


『安心・安全』ですよね?

(^_^;)

 


もし、お寿司について、

子どもがこんなことを言ってしまったら大変です。

(´・_・`)

 

「何だかヌルヌルして、食感が好きじゃない!

「酢の味がマズイ!」

「ガリ辛くて食べれない!」

「ワサビも美味しくない!」

 

 

子どもを家から追い出す?   

 

もし、子どもがそんなことを言ってしまうと、


親は、カッとなって、目をむいて怒り、


「なんだ?この子は!

 こんなに美味しいお寿司を『まずい』だと!?

 あんたなんて、うちの子じゃありません!

 出て行きなさい!」

 

と言って、


子どもが、自分の好きなもの(お寿司?)を受け入れるまで、


家に入れさせなくしたり、


暗い部屋に閉じ込めたり、


木に縛り付けたりします。

 

 

「お寿司オイシイ!」の方が安心・安全   

 

そうすると、


心の中で、


「ハンバーグ、オイシイ! (^-^)」


「カレーライス、サイコー! (^-^)」


「ラーメン、美味しい! (^-^)/」


と、子どもは、思っていても、


それを、素直に、率直に、


表現できなくなってしまいます。

(。-_-。)

 

 

なぜなら、


ウソでも、


「お寿司、オイシイ!」


「お寿司、サイコー!」


と言っているほうが、『安心・安全』だからです。

 

 

親への愛情が素直な表現を難しくさせる   

 

それだけでなく、


親を怒らさずに済むし、


親の悲しむ顔を見なくても済みます。

 


そんな『親への愛情』が、


よりいっそう、


自分の気持ちを、素直に表現することを難しくさせてしまいます。

 

 

あなたの親の「お寿司」は?
 

 

ここまで読まれて、


そんな大袈裟な!?


そんな馬鹿な話ないよ!


と思われたかもしれません。

 

 

が、もし、よろしかったら、少し、


あなたのお父さんお母さんの好きなもの(お寿司に代わるもの)は、


何だったか、考えてみていただけないでしょうか?

 

 

親を怒らせたくないから

親を悲しませたくないから
 

例えば、


「あなたはお姉ちゃんなんだから!」


「あなたは長男なんだから!」


「あなたは○○家の人間なんだから!」


「こうしないと恥ずかしい!」


「こうしないと貧乏するよ!」


「人に笑われる!」 「馬鹿にされる!」 「みっともない!」


などなど…。

 


あなたが、


親を怒らせたくないから、


親を悲しませたくないから、


という動機で、


「お寿司オイシイ!」みたいな素振りを見せてきたことって、ないでしょうか?

(´・_・`)

 

 

 

また、ダラダラと長くなっちゃったので、次回に続けますね。

(^_^;)

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました! あなたのお幸せを祈っております。