コンテンツへスキップ

こんにちは

0次元カウンセラーのぶさんです!

いつも、お世話になり、ありがとうございます。

( はじめましてのかたは、こちら。 )  

 

今日は、2月とは思えないくらいに気温が高く、

ポカポカと穏やかに温かな、こちら浜松です。

(^_^)

 

前回までに、

・「自立」できないと悩んでしまう。

・ でも「自立」は難しい。

・自立が難しい理由は、
「安心・安全」を手放さないといけないから。

・例えば、お父さんとお母さんが「お寿司大好き」なら    
「私もお寿司大好き!」と言うほうが「安心・安全」。

・特に「親を悲しませたくない、親の怒った顔を見たくない」  
 という親への愛情が「自立」をさらに難しくさせる。

・また、子どもが「お寿司キライ!」と言って自立することは、  
 親の言うことを聞かないワガママな子になることではなく、  
 親の自立を助けてあげようとしていること。

・つまり、子どもは、親が自立しシアワセになってもらいたくて  
 「お寿司キライ!」と言う。

 

などと書かせていただいたのですが、

少し、話が飛躍していたと思いますので、

もう少し丁寧に、書いてみますね。          

 

 

子どもの気持ち = オトナの気持ち  

 

もし、お子様をお持ちでしたら、

よく分かるかと思うのですが、

 

子どもが、

親を怒らせないために・親を悲しませないために、

自分の好きなこと・やりたいことを、

我慢して・制限して

「○○でなきゃいけない・○○であるべき」

ということばかりやっていたら、

やっぱり、ちょっと哀しいですよね。 (´・_・`)        

 

 

子どもが、親を見て想うこと    

たぶん、それは、

子どもも同じなんだと思います。

 

つまり、

自分の親が 「○○でなきゃいけない・○○であるべき」

と自分に言い聞かせ、

自分の好きなこと・やりたいことを、

我慢したり、制限したりしていたら、

子どもは哀しい。  

 

そして、そんな親を見ていると、できれば

「好きなことをやってもらいたいなあ」

「自立して自分のやりたいことをやってもらいたいなあ」

と、子ども心に、

そう想うようになるのだと思います。  

 

 

親の言うことを聞きたくないからでも

親に反抗したいからでもなくて      

 

親にも「自由に楽しんでもらいたいなあ」 と思うと、

子どもは、 自分の「安心・安全」を捨て、

身に起こる危険を顧みることもなく、

「私はお寿司キライ!」みたいなことを言って、

親から自立しようとします。

 

それは、

親の言うことを聞きたくないからでも、

親に反抗したいからでもありません。  

 

 

 

 子どもが親から自立する時

子どもはリスクをとっている  

 

親に嫌われるリスク、

家に入れてもらえなくなるリスク、

木に縛り付けられたりするリスク、

をとって、勇気を出して、

「私はお寿司キライ!」みたいなことを言って、

親から自立しようとします。

 

なぜなら、

自分の身の危険を冒(おか)してでも

親の自立を助け、

親に幸せになってもらいたいから…。

(´・_・`)      

 

 

  ボクの娘の自立      

 

例えば、僕の場合だと、

こんなことがありました。

 

娘が2歳くらいになった頃、

娘と一緒にお祭りに行きました。

 

娘はそれまで、

あまりお祭りに、 行った事がなかったので、

珍しいものがたくさんあって、

楽しかったのだと思います。      

 

 

ヘリウムガス入りの風船      

 

そして、その中でも、

娘の目を惹(ひ)いたものが、

地面と糸で結ばれ、プカプカと宙に浮かぶ物体。

 

キラキラ光る銀色の袋に、

仮面ライダーのイラストが描いてある、

(○○レンジャーだったかな?  (^_^;) )

ヘリウムガス入りの風船でした。

 

子どもがその風船を欲しがるので、

ボクが、おじさんに

「これいくらですか?」って聞いたら、

おじさんが「1,000円!」って、言うんです。

 

ボクは、

「えぇ? これで1,000円? 高すぎるぅ〜

って思ったので、

娘に「高いからやめとこうね」と言って、

手を引いて別のところに行こうとしたら、

娘が、泣きだしてしまいました。

 

しかも、地面に寝っ転がって、

のた打ち回りながら、

大声で…。 (^_^;)

 

それで、ボクも、根負けして、

おじさんに笑われながら、

ヘリウムガス入りの風船を、

1,000円で、買うことに…。

(^_^;)

 

ちょっと、長くなっちゃったので、

今日は、これくらいで…。

(^_^;)

 

できましたら、

あなたが、幼い頃、

親に対して「お寿司キライ!」みたいなことを

言ったことがなかったか、

思い出してみていただけないでしょうか?

 

それは、インナーチャイルドとか、

アダルトチルドレンとかと言って、

あなたの人間関係に対する観念の根幹部分になっていて、      

その観念が書き換えられると、

あなたの人間関係(人生)がシアワセなものに、

大きく変わるかもしれない、

とってもとっても大切なことだからです。

 

そのあたりのことも、続けて、少しずつ、

書いていきたいと思っていますので、

よろしければ、引き続き、お付き合いくださいね。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

あなたのお幸せを祈っております。

 

 

こんにちは 0次元カウンセラーのぶさんです!

いつも、お世話になり、ありがとうございます。

( はじめましてのかたは、こちら。 )  

 

今日は、シトシトと、穏やかに雨が降っている、こちら浜松です。

久しぶりの雨で乾燥が和らぎ、

風邪やインフルエンザの流行が落ち着きますように。

 

(^_^) 前回までに、

・「自立」できないと奴隷のように不自由になる。

・「自立」できないと悩んでしまう。

・でも「自立」は簡単ではない。

・「自立」が難しい2番目の理由は、  

 【安心・安全】を手放さないといけないから。

・例えば、お父さんとお母さんが「お寿司大好き」なら

  「私もお寿司大好き!」と言えば【安心安全】。

・だけど、もし「自立」して「私はお寿司キライ!」と言ってしまうと、

  【安心安全】を失ってしまい、家に入れてもらえなくなったり、  

 暗い部屋に閉じ込められたり、木に縛り付けられたりする。

・でも、それくらいの経験をしないと「自立」できないのかもしれません。

 

などとお伝えいたしました。  

 

 

  自立する = 悪い子になること?  

 

こんな話をすると、

「自立するって言うことは、

『親の言うことを聞かない、

自分勝手な悪い子になる』

っていうことですか?」

と質問されることがあります。

(´・_・`)  

 

 

親孝行で良い子  

 

確かに、

「お姉ちゃんなんだから!」

「長男なんだから!」

「恥ずかしいから!」

「人に笑われるから!」

「馬鹿にされるから!」

などと親から言われ、

 

親を怒らせないために、

親を悲しませないために、

「○○でなきゃいけない」

「○○であるべき」

と自分を制限し、抑圧し、

コントロールすることができる子どもは、

親孝行で、道徳的で、お行儀の良い、

模範的な子どもかもしれません。

 

もし、そうなら、

それに反する子ども、

つまり、自立して

「私はお寿司キライ!」と言う子は、

悪い子になってしまうのかもしれません。

(´・_・`)    

 

 

良い子 = シアワセな子?  

 

でも、

親を怒らせないために、親を悲しませないために、

「○○でなきゃいけない」

「○○であるべき」

と自分をコントロールしている子どもが、

「シアワセそう!」でしょうか?

また「楽しそう!」でしょうか?

 

つまり

「○○であるべき」を優先し、

好きなことをやらず、

やりたいこともやらずにいる子どもが、

屈託のない笑顔を見せて笑っていそうでしょうか?

ボクには、あまりそういうイメージが湧かないのです。

(´・_・`)  

 

 

親が子どもに依存する?  

 

実は、親が、

「恥ずかしいから!」

「笑われるから!」

「馬鹿にされるから!」

などと、子どもに言う時、

 

「親自身が、恥ずかしい思いをしたくないから」

「親自身が、笑われたくないから」

「親自身が、馬鹿にされたくないから」 

そう言うケースが少なくありません。

 

つまり、親の心理として、

「子どもが恥ずかしい思いをする」=「自分(親)が恥ずかしい思いをする」

「子どもが笑われる」=「自分(親)が笑われる」

「子どもが馬鹿にされる」=「自分(親)が馬鹿にされる」

から、

 

子どもに

「○○でなきゃいけない」

「○○であるべき」

と、言ってしまうということです。      

 

 

共依存  

 

このような状態を、

心理用語で「共依存」などと表現するのですが、

 

「子どもが笑われること=自分が笑われること」

という風に、

親が、子どもに依存してしまうと、

子どもに「親に依存すること」を期待・要求してしまいます。  

 

つまり、子どもが「自立しないこと」を、

《無意識に》期待・要求してしまう。

なので「共依存」と表現します。

 

そして、もし、

「自立できない = 幸せになれない」のだとしたら、

親が、子どもに依存することは、

『《無意識に》子どもがシアワセにならないことを期待・要求する』

ことになってしまいます。

 

     

 

 

 

 親が、子どもがシアワセにならないことを

期待・要求してしまう?  

 

ちょっと極端な表現になってしまったかもしれませんが、

もちろん《無意識に》なので、

親が《意識的に》子どもがシアワセにならないことを

期待・要求するということではありません。      

 

 

子どもは親の自立をサポートしたい  

 

話をはじめに戻しますと、

「自立するって言うことは、

『親の言うことを聞かない、

わがままで自分勝手な悪い子になる』

ということですか?」

という質問を受けることがあるのですが、

 

そんな質問に対して、ボクは、

「いいえ。そうではなくて、

子どもが自立すると言うことは、

同時に、親の自立をサポートすることです。

なぜなら、子どもは、

シアワセのためには自立が必要であることを 知っているし、

子ども自身が、まず自立することが、

親の自立をサポートすることになると、

無意識的に知っているからです。」

という感じでお答えしています。

 

少し論理が飛躍していますでしょうか?

(´・_・`)

 

次回、もう少し、

丁寧に書いてみたいと思いますので、

よろしければ、また、お付き合いくださいね。  

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

あなたのお幸せを祈っております。