コンテンツへスキップ

続・幸せの方程式(25)

【+-ゼロ=無=光 ⑤ 火花と炎】

 

「では最後に、ワクワクとシンクロニシティの実験をしよう。」と言って、シャンカールが小さな二つの石を僕の目の前に置いた。

「火打ち石だ。叩いてみなさい。」

僕は「カチッ、カチッ。」と石と石とを叩いてみた。

「ほら、火花が散っただろ?」

「えっ?分からないですよ。」

「ユウは無になっていないから火花が見えない。けれど、無になれば火花が見えるようになる。」とシャンカールが言うと、急に辺りが暗くなり始めた。

夕立ちだろうか?スコールだろうか?バケツをひっくり返したような雨がザーザーと大きな音を立てて降り始めた。部屋は停電したかのように暗い。

「もう一度、やってみなさい。」

「カチッ、カチッ。」

確かに火花が出ている。

「二つの物質が一つになった時、ユウは無になる。その時、同時にユウは、火花のような『ワクワク』を感じるようになる。

では、この紙を石と石の間に挟んでもう一度やってみなさい。」

シャンカールは、油のようなものがついた少し粘着質のある紙を僕に手渡した。

僕は、その紙を石と石との間に挟んで、もう一度、火打石を鳴らした。

「カチッ、カチッ。」

すると「ボワッ!」と紙が燃えた。

「火花が『ワクワク』で、紙は現実、炎は『シンクロニシティ』だ。

つまり、もし、ユウがワクワクしていると、『ワクワクにまつわる奇蹟的で偶然とは思えない運命的な出逢い』すなわちシンクロ二シティを、現実の中で体験するようになる。

シンクロニシティに出逢った時、ユウはジェットコースターに乗る時のようなちょっと怖い胸のドキドキ感を体験する、しかし、人間は運命的な出逢いを感じワクワクしていると、怖くてもその運命に乗らずにいられなくなる。

別の表現をするなら、ユウがワクワクしてシンクロニシティを感じ、動かずにいられなくなるということは、ユウは頑張ってやる気を起こしたり、努力したりする必要はないということ。すなわち、『ただ』炎が紙に着火した時のドキドキ感を楽しめばいいということだ。

その時ユウは、

ただ、幸せを感じ、

ただ、美しさに感動し、

ただ、気持ち良い、と言うだろう。

ユウの国では、無料のことを『ただ』というだろう?」

「はい。」

「まさに、そのただ(無料)で幸せを感じることが、ユウが手に入れたいと言っていた本当の幸せだ。

つまり、無×ワクワク×シンクロニシティによる本当の幸せとは、無料(ただ)でもらえる幸せであり、無償、無条件、無限の愛による幸せだ。」

「無から来る本当の幸せは、無料、無償、無条件、無限の幸せ…???

インド人のオヤジも、オヤジギャグが好きということなのだろうか…???」

と僕は心の中で思った。

 

 

 

 

つづく

 

 

 


 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理心理カウンセリング 体験セッションのご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

 

 

続・幸せの方程式(1)

 

 

【 プロローグ ① 初めての修学旅行 】

 

はじめに、質問です。

 

あなたは小学校の時、修学旅行でどこに行きましたか?

 

もしかして、東京ディズニーランドでしょうか?

 

ちなみに、僕の修学旅行はヒロシマでした。

 

平和記念公園の原爆ドーム。

 

原爆資料館に入り、

 

被爆して傷だらけになった人たちの人形や、

 

原爆投下後、廃墟と化した街の写真、

 

全身に火傷を負い、病院で手当てを受ける人たちのフィルム映像など…。

 

僕たちは、修学旅行で、戦争の悲惨さや恐ろしさを学びました。

 

 

 

そして、お土産はもちろん、

 

「もみじまんじゅう!」

 

と言っても、ピンと来ないかも知れないのですが、

 

当時は、「もみじまんじゅう!」がとっても流行っていました。

 

「がばい婆ちゃん」で有名な島田洋七さんのギャグです。

 

ご存知ないかもしれないですね。(笑)

 

 

 

そして、修学旅行に欠かせないものと言えば?

 

やっぱり、記念(集合)写真ですよね。

 

そこで、もう一つだけ質問です。

 

 

 

あなたは、記念写真を撮影する時、どんな掛け声を掛けましたか?

 

「ハイ!チーズ!」「カシャッ!」でしょうか?

 

「ハイ!ポーズ!」「カシャッ!」でしょうか?

 

僕たちは、「1足す1は?」「に~!」と言って、記念写真を撮っていました。

 

ピースサインをしたり、ヘンな顔をしたりして…。

 

 

 

ところで、実は、ここからが本題なんですが、

 

「1+1は、に〜!」って言うのは、僕にとっても、あなたにとっても、あなたの隣の人にとっても当てはまる公式です。

 

例えば、右腕と左腕があれば、腕は2本。

 

右目と左目があれば、目は2つ。

 

つまり、「1+1は、に〜!」は、僕にも当てはまり、あなたにも当てはまり、そして、全世界の誰にでも当てはまる共通の方程式(公式)です。

 

 

 

最後に、

 

もしかして、なんですが…。

 

全世界の誰にでも当てはまるような、「幸せの方程式」があるとしたら、世界はどうなると思いますか?

 

つまり、「全世界の誰もが、この方程式を使えば幸せになれる。」という公式があるとしたら、世界はどうなると思われますか?

 

僕は、ヒロシマの平和記念公園で原爆ドームを見た時から、

 

「幸せの方程式」を見つける人生を生き始めていました。

 

 

 

つづく

 

 

 

 


 

0次元心理カウンセリング

 

心理心理カウンセリング 体験セッションのご案内

 

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

 

短編「幸せの方程式」