コンテンツへスキップ

今日は、カウンセリングさせていただいている中で、

ボク自身が、気づかされている内容を、シェアさせていただきますね。

 

 自立型のシアワセを、現実体験していただくカウンセリング 

 

ボクは、ご相談者さまに、

自立型のシアワセを、

現実体験していただくことを、

ゴールに設定しカウンセリングを行っているのですが、

なかなか、それが簡単なことではありません。

 

何故かというと、

「依存」を手放すことが、とても難しいから、

のような気がしています。

(´・_・`)

 

「自立が簡単ではない

依存を手放すのが難しい」

なんて、当たり前やろ!

 

「貯金するのが簡単じゃない

お金を使わないのは難しい」

って言ってるのと同じやないか!?

 

と突っ込まれそうですが…。

(。-_-。)

 

 依存を手放すことは崖から飛び降りるくらいに怖い

 

とにかく、依存を手放すのは難しい…。

 

例えるなら、バンジージャンプで、

崖の底に向かって、

頭を下に、真っ逆さま(まっさかさま)に、

飛び降りるくらいに、

それは、難しいのではないだろうか?

と感じたりしております。

 

つまり、

「そりゃあ、

頭で考えれば、バンジージャンプが

安全なのは分かる!

けど、

怖いものは怖いのよ!」

と言いたくなるのと同じくらいに、

【依存を手放すことは怖い】ことのように、

思っております。

 

 

 ボクの仕事は、崖から突き落とすこと? 

 

そして、ボクは、

「怖いものは怖いのよ!」と声をあげている

ご相談者さまの後ろに、

こっそりと近づいて、

ちょっとずつ、1cmずつ、背中を押して、

ご相談者さまを、崖から突き落とす。

 

そんなことを仕事にしているのかもしれません。

(^_^;)

 

とにかく、

「もう立派な大人でしょ?」

「もう30歳を過ぎたんだから…。」

と言われたからと言って、

簡単に手放してしまえるほど、

【依存心を手放すことは簡単ではない】と感じております。

 

 

 ステキな彼氏(彼女)ができたら、ダンナ(妻)が変わったら……

 

浜松市 心理 カウンセラー カウンセリング

 

 

 

 

 

そんな【手放すことが難しい依存心】の中でも、

次のような思い込みが、

私たちの心の中に、

ネバネバと、ドロドロと、

しつこく、染み付いているように思っております。

 

まったく、真実でもなく、

現実でもなく、

事実でもない、

ウソで、デタラメな思い込みだというのに、

どこかの宗教の信者のように、

思い込んでいるのではないだろうかと、

思ったりしております。

(・_・;

 

それが、

・ステキな彼氏(彼女)ができたらシアワセになれるのに

・ダンナ(妻)が変わったらシアワセになれるのに

・お金があったらシアワセになれるのに

という、ウソの思い込みです。

 

 本当に?ステキな彼氏(彼女)ができたらシアワセになる? ダンナ(妻)が変わったらシアワセになる? お金があったらシアワセになる?

そして、ボクは、ご相談者さまに、

少し、意地悪な質問をしてしまいます。

 

「本当に?

 ・ステキな彼氏(彼女)ができたらシアワセになれる。

 ・ダンナが変わったらシアワセになれる。

 ・お金があったらシアワセになれる。

 と信じているのですか?

 実際に、

 あなたの過去の経験を現実的に振り返ってみた時、

 あなたは、

 ・ステキな彼氏(彼女)ができたからシアワセを感じられたのですか?

 ・ダンナが変わったらシアワセを感じられたのですか?

 ・お金があったからシアワセを感じられたのですか?」

と。

 

もし、今、あなたが、

「私も、

・ステキな彼氏(彼女)ができたらシアワセになれるのに

・ダンナ(妻)が変わったらシアワセになれるのに

・お金があったらシアワセになれるのに

って、無意識に思っているかも? 」

と思われましたら、

あなたの過去の経験を現実的に振り返ってみていただけたらと思います。

 

「私は、本当に、

・ステキな彼氏(彼女)ができたからシアワセを感じられたの?

・ダンナ(妻)が変わったらシアワセを感じられたの?

・お金があったからシアワセを感じられたの? 」

と。

 

疑いの目を持って、よくよく、現実を振り返ってみると、

【自立】という要素がなかったら、

シアワセは感じられない、

ということに気づかれるのではないでしょうか?

(・_・;

 

今日も、最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

 

あなたの健康とお幸せを祈っております。

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

★ カウンセリング無料体験 ★

https://abaql.biz/brd/archives/bmpnuy.html

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

 

「孤独」の理由、「さびしい」理由は、○○ ってないから。

 

孤独で、さびしい。だから…。

 
「孤独です。」「寂しいです。」
だから、
 
彼氏が欲しいです。
 
 
だから、
 
結婚したいです。
 
と言う人がいます。
 
 

彼氏がいても、孤独な人はいます。

 
 
しかし、
 
彼氏がいても、孤独な人はいます。
 
結婚していても、寂しい人がたくさんいます。
 
家族がいても、孤独・寂しさを感じている人がたくさんいます。
 
つまり、「彼氏がいれば、孤独じゃなくなる。」
 
「結婚すれば、寂しくなくなる。」
 
わけではありません。
 
それを、忘れないで欲しいと思います。
 
そうじゃないと、失望してしまったり、
 
絶望してしまったりして、
 
心に大きな傷を負ってしまうかもしれないからです。
 
 
 

あなたは、だまされている。

 
つまり、
 
もし、あなたが、「彼氏がいれば寂しくない。」
 
「結婚すれば、孤独じゃない。」
 
と思ってしまっているとしたら、
 
あなたは、ウソのトリックに引っかかっています。
 
つまり、あなたは、だまされているということです。
 
 
 

「孤独」「寂しさ」の理由は、○○ってないから。

 
 
では、どうすれば、孤独じゃなくなるのか?
 
寂しくなくなるのか?
 
結論から言いますと、
 
「孤独」「寂しさ」の原因は、繋(つな)がっていないところから来ます。
 
 
この「繋がっていないから孤独や寂しさを感じる」という考え方は、
普通の考え方だと思います。
 
だから、たぶん、あなたにも、うなずいてもらえると思うんです。
 
 
 
けど、「何と繋がっていないから?」かについては、
 
ボクと、あなたとで、少し違うかもしれません。
 
 
 
 
では、ボクが、どう思っているかをお伝えいたします。
あなたが、寂しさや孤独を感じる理由。
 
それは、あなたが、【本当のあなた】と繋がっていないから。
 
 
 
 

この世の仕組み

 
例えば、タマゴが先?、ニワトリが先?、
 
みたいな話になってしまいますが、
 
この世の仕組みは、基本的に、
 
「良いことがあったから、ありがとう」ではありません。
 
例外もありますが、
 
「ありがとうと言うから、良いことが起こる。」
 
が、この世の基本的な仕組みです。
 
 
 

寂しくない人には、寂しくない状況が訪れる。

 
だから、「孤独、寂しい」についても、同じことが言えます。
 
つまり、
 
孤独と感じるから、孤独な状況に陥ります。
 
寂しいと感じるから、寂しい状況が訪れます。
 
反対に、
 
孤独を感じない人は、孤独ではない状況に陥ります。
 
寂しくない人には、寂しくない状況が訪れます。
 
 
 
 
ちょっと、訳の分からない説明になってますでしょうか?
 
 

 

理由は、「ちゃんと繋がっているから」

  
そんな風に掘り下げていくと、結局、
 
「孤独じゃない人」、「寂しくない人」は、
 
結婚してなくても、彼氏がいなくても、
 
孤独や寂しさを感じない人という結論になってきます。
 
 
では、
 
「なぜ、彼氏がいなくても寂しくない。」のでしょうか?
 
「なぜ、結婚してなくても孤独だとは思わない。」のでしょうか?
 
なぜかというと、その理由が、
 
「ちゃんと繋がっているから。」です。
 
何と繋がっているのかというと、
 
「彼氏に繋がっているから。」ではなくて、
 
「本当の自分と繋がっているから。」です。
 
 
 
 

「孤独」イコール、「独立」「自立」。

 
孤独という言葉を少しイメージしていただきたいのですが、
 
「孤独」や「孤立」には、ネガティブな意味が込められているかもしれません。
 
でも、「独立」や「自立」という言葉になると、ポジティブなイメージになります。
 
つまり、孤独になるということは、「独立する」「自立する」という意味があります。
 
 
 

「本当の自分に繋がる」とは、「自分をハッキリ認識すること」。

 
じゃあ、「独立する」「自立する」とは、どういうことかというと、
 
「本当の自分に繋がる」ということです。
 
「本当の自分に繋がる」ということは、
 
「自分とは何かをハッキリさせる」ということです。
 
 
 
もう少し、丁寧な表現を使いますと、
 
「本当の自分に繋がる」とは、
 
「自分が本当にやりたいことは、何か?」
 
「自分が本当に好きなことは、何か?」
 
「自分の才能とは、使命とは、価値とは………。」
 
をハッキリさせることです。
 
 
 
 

孤独になった時、あなたは、本当の自分に出逢いたがっている。

 
ちなみに、本当の自分を真剣に求める人は、自分から、孤独を選択します。
 
一人で山奥に入って行ったり、
 
一人で旅に出たりします。
 
真剣に、自分に向き合いたいと思うと、
 
人は、おのずから、孤独になりたがります。
 
「自分が本当にやりたいことってナニ?」
 
「自分が本当に好きなことってナニ?」
 
「自分の才能って?、使命って?、価値って? ………。」
 
 
そんなことに気づくためには、徹底的に自分に向き合わなければなりません。
 
だから、本当の自分を求める人は、あえて、人混みを離れ、孤独を選びます。
 
つまり、孤独になった時、孤立した時。
その時は、あなたが本当の自分に出会いたいと思っている時だということです。
 
そして、もし、今、あなたが、孤独や寂しさを感じているのだとしたら、
 
あなたは、今、「自分が本当にやりたいことは、何か?」
 
を見つける時だということです。
 
あなたは、今、「自分が本当に好きなことは、何か?」
 
に気づく時だということです。
 
 
 
孤独を怖がらず、
孤独を毛嫌いせず、
 
本当の自分にしっかり繋がって、
 
彼氏がいなくても、
 
結婚していなくても、
 
一人でいても、
 
「孤独」や「寂しさ」を感じない。
 
そんなあなたになる時。
それが、今です。
 
 
 
 
ボクも、精一杯サポートします。
 
 
 
ご質問等ありました、お気軽にご連絡くださいませ。
 
 
 
のぶさんでした!

 


・ 一人で悩まず、ご相談ください。(無料体験について
・ 心理カウンセラーは、守秘義務を守ります。
・ あなたに合ったご利用方法
・ 心理カウンセリングとは

 


絶望・自殺願望

絶望・自殺願望
生きることに疲れた。誰にも会いたくない。何もしたくない。死にたい。無気力。希望がない。

 


夫婦関係の悩み

夫婦関係の悩み
夫婦喧嘩してしまう。愛情が冷めた。一緒にいたくない。体の相性が合わない。

 


親子関係の悩み

親子関係の悩み
親が憎い。親を許せない。精神的・経済的に親から自立できていない。親の言いなり。

 


感情を制御できない

感情を制御できない
感情的になり、相手を傷つけてしまう。感情をコントロールできない。落ち着かない。

 


仕事の悩み

仕事の悩み
仕事に行きたくない。仕事が辛くストレスを感じる。体調を崩しがち。職場の人間関係がつらい。

 


薬を使わない療法

精神科や心療内科での薬や治療法が合わない
精神科や心療内科での薬や治療法が合わない。クスリを使わない心理療法を探している。

 


暴力・対人恐怖

暴力を受ける。いじめを受ける。人に恐怖を感じる。不安。
暴力を受ける。いじめを受ける。人に恐怖を感じる。不安。

 


不倫・浮気の悩み

不倫。浮気。誘惑してしまう。
不倫。浮気。誘惑してしまう。スリリングな恋愛に惹かれる。

 


生きづらい

自分はHSP?発達障害?適応障害?ADHD?インディゴ?などと思ってしまう。

 


ねたみ・破壊衝動
人の不幸を願う。ねたみ。嫉妬。
人の不幸を願う。ねたみ。嫉妬。世界が滅びることを望む。災いを求める。

 

依存症
アルコール・過食・恋愛・SNS・買い物
アルコール・過食・恋愛・SNS・買い物・ギャンブル・風俗等が止められない。

 

人間関係の悩み

人付き合いが苦手。人といるとストレス。人目が気になる。断れない。気を遣い疲れる。

 

恋愛・結婚・出産の悩み

パートナーが見つからない。結婚できない。本当に好きなのか分からない。出産を迷っている。

 

 


シアワセ ?

・シアワセって何? ......。

・何のために生きてるんだろう? ......。

・これからどうしたらいいの? ......。

・自分は何がやりたいんだろう? ......。

自分が嫌い 自分を責める 自己否定 自己卑下 自信がない

そんな悩み・不安を解消するのが、「のぶさん」の0次元心理カウンセリングです。

 

悩みや不安の理由は ?

悩みや不安の理由は、 あなたが、ご自身に気づいていないからです。

なので、あなたご自身に「気づか」なければなりません。

誰かから、あなたご自身のことを教わるのでもなく、誰かに、あなたのことを分かってもらうのでもなく、あなたが、あなたご自身に「気づく」ことが必要になります。

カウンセリングは、カウンセラーに答えを求めること ?

なので、 カウンセリングは、カウンセラーに答えを求めることではありません。

カウンセリングとは、あなたが自由に話したいことを話すことです。

それができると、あなたは、あなたご自身に「気づく」ようになります。

 

あなたのことが好き ?

ところで、あなたは、あなたのことが好きでしょうか?

ちなみに、僕は、ずっと、

・自分が嫌い......。

・自分を肯定できない ......。

・自信がない ......。

でした。

でも、わくわくとシンクロニシティのチカラで夢が叶う「自立型のシアワセ」を体験するようになると、自分が嫌いでなくなりました。

そして、愛されない理由は自分を愛していないから、 分かってもらえない理由は自分をわかっていないから、認められない理由は自分を認めていないからだと気づきました。

 

あなたの問題 ?

つまり、

あなたに問題があるから、愛されないのでもなく、

あなたに問題があるから、分かってもらえないのでもなく、

あなたに問題があるから、認められないのでもありません。

認められない わかってくれない

 

あなたが、「自立型のシアワセ」を体験し、あなたご自身のことを好きになると、あなたはご自身を理解し認められるようになります。

すると、人からも好かれ、理解され、認めらるようになります。

わくわくとシンクロを体験すれば良い ?

なので、

・シアワセって何? ......。

・私は何のために生きてるんだろう? ......。

・これからどうしたらいいの? ......。

・私は何がやりたいの? ......。

などの不安や悩みを解消するためには、

あなたが、わくわくとシンクロニシティのチカラで夢が叶う「自立型のシアワセ」を体験できるようになればいい、

そうすると、あなた自身のことが好きになり、人が好きになり、人から好かれるようになる。

それをサポートするのが、“のぶさん”の0次元心理カウンセリングです。

あなたの人生は、無限に続くわけではありません。

一日も早く、あなたご自身を好きになり、人から好かれて生きていただきたく思っております。

 


体験者さまの声。

・心が穏やかになり、落ち着いています。

・自分の軸ができ、周りの人に振り回されなくなりました。

・自分が嫌いじゃなくなりました。

・自分が好きになりました。

・わくわくドキドキできるようになりました。

・親(家族)を許せました。

・自分を許し、認められるようになりました。

・パートナーの前でも自然体でいられるようになりました。

・人間関係が楽になりました。

・シアワセを感じられるようになりました。

・自分のやりたいことを自由にできています。

・勇気を出して行動できるようになりました。

 などなど…。

【 詳しいご感想は、こちら。 】

 


 

★無料動画レッスン★

 

自分が好きになる8つのステップ


↑2話目からは無料メール講座でお届けします。

 

自宅でできる♪ "瞑想セラピー"

 

★人気 コンテンツ集★

 

アラビアンナイトに隠されていた「オトナが幸せになるための3つの秘密」

アラビアンナイト オトナのシアワセ

 

鶴の恩返しが、教えてくれた幸せになる離縁

鶴の恩返し 幸せになる離縁 浜松 心理カウンセリング

 

あなたが自分の愛に気づけない3つの理由

浜松市 心理カウンセリング 自分の愛に気づく

 

ネガティブな感情 浜松市 心理カウンセリング

 

 

★カウンセリング メッセージ集★

 

【高校時代】

 

中学3年の終わり、二人は同じ公立高校を受験した。

ユリは頭が良かった。偏差値の高い進学高校に、入学できる学力を十分に持っていた。でも、ユリは僕と同じ最寄りの公立高校を受験した。

ユリの両親や担任の先生は「もっと偏差値の高い進学高校を受験したらどうだ。」と、ユリを説得した。

しかし、ユリは言った。「遠い高校は通学が疲れる。近くの高校のほうが友達もたくさんいて楽しいから近くの高校にする。」と、頑ななまでに、両親や担任の意見に反対した。

確かに、ユリはもともと芯の強い女の子だった。でも、ユリが両親や担任の言うことに逆らう姿は見たことがなかった。

だから、僕にはユリのその頑なさに少し違和感を感じた。もちろん、ユリは僕にも同じことを言った。「近くの方が楽だから。」と。

でも、僕は心の奥で期待した。「もしかしたら、ユリは僕と同じ高校に行って、同じ部活に入りたいのではないか?そして、そのことで僕はユリの好意を確認できるのではないか?」と。

そして、二人は最寄りの公立高校に入学した。ユリは、最初の中間試験で成績がトップになった。当然のことだった。が、「あまり目立ちたくないから。」と言って、次の試験からはわざと間違えて、学年で10番くらいになるようテストの点数を調整していた。

高校に入り、僕とユリは当然のように軽音楽部に入った。

入学式の日、僕はユリに尋ねた。

「ユリちゃん、何部に入る?」

「どうしよっかな~。ノリくんは?」

「オレ、ギターしかできないし…。」

するとユリは、「そう?トランペットも、良かったけどな~。」と意地悪そうに笑った。

ユリは、僕が中学の時トランペットに挑戦したものの、なかなか音を出せずにさんざん苦労したことを、僕に思い出させた。結局、ユリが「どうしよっかな〜。」と言ったのは、サプライズを演出しただけだったことを僕はあとで知った。

僕はギター。ユリはキーボード。お互いに自分が得意なパートについた。僕とユリは、普通の友達として軽音部で練習していたが、僕もユリもお互いに好きだったし、軽音部の仲間達もその空気を感じ取った。

そしていつの間にか、ユリの女友達は「僕」を「彼氏」と呼び、僕の男友達は「ユリ」を「彼女」と呼ぶようになった。僕たちも、あえてその名称を否定しなかった。僕たちは周りの友達に後押しされて、いつの間にか彼氏と彼女になっていた。

告白することもないままに…。

僕はその運命のような後押しを歓迎した。なぜなら、男友達と別れる口実を探さなくて済むようになったからだ。ユリも学校に居残る理由を探す必要がなくなった。もちろん、かたつむりのように歩く必要も。

どうせ、明日も一緒に帰れるのだから…。

高校一年の冬の日。

僕たちが、恋愛を仲間はずれにするのを止める日が来た。

2月14日。 バレンタインデイ。 僕たちは、いつものように一緒に帰った。 まだ、夕方の6時だというのに 当たりは夜のように暗かった。

ユリは帰り道にある公園で、赤い包み紙、ブルーのリボンがついた小さな箱を、コートのポケットから取り出し、真面目な顔をして言った。

「ノリくん。 私たち、ちゃんとしたほうがいいと思うの。」

「ちゃんとする?」

「そう。 真面目なお付き合いをすることを誓うの。」

「オレも賛成だよ。」

「じゃあ、模擬結婚式しよっ! 本試験の前に模擬試験があるのと一緒よ。」

僕は、模擬結婚式で、ユリが何をしようとしているのか分からなかった。 何が起きるか不安だった。 でも、僕は「ユリを信じよう」と心に決めた。

「うん。いいよ。」

「じゃあ誓って。 ノリくんは、ユリちゃんを永遠に愛することを誓いますか?」

僕は「誓う。」とユリの目を見て答えた。

「それじゃあ受け取って。」

ユリは両手でチョコを差し出し、 僕も両手でそれを受け取った。 結婚指輪を交換するかのように。

そして、その場でブルーのリボンと赤色の包み紙を外し、 ハート型のチョコレートを半分に割った。 そして、その半分ずつを二人で分け合いその場で食べた。

その日は「純粋な恋愛」を誓う日となった。 小雪が舞った。 吐息が白かった。

ユリは、いつもと同じ黒のコートと濃紺のマフラーを身にまとっていた。 しかし、散らつく小雪と白い吐息とがユリを白色に装った。

その日から、僕たちは手をつないで帰るようになった。 結婚式まではそれ以上の関係を持たないことをお互い暗黙のうちに了解した。

 

高校一年の僕たちは、すでに『真面目なお付き合い』の意味を理解していた。

実際、僕はその『真面目なお付き合い』を心から歓迎した。僕は純粋なユリを汚したくなかった。どんな男にもユリを汚させたくなかった。 もちろん僕もその男の中の一人だった。

その頃、僕はもう、僕の中に純粋でない汚れた男が潜んでいることを感じていた。 そして、僕は「僕の中の汚れた男からユリを護らなければならない。」と思っていた。 さらに、その汚れし者からユリを護ることが決して容易でないことも察知していた。

 

僕は、バレンタインデイに恋愛を仲間はずれにすることをやめ、その代わり、僕の中にいる汚れし者からユリを護ることを誓った。

僕に向かって…。

 

 

つづく