コンテンツへスキップ

浜松市の 不倫,浮気,恋愛 相談 心理カウンセリング コリトル(カウンセラー のぶさん) 

 

「やっと、暖かくなってきたなあ」と思ったら、

また、今日は雨で、少し寒いこちら浜松ですが、

そちらは、いかがでしょうか?

(^_^;)

 

前回、「なぜ、ヒトは不倫するのか?」

それは、たぶん「なぜ結婚するのか?」と同じ理由。

つまり、不倫する理由は愛ではないでしょうか?

などと書かせていただいたのですが、

 

 

嫌いな人とは不倫しない

 

 

 

 

やはり、嫌いな人と不倫することは、まずないみたいです。

 

もし不倫が、バレてしまったら、

家族や知人から軽蔑されます。

 

また、下手をすると、

裁判になってお金を失ったり、

職を失ったり、

配偶者や家族を失ったり、

しかねません。

 

なので、そんなリスクを冒してまで、

わざわざ、嫌いな人と不倫することは、ほぼないようです。

「パートナーへの復讐」が理由の時だけは、例外かもしれないのですが…。

(´・_・`)

 

 

シアワセに必要な「人が好き」

 

 

ところで、そもそも、「人を好きになる」って、悪いことなのでしょうか?

よく考えてみると、「人を好きになる」ことは、

「シアワセ」のための最も重要なファクター(要素)に、

なっているようです。

 

例えば、

韓流スターでも、

ジャニーズでも、

羽生結弦さんでも、

氷川きよしさんでも、

石原裕次郎さんでも、

(古い? (・_・;) )

 

誰でも良いのですが、

好きな人を目の前にし、

胸をときめかせ、

2つの黒い瞳をピンク色のハート型に変えて、

「キャー!キャー!」と黄色い歓声を上げながら、

「あ〜。ドキドキしちゃうぅ〜!」

「あ〜。嬉しくて、涙が出ちゃったぁ〜!」

と心の高揚を抑えきれずにいる、女子の姿は、

老いも若きも、(?)

本当に幸せそうですよね。

(^_^;)

 

 

「人が好き」はお酒やスイーツよりも

 

 

そんな、

「誰かを好き!」になることで得られる歓喜やシアワセは、

たぶん、

アルコール以上に心を酔わすし、

スイーツよりも甘い癒やしになるのだと思います。

 

つまり、「誰かを好き!」になることは、

呑み食いで得られる満足感とは、

次元の異なる幸福感をもたらすのだと思います。

 

 

リアルの彼氏彼女

 

 

また、リアルに、

「カレシできちゃったぁ〜!」

「カノジョできちゃったぁ〜!」

と、照れくさく、はにかみながら、微笑んでいる姿は、

男女に関係なく、やっぱり幸せそうですよね?

(^_^)

 

そんな「誰かが好き!」がもたらす、

ドキドキする胸のときめき・高揚感は、

人に最高の幸福感を与えてくれるのでしょうね。

しかし、一方で、

「人が好き!」が、不幸をもたらすこともあります。

その代表が不倫なのかもしれないと…。

(´・_・`)

 

 

不倫の結果はシアワセ?

 

 

実は、

「フツウ『誰かが好き!』は、

胸がときめくシアワセを人にもたらすのに、

なぜ、不倫の場合は、不幸をもたらすんだろう?

と、最近、考えさせられていました。

 

なぜかというと、

不倫の結果、シアワセになっていない。

だけでなく「心も体も家庭も壊れてしまった」という

現実を目のあたりにすることが、

続いてしまったからです。

 

 

行きはヨイヨイ、帰りはコワいぃ〜♪

 

それで、

「不倫はとても怖いものなのではないか?」

「とても恐ろしいものでは?」

と、思うようになってきました。

 

そして、なぜか、

動揺「とおりゃんせ。とおりゃんせぇ〜♪」の

「行きはヨイヨイ ♪ 帰りはコワいぃ ♪」みたいなイメージが、

不倫に対し、湧いてきました。
https://youtu.be/oBNhD3n3zpY ;

 

何の根拠もなく、ただ直感的になんですが…。

(^_^;)

 

「とおりゃんせ」のメロディーが、どことなく、

ホラーっぽく、おどろおどろしく、

童謡っぽくない違和感を感じさせる

歌詞と旋律だからだと思うのですが…。

 

 

不倫の中に隠れている魔物

 

 

それは、人の不幸をせせら笑う魔物が、

不倫に隠れているようなイメージです。

 

そして、その魔物は、プロレスラーとか、

(古い?)  (・_・;

相撲の力士のようにめちゃくちゃ力が強い。

 

つまり、その魔物は強い力で人を強引に動かすことができる。

けれど、表面的には、とても優しそうに微笑んでいる。

そんな厄介な魔物が不倫に潜んでいるようなイメージです。
 

 

とおっちゃダメ!

 

 

だから、動揺「とおりゃんせ。とおりゃんせぇ〜♪」は、

将来、子どもたちが、

不倫という強く恐ろしい魔物に近寄らないように、

「とおっちゃダメだよ!

とおっちゃったら太刀打ちできないよ!

だから、誘惑されても入っちゃダメだよ!」

という、警告の気持ちを込めて、

あえて、ホラーっぽい、おどろおどろしいメロディーにしたのではないかと…。

勝手にボクの妄想が暴走しちゃいました。

(´・_・`)

 

長くなっちゃったので、

また次回に続けますね。

 

よかったら、引き続きお付き合いください。

 

対人恐怖,生きづらいなどの悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,親子関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,死にたいなどのお悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 
 
 

浜松もぽかぽか陽気で、気温が上がり、

サクラもほぼ満開になりました! (^_^)

https://www.instagram.com/p/Bv5l5yyhJ0_/        

 

 

親と対話するカウンセリング  
 
 
 
前回、
 
 
カウンセラーが、いくら熱心に、
 
「あなたは親を愛してきました。
 
ただ親の価値観に合わなかっただけです。」
 
とお伝えしても、 ご相談者様は、
 
なかなか、それを受け入れられない。
 
 
けれど、 その代わりに、カウンセラーでなく、
 
親と対話する(インナーチャイルドを癒やす) カウンセリングを行うと、
 
少しずつ、 「自分が親を愛してきた」ことを、
 
受け入れらるようになる。
 
 
そして、インナーチャイルドが癒やされると、
 
ご相談者様に「ある変化」が起こる。
 
 
その「ある変化」が
 
「お母さん!これ見てぇ〜!」という
 
「愛と感謝の人間関係を試そうとする」です。
 
 
などと書かせていただいたのですが、        
 
 
 
 
 
愛と感謝の人間関係を試す  
 
 
 
例えば、
 
好きな料理を作って、お友達に提供してみる、
 
好きな車を買って遊びに行って、新しい友達を作る、
 
興味があったスピリチャルヒーリングを始めてみる、
 
趣味だけにしていた歌や楽器の演奏を人前で披露してみる、
 
など、
 
今まで、「やりたいな」とは思っていた、
 
けれど、 心のどこかでブレーキがかかっていて、
 
できなかったことを、 やり始められるようになります。
 
 
 
そして、それができた時に、ご相談者様はこう感じられます。
 
 
「シ・ア・ワ・セ」と…。         
 
 
 
 
 愛と感謝の人間関係は、シアワセの体験    
 
 
 
つまり、
 
1.やりたいことをやる
 
2.相手に見せる。
 
3.相手の喜ぶ顔を見る。
 
という経験は、そのままシアワセの体験となります。
 
 
その時の感覚は、
 
「えっ? こんなんで良いの?
 
こんなんで人に喜ばれるの?」
 
という、 肩の力が抜けるような、腰が抜けるような感覚だったり、
 
子どもの時、天真爛漫になって遊んでいたときのような、
 
すがすがしく懐かしい感覚だったり、
 
ワクワクする楽しい感覚だったりします。
 
 
 
そんな心も体も軽くラクになるような体験が、
 
シアワセの体験です。
 
 
 
そんな「愛と感謝の人間関係」の体験、
 
つまり、シアワセの体験を積み重ねると、
 
「親を愛していなかった」という 自己否定感や罪悪感も消えて、
 
自己肯定感を持てるようになると思います。      
 
 
 
         
 
 
 
 
 
ボクの場合「作文できない」が変わった      
 
 
 
最後に、ボクの場合の、
 
「愛と感謝の人間関係を試す」「シアワセの体験」
 
をご紹介いたしますね。
 
 
 
例えば、ボクの場合は  
 
「文章を書かない」が「文章を書く」に変化しました。
 
 
 
ボクは、小学校の頃から「文章を書く」のが大の苦手。
 
 
毎年、夏休みに読書感想文の宿題が出るのですが、
 
宿題をやろうとすると、アタマが真っ白になってしまって、
 
何も書けなくなってしまいます。
 
 
 
なので、算数などの他の宿題は、やり終えてしまっても、
 
いつも読書感想文の宿題だけが最後に残ってしまいます。
 
 
そして「何を書いたら良いんだろう?」と悩んでいました。
 
(。-_-。)
 
 
 
 
インナーチャイルドが癒やされた頃に    
 
 
 
とにかく、何をどう書いて良いのかが、まったく分からないのです。
 
なので、日記も続いた試しがありません。
 
 
会社の先輩から「日記はつけた方が良いよ」と アドバイスされて、
 
何度か日記帳を買って挑戦したのですが、
 
毎回、3日坊主。 
 
(´・_・`)
 
 
 
そんなボクでしたが、
 
インナーチャイルドが癒やされた頃に、
 
ふと「ブログを書いてみようかな?」と思いました
 
 
 
そして、
 
「どうせ書いたって続かないんだし、
 
他の誰に読まれる訳でもないんだから、
 
落書き感覚、ストレス発散の遊びとして書いてみよう!」
 
と、 適当に妄想して、
 
 
「突然、ボクの部屋にカワイイ女の子(?)が入ってきた」
 
と書いてみました。      
 
 
 
 
ボクの部屋にかわいい女の子が!?      
 
 
 
そして、連想ゲーム感覚で、
 
次に出てきた妄想を言葉にして続けました。
 
 
「その女の子の名前はコトちゃん、ボクの妹だ」と。
 
 
さらに「コトちゃんは、今まで、ずうーっと引きこもっていた」
 
と続けていきました。
 
 
 
そうしたら、
 
誰かがボクのブログを訪ねてくれて、
 
「いいね!」をしてくれました
 
 
 
それで、ボクは嬉しくなっちゃって、
 
調子こいて、ダラダラ、ダラダラと
 
妄想の落書きブログを続けていきました。      
 
 
 
 
  気がついたら一冊の本に      
 
 
 
その結果、気がついたら、
 
一冊の本ができあがっていました。
 
 
それが  
 
「7月7日、ボクの部屋に来たのはひきこもりコトちゃんだった」  
 
です。
 
 
 
 
それは、
 
1.単純に遊びで書いた。
 
2.喜んでくれる人がいた。
 
3.嬉しくて「やりたい、楽しい」を続けた。
 
 
という
 
「お母さん、これ見てみてぇ〜」の発想
 
つまり、「愛と感謝の人間関係を試す」をやっただけです。
 
 
 
もちろん、ブログを書いていた時は、
 
「これを本にしよう」なんてことは、
 
これっぽっちも考えていませんでした。
 
 
 
ただ、読んでもらえるだけで嬉しいし、
 
幼い頃の純粋無垢な楽しさを味わいながら、
 
妄想の落書きを、ただ書いているだけでした。        
 
 
 
 
お金をもらう      
 
 
 
しかも、それを電子書籍化したところ、
 
「有料なのに買ってくださる」という、ビックリな奇跡体験をします。
 
 
 
読書感想文も日記も書けないボクが、
 
作文して本を作って、それを買ってもらうなんて、
 
夢にも思っていませんでしたし、完全に想定外でした。
 
 
 
でも、とても嬉しくシアワセな気持ちを心から味わいました
 
 
 
そんなシアワセ体験を実際に積み重ねることで、
 
ボク自身、少しずつ少しずつ、罪悪感や自己否定感が消え、
 
自己肯定感が高まってきました。
 
 
 
そして、
 
「自分にも良いところがあるのかもしれない」
 
「自分にも才能のようなものがあるのかもしれない」
 
「自分も人の助けになれるのかもしれない」    
 
と思えるようになってきました。          
 
 
 
 
保険金で暮らしてもらいたい気持ち      
 
 
 
なので、その頃からは、
 
「死にたい」とか、
 
「自分が死んで、家族にはその保険金で暮らしてもらいたい」
 
などと、思わなくなってきました。
 
 
 
ここまで、書かせていただきましたように、
 
自己肯定感を定着させるには、 時間がかかるかもしれません。
 
 
 
でも、やることは、
 
 
1.自分が、やりたいことをやる。
 
2.相手は、ありがとうと感謝する。
 
3.相手の喜ぶ顔を見て自分も満足する。
 
 
という、とてもシンプルで簡単なことですので、
 
コツコツと続けていれば、 徐々に徐々に、
 
自己肯定感も身につくと思っております。
 
 
 
こんなボクにもできたのだから、
 
きっと、必ず、あなたにもできるはずです。
 
(^_^)
 
 
 
「愛と感謝の関係」をとことん継続させるとお金も入ってくる  
 
ということについては、  
 
 
でまとめていますので、  
 
もし、よかったら、そちらもご覧くださいね。
 
 
 
 
今日も、最後まで、お付き合いくださり、ありがとうございました!
 
 

対人恐怖,生きづらいなどの悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,親子関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,死にたいなどのお悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 
なんだか、サクラが花を咲かせるのをやめちゃいそうな、
 
寒い日が続いているこちら浜松ですが、
 
そちらはいかがでしょうか?
 
(^_^;)
 
 
 
   
 
 
 
 
前回、    
 
 
インナーチャイルドが癒やされると、
 
「親を愛していなかった」が
 
「親を愛していた」に変化する。
 
 
カウンセリングでは、
 
「自分は親を愛していた。
 
親の価値観に合わなかったことは、
 
自分が親を愛さなかったことではない。」
 
と気づいていただくことを大切にしている、
 
 
などと書かせていただいたのですが、
 
お話が飛躍していたかもしれないので、
 
もう少し、丁寧に書いてみたいと思います。
 
 
 
 
       
子どもとの人間関係  
 
 
 
例えば、野球のルールを知らない人に
 
「イチロー、スゴイですよね!?」 と言っても、
 
なかなか共感してもらえません。
 
 
また、音楽やダンスが好きじゃない人に、
 
「○○48感動だよね!?
 
○○46カッコいいよね!?」 と言っても、
 
あまり共感してもらえません。
 
 
( よね? (^_^;)  )
 
 
なので、日常では、
 
それを理解し、相手に合わせて、 話題を選び、
 
柔軟に、お付き合いしているのだと思います。
 
 
しかし、親が子どもに接するとなると、
 
それが、ちょっとズレたりするのかもしれません。  
 
 
 
 
       
悲劇の始まり  
 
 
 
(特に父親は?)  (・_・;
 
こんなお説教をしたりします。
 
 
「イチローっていうのはなあ…。」とか、
 
「夢をあきらめないっていうことはなあ…。」 など …。
 
 
それが、自分の価値観の押し付けだと考えることもなく、
 
「自分は良いことをやっている」と思い込んでいるので、
 
まったく悪気はないのですが…。
 
(´・_・`)
 
 
ただ、それが発展して、
 
こんなことまで言ってしまうと
 
悲劇が始まってしまいます
 
 
「ん? わからん? そうか…。
 
おまえみたいな馬鹿に言ってもわからんか…。」
 
と…。 (-_-;)          
 
 
 
 
劣等感が、無価値観・無力感・絶望感となる    
 
 
 
つまり、親の価値観を理解できない子どもに、
 
親の価値観を押し付けるだけでなく、
 
劣等感まで与えてしまうと、
 
子どものインナーチャイルドが強く傷ついてしまうようです。
 
(´・_・`)
 
 
 
そして、その劣等感は、
 
「自分は親を愛せなかった。
 
自分は親の役に立てなかった。
 
自分は親を助けてあげられなかった。」
 
という、無価値観、無力感、絶望感、自己否定感、罪悪感などに、
 
形を変えながら、
 
心の中の潜在意識(インナーチャイルド) として
 
居座るようになってしまうようです。        
 
 
 
 
  一度、それを信じてしまうと      
 
 
 
しかも、一度、その気持ちを心の中に抱えてしまうと、
 
癒やすことが、結構、難しい …
 
(-_-;)
 
 
つまり、カウンセラーが、いくら熱心に、
 
「あなたがやったことは、親の価値観に合わなかったかもしれません。
 
しかし、それは、親を愛さなかったことではありません。」
 
と伝えても、
 
 
ご相談者さまは、
 
「?????」と、
 
なかなか、 その言葉を受け入れられない、
 
ピンとこない、
 
腹落ちしない、
 
納得しない、
 
という風になってしまいます。
 
 
 
 
子どもは無意識に親を愛し    
 
 
 
では、なぜ、そうなってしまうのかというと、
 
それは、以前にもお話ししました
 
・子どもは、
 
・無意識に
 
・親を愛し、
 
・親の感情に責任を持ってしまう
 
からだと思っております。      
 
 
 
 
すべての子どもは、身を挺しでも親を守る      
 
 
 
そして、意外だったのは、
 
真面目に親孝行してきた人が、
 
 
「親は悪くないんです。 私が悪いんで。
 
私に愛が足りなかったし、
 
私がわがままだったから。」
 
と言われるのではなくて、
 
 
今まで親に反発してきたような人が、
 
そう言われるということです。
 
 
つまり、親に逆らってきた人であったとしても、
 
「自分は親を愛せなかった。
 
自分は親の役に立てなかった。」 という、
 
無価値観、無力感、自己否定感などを、
 
インナーチャイルドとして心の中に抱えていらっしゃる
 
ということです。
 
 
そんな話を聞くたびに、 やはり、
 
「すべての子どもは、身を挺してでも親を守ろうとする」んだなあ、
 
と確信したりしております。    
 
 
 
 
  親と対話するカウンセリング      
 
 
 
少し、話がそれてしまいましたが、
 
先ほど、書かせていただいたように、
 
カウンセラーが、いくら熱心に、
 
「あなたは親を愛してきました。
 
けれど、それが親の価値観に合わなかっただけです。」
 
とお伝えしても、
 
なかなか、 それを受け入れていただけないので、
 
 
 
その代わりに行っているのが、
 
以前、「実際の対話」でご紹介した、
 
 
 
カウンセラーではなく、親と対話していただく、
 
インナーチャイルドセラピーです。      
 
 
 
 
愛と感謝の人間関係を試そうとする      
 
 
 
そして、インナーチャイルドが癒やされるようになると、
 
ご相談者様に「ある変化」が起こり始めます
 
 
その「ある変化」というのが、
 
「お母さん!これ見てぇ〜!」という
 
「愛と感謝の人間関係を試そうとする」なのですが、
 
 
 
ちょっと長くなっちゃったので、
 
また、次回に続けますね。