コンテンツへスキップ

浜松市の 不倫,浮気,恋愛 相談 心理カウンセリング コリトル(カウンセラー のぶさん) 

 

「やっと、暖かくなってきたなあ」と思ったら、

また、今日は雨で、少し寒いこちら浜松ですが、

そちらは、いかがでしょうか?

(^_^;)

 

前回、「なぜ、ヒトは不倫するのか?」

それは、たぶん「なぜ結婚するのか?」と同じ理由。

つまり、不倫する理由は愛ではないでしょうか?

などと書かせていただいたのですが、

 

 

嫌いな人とは不倫しない

 

 

 

 

やはり、嫌いな人と不倫することは、まずないみたいです。

 

もし不倫が、バレてしまったら、

家族や知人から軽蔑されます。

 

また、下手をすると、

裁判になってお金を失ったり、

職を失ったり、

配偶者や家族を失ったり、

しかねません。

 

なので、そんなリスクを冒してまで、

わざわざ、嫌いな人と不倫することは、ほぼないようです。

「パートナーへの復讐」が理由の時だけは、例外かもしれないのですが…。

(´・_・`)

 

 

シアワセに必要な「人が好き」

 

 

ところで、そもそも、「人を好きになる」って、悪いことなのでしょうか?

よく考えてみると、「人を好きになる」ことは、

「シアワセ」のための最も重要なファクター(要素)に、

なっているようです。

 

例えば、

韓流スターでも、

ジャニーズでも、

羽生結弦さんでも、

氷川きよしさんでも、

石原裕次郎さんでも、

(古い? (・_・;) )

 

誰でも良いのですが、

好きな人を目の前にし、

胸をときめかせ、

2つの黒い瞳をピンク色のハート型に変えて、

「キャー!キャー!」と黄色い歓声を上げながら、

「あ〜。ドキドキしちゃうぅ〜!」

「あ〜。嬉しくて、涙が出ちゃったぁ〜!」

と心の高揚を抑えきれずにいる、女子の姿は、

老いも若きも、(?)

本当に幸せそうですよね。

(^_^;)

 

 

「人が好き」はお酒やスイーツよりも

 

 

そんな、

「誰かを好き!」になることで得られる歓喜やシアワセは、

たぶん、

アルコール以上に心を酔わすし、

スイーツよりも甘い癒やしになるのだと思います。

 

つまり、「誰かを好き!」になることは、

呑み食いで得られる満足感とは、

次元の異なる幸福感をもたらすのだと思います。

 

 

リアルの彼氏彼女

 

 

また、リアルに、

「カレシできちゃったぁ〜!」

「カノジョできちゃったぁ〜!」

と、照れくさく、はにかみながら、微笑んでいる姿は、

男女に関係なく、やっぱり幸せそうですよね?

(^_^)

 

そんな「誰かが好き!」がもたらす、

ドキドキする胸のときめき・高揚感は、

人に最高の幸福感を与えてくれるのでしょうね。

しかし、一方で、

「人が好き!」が、不幸をもたらすこともあります。

その代表が不倫なのかもしれないと…。

(´・_・`)

 

 

不倫の結果はシアワセ?

 

 

実は、

「フツウ『誰かが好き!』は、

胸がときめくシアワセを人にもたらすのに、

なぜ、不倫の場合は、不幸をもたらすんだろう?

と、最近、考えさせられていました。

 

なぜかというと、

不倫の結果、シアワセになっていない。

だけでなく「心も体も家庭も壊れてしまった」という

現実を目のあたりにすることが、

続いてしまったからです。

 

 

行きはヨイヨイ、帰りはコワいぃ〜♪

 

それで、

「不倫はとても怖いものなのではないか?」

「とても恐ろしいものでは?」

と、思うようになってきました。

 

そして、なぜか、

動揺「とおりゃんせ。とおりゃんせぇ〜♪」の

「行きはヨイヨイ ♪ 帰りはコワいぃ ♪」みたいなイメージが、

不倫に対し、湧いてきました。
https://youtu.be/oBNhD3n3zpY ;

 

何の根拠もなく、ただ直感的になんですが…。

(^_^;)

 

「とおりゃんせ」のメロディーが、どことなく、

ホラーっぽく、おどろおどろしく、

童謡っぽくない違和感を感じさせる

歌詞と旋律だからだと思うのですが…。

 

 

不倫の中に隠れている魔物

 

 

それは、人の不幸をせせら笑う魔物が、

不倫に隠れているようなイメージです。

 

そして、その魔物は、プロレスラーとか、

(古い?)  (・_・;

相撲の力士のようにめちゃくちゃ力が強い。

 

つまり、その魔物は強い力で人を強引に動かすことができる。

けれど、表面的には、とても優しそうに微笑んでいる。

そんな厄介な魔物が不倫に潜んでいるようなイメージです。
 

 

とおっちゃダメ!

 

 

だから、動揺「とおりゃんせ。とおりゃんせぇ〜♪」は、

将来、子どもたちが、

不倫という強く恐ろしい魔物に近寄らないように、

「とおっちゃダメだよ!

とおっちゃったら太刀打ちできないよ!

だから、誘惑されても入っちゃダメだよ!」

という、警告の気持ちを込めて、

あえて、ホラーっぽい、おどろおどろしいメロディーにしたのではないかと…。

勝手にボクの妄想が暴走しちゃいました。

(´・_・`)

 

長くなっちゃったので、

また次回に続けますね。

 

よかったら、引き続きお付き合いください。

 

親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレンなど、悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,対人恐怖,生きづらい,死にたいなど。お悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 

昨日、今日と、春のように温かなこちら浜松です。

桜が咲く日も近そうですね。

(^_^)

 

さて、前回までに、

 

・「お金があればシアワセになれる」と、
ボクは、豊かさもシアワセもお金に依存させていた。

・娘は病気になったり事件や事故を起こして、
ボクを経済的に精神的に窮地に追い込んだ。

・そして、ボクは「この危機的な状況は、
フツウの方法では解決できない」と考えるようになり、
スピリチュアル・ヨガ・瞑想・量子力学などの本を読みあさり、
フツウじゃないものに救いを求めるようになった。

・そんなある日、「ある言葉」に出会い、涙がとまらなくなった。

 

などと書かせていただいたのですが、

 

 

子どもは、自分の身を挺してでも … 。  
 
 
 
親子関係,インナーチャイルド,アダルトチルドレン,悩み,相談,カウンセラー
 
 
 
その「ある言葉」とは、
 
本田健さんの本「ユダヤ人大富豪の教え(3)」
 
の中にあった、こんな言葉です。
 
 
【すべての子どもは、
 
自分の身を挺してでも、 両親を助けようとする。】
 
 
 
ボクは、その言葉を読んだときに、
 
涙が止まらなくなってしまいました。
 
 
次の日も、その言葉を読むと、涙が止まらなくなり、
 
そのまた次の日も、その言葉を読むと涙が止まらなくなるという、
 
不思議な3日間を過ごしました。
 
 
 
 
アタマでは理解できない  
 
 
 
しかし、ボクのアタマでは、
 
「すべての子どもは、自分の身を挺してでも両親を助けようとする」
 
という言葉は、論理的にも感情的にも理解できない、
 
受け入れがたい言葉でした。
 
 
 
しかし、涙がボロボロとあふれて止まらなくなるのだから、
 
その言葉を受け入れざるを得ません。        
 
 
 
 
そうだったんだ … 。    
 
 
 
そして、
 
「そうだったんだ…。」と、 心の中でつぶやくと、
 
また、涙がボロボロと落ちこぼれる…。
 
 
 
そんな3日間でした。
 
(^_^;)
 
 
 
結果的に、その《気づき》ゆえに、
 
ボクの人生は、ガラッと変わることになるのですが、
 
それは、ボクのアタマでは理解できない、
 
常識や論理というものから、逸脱した《内容》でした。          
 
 
 
 
お釈迦さまのサトリと同じ?      
 
 
たぶん、それは、
 
 
アルキメデスが、お風呂のお湯があふれるのを見て、体積に気づいたり、
 
ニュートンが、リンゴが木から落ちるのを見て、重力を悟ったり、
 
ガリレオが、星の動きをみて、地球が動いていることに気づいたり、
 
アインシュタインが、屋根から落ちる人を見て、相対性理論を悟ったり、
 
お釈迦様が、難行苦行の末に乳粥を食べて、無をサトったのと同じように、
 
 
当時の常識や理屈から逸脱していた《内容》 … 。
 
ではないかもしれませんが、
 
(^_^;)
 
 
 
ほんの、ほんのちょこっとだけ、
 
似ている部分があるのではないかと、
 
ボクは勝手にそう思っております。 (^_^;)        
 
 
 
 
ボクのライフワーク      
 
 
なので、この
 
【すべての子どもは、自分の身を挺してでも、両親を助けようとする】 を、
 
一人でも多くの人に伝えることが、
 
ボクの「人生の目的・使命・ライフワーク」なのかなあと思って、
 
今、こうして、そのことを書かせていただいています。 
 
 
 
なんちゃって…。
 
(^_^;)
 
 
 
なんだか、落ち(オチ)が着いちゃったかもしれませんが、
 
【すべての子どもは、自分の身を挺してでも、両親を助けようとする。】 について、
 
もう少し詳しくお伝えしたいので、
 
よかったら引き続き、次回もお付き合いくださいね。
 
 
 

人生も、シアワセもお金に依存して(お金,依存,社蓄,奴隷,親子関係の悩みへのヒント) 浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。

 
こちら浜松は、少し寒さが緩み、
 
しとしとと静かに細かい雨が降っています。
 
そちらは、いかがでしょうか?
 
 
 
さて、前回までに、
 
 
・ボクは、【子どもという現実的な豊かさ】から目をそむけ、
 
   【お金の不安や恐怖心】にばかり目を向けていた。
 
 
・そんなボクは、自分の【豊かさ】をお金に売った【お金の奴隷】だった。
 
 
・そして「お金があればボクも娘もシアワセになれるのに、
 
   お金がないからボクも娘も不幸なんだ」と、  
 
 【豊かさ】のみならず【シアワセ】や【人生】までも、お金に依存させていた。
 
 
 
などとお伝えしたのですが、          
 
 
 
 
 
お金が人を自殺させる?  
 
 
 
そんな僕に、娘は追い討ちをかけます。 
 
 
 
病気になったり、事件や事故を起こしたりして、
 
日常生活を守ることで、
 
精一杯だったボクを、
 
経済的に、そして精神的に窮地に追い込みます。  
 
 
 
なので、ボクは
 
「死にたい。そして、その保険金で家族には生きてもらいたい」
 
という気持ちを強めていきます。  
 
 
 
 
 
 
 
 
毎日200人が自殺している国  
 
 
 
ちなみに、「昨年のニッポンの自殺者数は?」
 
約 20,000人。  
 
 
 
つまり、 今日も、明日も、明後日も、
 
毎日、 どこかで、誰かが、
 
自殺している計算になります。  
 
 
 
しかも、その数は、1日に、約200人。  
 
 
信じられないかもしれませんし、
 
目をそむけたくなるかと思いますが、
 
それが、日本の現実…。
 
(´・_・`)
 
 
 
10年くらい前までは、状況はもっとひどく、
 
毎日、約 300人が自殺していたという、
 
自殺大国「ニッポン」。 
 
 (。-_-。)        
 
 
 
 
 
お金を持ったら、お金に殺される    
 
 
 
そして、その一番の理由が、
 
「経済的困窮」や「保険金」など、「お金」関連
 
 
 
なので、
 
「日本は、お金持ちになった。
 
けれど、そのお金に殺され、 お金に命を奪われるようになった。」
 
というのが、現代の日本史かもしれません。
 
(´・_・`)      
 
 
 
 
 
人身売買も、売春も?      
 
 
 
そして、たぶん、
 
お金で人間を売る「人身売買」や、
 
お金でカラダを売る「売春」も、
 
同じ理由から生まれているのではないかと思います。
 
 
 
つまり、【お金が】というよりは、 ボクみたいに、
 
【人生や豊かさやシアワセをお金に依存させてしまった人間が】
 
自殺・人身売買・売春という悲劇を、
 
この世に生み出しているのではないかと…。
 
 
 
でも、お金に対する不安や恐怖心を克服することは、
 
口で言うほど簡単ではないですよね?
 
(´・_・`)
 
 
人間、そんなに強くないし…。
 
(-_-;)      
 
 
 
 
 
  大金を手にしても      
 
 
 
また、反対に、
 
大金を手にしてしまったために、
 
平常心を失ったり、友人や友情を失って、
 
人間不信になったりするケースもあります。  
 
 
 
「お金持ちになったら、人がたくさん寄ってきた。
 
けれど、友情はなくなった。」
 
みたいな話は、よく聞きます。
 
 
 
とにかく、それくらいに
 
【お金のチカラ】が、 人間の思考や感情に大きな影響を与え、
 
【お金のチカラ】が、人間を、 左右に揺り動かしているということは、
 
間違いないようです。    
 
 
 
 
 
フツウじゃないものに、打開策を求める      
 
 
 
ボクは、そんな【お金のチカラ】にひれ伏して、奴隷になり、
 
お金も、健康状態も、夫婦関係もギリギリになって、
 
今までの仕事を続けられなくなってしまいました。         
 
 
 
そして
 
「この危機的な状況は、フツウの方法では解決できない」
 
と考えるようになり、
 
 
 
「引き寄せの法則」「思考は現実化する」をはじめ、
 
スピリチュアル・ヨガ・瞑想・量子力学などの本を読みあさり、
 
フツウじゃないものに、打開策、
 
(というよりは、救い?  (~_~;) )
 
を、求めるようになります。        
 
 
 
 
 
涙に暮れる日々      
 
 
 
そして、ある日、
 
ある言葉に出会い、
 
涙がとまらなくなり、
 
涙に暮れる日々を過ごすという、
 
不思議な体験をすることになります。 
 
 
 
長くなっちゃったので、また、次回に続けますね。
 
よかったら、引き続き、お付き合いくださいませ。