コンテンツへスキップ

親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレンなど、悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,対人恐怖,生きづらい,死にたいなどのお悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 
浜松はシトシトトと雨が降っていますが、
 
そちらはいかがでしょうか?
 
それにしても、ようやく春ですね!
 
自宅の花も咲きました。(^_^)
 
 
 
 
さて、前回は、
 
 
・娘は病気になったり事件や事故を起こし、
 ボクを経済的・精神的に窮地に追い込んだ。
 
・そして「この危機的な状況は、フツウの方法では解決できない」と考え、
 ボクはスピリチュアル・ヨガ・瞑想・量子力学などの本を
 読みあさるようになった。
 
・そんなある日、「すべての子どもは、自分の身を挺してでも、
 両親を助けようとする」という言葉に出会い、ボクは涙がとまらなくなった。
 
・その時ボクは、心の中でこんな会話を繰り返していた。
 
ボク「なぜ、病気になったの?」
「お父さんを助けるためだよ。」
 
ボク「なぜ、事故を起こしたの?」
「お父さんを助けるためだよ。」
 
ボク「なぜ、事件を起こしたの?」
「お父さんを助けるためだよ。」
 
 
などと書かせていただいたのですが、
 
 

娘がボクを愛していた  

 
娘の「お父さんを助けるためだよ」という
 
声ならぬ声に胸を打たれながら、
 
ボクは、はじめて、娘の愛に気づいたのだと思います。
 
 
 
言い換えると、
 
「ボクは娘から愛されていた」ことに気づき、
 
それを認められた。
 
 
 
もう少し別の言い方ををすると、
 
傲慢だったボクは、
 
「自分が娘の世話をしてあげている」
 
「自分が娘に愛情を注いでいる」 としか思っていなかった。
 
 
 
けれど、
 
「愛していたのは、ボクではなく娘だった」 という事実に、
 
ようやく気づき、 それを認め、
 
受け容れられたのだと思います。  
 
 
       

「お金の奴隷」→「娘の愛の奴隷」  

 
 
  それまでのボクは、
 
「子どもの生活費を稼ぐことが娘への愛情だ」とか、
 
「自分は子どもを養ってあげている」という、
 
高慢な気持ちを、潜在的に持っていたのですが、
 
 
 
娘から愛されていることに気づいたボクは、
 
「娘から愛されていることが、
 
お金の何倍ものシアワセをもたらしている」
 
ことに気づいたのだと思います。
 
 
 
つまり、その時から、ボクは、
 
「お金の奴隷」から、 「娘の愛の奴隷」に
 
変わったのかもしれません。 (^_^;)          
 
 
 

子どもの愛は目立たない    

 
 
では、なぜ、ボクは今まで、
 
そんな娘の愛に気づけなかったのか? というと、
 
 
 
たぶん、それは、
 
「娘の愛は、派手でなく、
 
刺激的な興奮をもたらすものではなかった」から、
 
 
 
つまり、
 
「娘の愛は目立ちにくくて、分かりにくかった」から
 
のような気がしています。
 
 
 
実際、娘の愛は、静かに、とうとうと、脈々と、
 
永続的なシアワセを、ボクの心の深いところに、 もたらしていました
 
 
 
でも、それが、目立たなかったから、
 
ボクは、それに気づけなかったのではないかと…。
 
(´・_・`)
 
 
 
 
つまり、
 
子どもの愛は、目立たない、
 
だから、分かりにくく、見つけにくいのではないかと、
 
思ったりしております。          
 
 
 

お金のシアワセは派手で目立つ      

 
 
一方、お金の愛は、目立ちやすくて、分かりやすいようです。
 
 
例えば、豪華な料理や、高級なホテル、
 
テーマパーク、豪邸、高級車などは、
 
刺激的で大きな興奮を与えてくれます。
 
「うわぁ〜〜!
 
すっご〜〜いぃ〜〜!」と…。
 
 
 
しかし、そのような刺激的な興奮は、
 
永続性には乏しく、空しさが伴ったりします
 
 
 
つまり、いつか、飽きてしまうシアワセ、
 
時間と共に薄れてしまう満足感であったりします。          
 
 
 

  子どもの愛は、太陽、月、星、山、海…      

 
 
例えるなら、 子どもの愛は、
 
派手でなく、静かに、とうとうと、脈々と、
 
永続的なシアワセを、もたらしてくれる、
 
太陽や、星、月、海、山のような存在。
 
 
 
だから、子どもの愛は、
 
豪華な料理や、高級な豪邸、高級車のように、
 
派手でないけれど、
 
まったく次元の違う、深い喜びを、
 
ボクの胸の奥深くに与えてくれる
 
 
 
そんなことにボクは、気づき、それを認め、
 
「ボクが娘を愛していた」のではなくて、
 
「娘がボクを愛していた」と、 考えるようになったのだと思います。
 
 
         
親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレン 共依存 浜松
 
 
 
 

気持ちの平和、安定、落ち着き、感謝…      

 
 
その結果、ボクは、
 
 
・子どもは、自分の身の危険を冒(おか)してでも親の自立を助けようとする。
 
・子どもは、親に感謝されることで、最高のシアワセを感じる。
 
 
などの、フツウじゃないヘンな考え方を
 
持つことになっただけではなく、
 
 
 
それと同時に、
 
気持ちの平和、安定、落ち着き、
 
動揺しない心、感謝の気持ちなどを、
 
恒常的に感じながら生きられるようになりました
 
 
 
さらに、それは、
 
ボク自身の自己満足で終わることはなく、
 
ご相談者さまの心にも、
 
平和や安定、落ち着き、感謝をもたらすことになった
 
 
 
ということも、お伝えしたいので、
 
よかったら、次回も、お付き合いくださいね。
 
 

親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレンなど、悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,対人恐怖,生きづらい,死にたいなど。お悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 

 

前回、

・娘は病気になったり事件や事故を起こし、
 ボクを経済的に精神的に窮地に追い込んだ。

・そして、ボクは
 「この危機的な状況は、フツウの方法では解決できない」と考えるようになり、
 スピリチュアル・ヨガ・瞑想・量子力学などの本を読みあさりるようになった。

・そんなある日、
 「すべての子どもは、自分の身を挺してでも、両親を助けようとする」
 という言葉に出会い、ボクは涙がとまらなくなった。  

などと、お伝えいたしました。        

 
 
 
 
お父さんを助けるためだよ  
 
 
ボクは、涙をボロボロ流しながら、
 
心の中で、こんな会話を(架空の)娘と繰り返していました。
 
 
 
ボク「なぜ、病気になったの?」
「お父さんを助けるためだよ。」
 
 
ボク「なぜ、事故を起こしたの?」
「お父さんを助けるためだよ。」
 
 
ボク「なぜ、事件を起こしたの?」
「お父さんを助けるためだよ。」
 
 
 
 
       
わたし生きたい!わたし愛したい!  
 
 
たぶん、娘の「お父さんを助けるためだよ」という言葉が、
 
ボクの胸に刺さったので、
 
ボクは泣けてしまったのだと思います。
 
 
 
それは、娘が、赤ちゃんだった時、
 
お腹の中から、心音という声ならぬ声で、
 
「わたし生きたい!わたし愛したい!」と、
 
ボクに訴えた時と似ていました。          
 
 
 
 
 
ボクに嫌われることをいとわず    
 
 
 
また、
 
「そうだたったのか…。」
 
「ボクに怒られることや、ボクに嫌われることを厭(いと)わずに、
 
ただ単純に、ただ純粋に、
 
【自分の身を挺して】 なりふり構わず、ボクを助けようとしていたのか…。」
 
とひとり言のように、胸の奥でつぶやくと。
 
 
 
「そうだよ。」
 
と、娘の声が、どこからともなく聞こえてきて、
 
涙がこみ上がってくる。       
 
 
 
 
 ボクは娘の愛も優しさも      
 
 
 
さらに、
 
 
「ボクは、娘の愛に気づいていなかったのか…。
 
分かってあげられなかったのか…。
 
娘の気持ちも、愛も、優しさも、思いやりも、
 
まったく理解できていなかったのか…。」
 
 
と、肩を落とし、虚無感を感じながらつぶやくと、
 
 
 
「そうかもね…。」
 
という、娘が優しく笑っているような声が聞こえ、
 
許された気持ちになって、
 
また涙ぐんでしまう…。
 
 
 
そんな3日間でした。          
 
 
 
 
 
娘にしてみれば      
 
 
 
そして、
 
 
「娘にしてみれば、
 
自分は、身を挺してお父さんを助けようとしているのに、
 
肝心なお父さんは、
 
『生活費は大丈夫かな? 参ったなあぁ。
 
困ったなあぁ。苦しいなあぁ。辛いなあぁ。
 
明日からの生活、どうしよう? (-_-;) 』
 
とため息をつきながら、不運を嘆いているのだから、
 
娘にとっては、辛いことだったんじゃないかなあ」
 
 
などと思うようになりました。         
 
 
 
 
 
 私よりオカネが大事?      
 
 
 
つまり、娘に、
 
 
「私は、命をかけて助けようとしているのに…。
 
それなのに、お父さんは…。
 
オ・カ・ネ・?
 
なんで、私の気持ちがわからないの?
 
なんで、私の思いやりが理解できないの?
 
私より、オカネが大事?
 
私は、オカネより価値がない?
 
私は、お父さんの助けにならない?
 
お父さんの助けになるのはオカネなの?
 
なら、私はいないほうがいい?
 
死んだほうがいい?」
 
 
と、思わせてしまったのではないかと、
 
考えるようになりました。
 
 
親子関係,対人恐怖,生きづらい,死にたい,悩み,相談,カウンセラー
 
 
 
 
 
 
フツウじゃないヘンな考え方      
 
 
 
そんなことがきっかけで、 ボクは、
 
「フツウじゃないヘンな考え方」をするようになりました。  
 
 
 
「フツウじゃないヘンな考え方」と言うのは、
 
今までにお伝えした、
 
 
・子どもは、自分の親が「○○でなきゃいけない、○○であるべき」と言って、
 自分のやりたいことを我慢したりしていると、子どもは哀しくなる。
 
・そして、そんな親を見ていると
 「自立して、自分のやりたいことをやって!」と強く思うようになり、
 子ども自身の「安心・安全」を捨て「お寿司キライ!」みたいなことを親に言う。
 
・なぜかと言うと、子どもは、
 自分の身の危険を冒(おか)してでも親の自立を助け、
 親にシアワセになってもらいたいと思うから。
 
・例えば、ボクの娘は「ふうせん欲しい!」と言って、
 地面に這いつくばって泣いた。
 
・もし、ボクが「駄目なものは駄目!」と言って、
 無理やりその場から娘を立ち去らせていたら、
 「私は父親を幸せにしてあげられなかった。私は父親を助けてあげられなかった」  という心の傷を、娘に残すことになった。
 
・だから、高かったけれど、ふうせんを買ってあげてよかった。
 
 
などという、考え方です。      
 
 
 
 
 
  気持ちもカラダもオカネも      
 
 
 
そして、
 
その「フツウじゃないヘンな考え方」をするようになってから、
 
ボクの気持ちは平安になり、
 
心が落ち着くようになり、
 
感情的に揺さぶられなくなりました。
 
 
 
そして、
 
身体的にも経済的にも、救われることになります。 
 
 
 
また、それは、
 
ボクだけでなく、 お悩みを抱えていらっしゃるかたの気持ちをも平安にする
 
と気づくようになります。
 
 
 
長くなっちゃったので、 また、次回に続けますね。
 
 
 

< 人生も、シアワセもお金に依存して(お金,依存,社蓄,奴隷,親子関係の悩みへのヒント) >

 
前回までに、
 
・ボクは、「子ども」という現実的な豊かさから目をそむけ、
 「お金がなくなったら、どうしよう?」という
 漠然とした不安や恐怖心にばかり目を向けていた。
 
・そんなボクは、まるで自分の命をお金に売った「お金の奴隷」だった。
 
・そして「ボクが首をつって、その保険金で家族に生活してもらうのが、
 自分にとっても家族にとっても一番良いのかもしれないなぁ」
 などと考えていた。
 
 
などと書かせていただきました。
 
 
 
       

ノルマに追われる毎日  

 
 
 
 
その頃、ボクは、営業をやっていましたので、  
 
なおさら「お金」に意識が向いていたのかもしれません。
 
 
 
1ヵ月の売り上げ目標(ノルマ)を
 
達成できるかどうかに悪戦苦闘する毎日でした。
 
 
 
達成できなければ、評価が下がり、お給料も下がる。
 
だから、家に帰っても仕事のことを考え、
 
残業してでも、休日出勤してでも、
 
1ヵ月の目標を達成しなければなりませんでした。 
 
 
 
そして、何とか、1ヵ月の目標を達成して、
 
「はあ〜。やれやれぇ〜。 (~_~;) 」と思うのも束の間、
 
その時には、もう、すでに新しい一ヶ月が始まり、
 
新しい月間目標に向かって、ゼロからのスタート。
 
 
 
なので、気の休まる暇がありませんでした。
 
 
 
しかも、市場競争は激しくなり、
 
売り上げを伸ばすのは難しくなる一方。
 
 
 
そんなお金に追われる毎日でしたので、
 
子どもと過ごす時間を心から楽しんだり、
 
思い出に浸ったりして、
 
子どもの存在をかけがえのないものと感じる、
 
余裕がなかったのかもしれません。
 
(´・_・`)
 
 
 
         

人生をお金に捧げ、お金にひれ伏すボク  

 
 
 
そんなボクは、ただ、ひたすらに、
 
家族や老後の「お金」のために、
 
自分の体力と精神力を捧げていたのだと思います。
 
 
 
つまり「お金」に自分の「人生」を捧げ、
 
「お金」にひれ伏して生きていた
 
言っても過言ではないと思います。
 
(´・_・`)      
 
 
 
 

稼ぎの悪いダメなパパ    

 
 
 
また「その時のボクの気持ちは」というと、
 
「稼ぎの悪いダメなパパで申し訳ないなあ。
 
これでは、娘は、シアワセじゃないよなあ。」
 
と、自分を責めボクの子どもとして生まれてきた娘を、
 
「不幸」な娘と決め付けて嘆いていました
 
(´・_・`)      
 
 
 
 

お金にシアワセを依存させていたボク      

 
 
 
ボクは、自分のシアワセも、娘のシアワセも、
 
すべて、お金によって決まるというくらいに、
 
お金にシアワセを依存させていました。
 
 
 
 
お金があれば、ボクも娘もシアワセになれるのに…。
 
でもお金がないから、ボクも娘も不幸だと…。
 
(´・_・`)
 
 
 
 
結局、ボクは、
 
【豊かさ】も、【人生】も、【シアワセ】も、
 
すべて、お金に依存していました
 
 
 
 
そして、娘は、そんなボクに追い討ちをかけるかのように、
 
病気になり、事件や事故を起こして、
 
ボクを経済的・精神的に、窮地へと追い込みます……。
 
 
 
 
また、暗いことを書いちゃってすみません。
 
(´・_・`)
 
 
 
次回は、少し明るいことを書けると思いますので、  
 
よかったら、引き続き、お付き合いくださいね。