コンテンツへスキップ

【それだけのこと】

しばらくして、コトハが2杯目のアイスコーヒーを持ってきた。というより、僕がアイスコーヒーを飲みたいと思ったとおりにコトハが動いて、アイスコーヒーを持ってきた。

コトハは、相変わらず静かだが力強い言葉で話す。

「お兄ちゃん、自分を責めないでね。今回の経験はお兄ちゃんの中の罪悪感を知るためには、とってもいいことだったの。コトちゃん、最初にお兄ちゃんは永遠に生きるって教えてあげたよね。」

僕は、もう忘れていた。

確かに、「人は永遠に行き続ける」とコトハは言っていた。ヒマワリは冬に枯れるが、また春になると芽を出す。だからヒマワリは永遠に行き続けていると。だから「僕もコトハも10万歳だ」と。

コトハは言う。

「現在は過去だし、現在は未来。だから現在を変えれば、過去も未来も勝手に変わるの。

いずれにしても、お兄ちゃんはいつか不幸を選択するのを止めて、幸せを選択しなければならなかった。

そうしなければ、ユリさんと結婚したとしても別れることになっていた。もし、子供が生まれていたら、今よりもっと大変なことになっていた。だから、結婚の前に別れられたのは、ある意味幸いなことだったのよ。」

「あのな~。そう勝手に別れるって決め付けないでくれないかなぁ。オレもそこそこ傷付いてるんだからさあ。」と、僕は口をはさんだが、コトハの口は止まらない。

「お兄ちゃんは、今、罪悪感のケアレスウィスパーに耳を傾けるのを辞めて、幸せを選択すればいいの。そうすれば過去も未来も変わる。

お兄ちゃんがやることは、『今、幸せを選択する』こと。

『ケアレスウィスパーに耳を貸さない』と決心すること。

それだけなのよ。」

コトハは、僕が分かったような分からないような顔をしているのを見て補足した。

「もう少し丁寧に説明するね。

まず、素直な本当のお兄ちゃんの心の声を、お兄ちゃん自身がちゃんと聴くの。次に彼女や家族や友達に、正直な本当のお兄ちゃんを伝えるの。それが、幸せを選択するということ。

その素直な本当のお兄ちゃんを受け容れるかどうかは、その人たちの自由。

本当の気持ちを新しい彼女が受け容れるかどうかは、その新しい彼女が決めること。

でも、その新しい彼女の選択によって、お兄ちゃんの幸せが左右されるのではない。

本当のお兄ちゃんの気持ちを受け容れない彼女と付き合っても、どうせお兄ちゃんも彼女も幸せになれない。

とにかく、お兄ちゃんは周りの人に全否定されたとしても、本当のお兄ちゃんを自分にも周りの人にも伝えていく。

そうやって、『お兄ちゃんは、お兄ちゃんらしく生きる!』って覚悟を決めるの。

それが、お兄ちゃんが幸せを選択して生きるっていうこと。

それだけのことなの。」

セミも、コトハと同じく、力強く鳴いている。

ミーン、ミー、ミー、ミー…。

 

つづく

 

【もう一つの質問】

 

 

落ち込んでいる僕を励ましたいのか、それとも、僕の気持ちを全く察していないのかは分からないが、コトハは明るい声を出して言った。

「それじゃあ、お兄ちゃん、もう一つ質問ね!

頭を柔らか~くして。想像してみてね~。」

コトハは、また、ニヤニヤしている。

 

「じゃあ、行くよ~。

お兄ちゃんは、今まで、何年生きて来たのでしょうか?」

「何年って、24年に決まってんじゃん。24歳なんだから…。」と、僕が、いじけたような力のない声で答えると、コトハは、僕をからかうかのように言う。

「ブブブブッ、ブブブブッ~!お兄ちゃんは、全然、分かってないね~!コトちゃんの話をちゃんと聴きなさい!」と、僕の頭を軽く叩くのだった。

「さっき、人は永遠に生き続ける、って言ったじゃない!」

「永遠に生き続ける?」と冴えない声で、僕が応えると、

「そうよ!

だから〜、お兄ちゃんは何年生きてきたのでしょお~か?」

と、コトハは、『もう一つの質問』を繰り返した。

「ん?オレが生まれる前から、オレは生きてきたって、オレに言わせたい…?」

と、僕が言い終わるか終わらないうちに、

「ピンポン!ピンポン!ピンポーン!」

と、コトハは、また、からかうように言い、「だから、お兄ちゃんは、何年、生きてきたのでしょ~うか?」と更に『もう一つの質問』を繰り返した。

「え、そんなの分からないよ。」という僕に、コトハは、得意げな表情をして、説明を始めた。

「『約10万年前に、ヒトはアフリカで誕生した。』という説が、今、一番有力なの。だから、お兄ちゃんも、コトちゃんも、10万年生きてきたの。つまり、お兄ちゃんも、コトちゃんも、10万歳なの!」

からかうように話すコトハの笑顔に、僕の気持ちも少し晴れてきた。

そして、「よく分かんないけど、まあ、そういうことにするかっ?」と、僕は照れ笑いで返した。

庭のヒマワリたちも笑っている。

 

 

 

つづく

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

【人は永遠に生き続ける。】

 

 

頭の中が真っ白になった僕は、コトハが目の前にいることを忘れ、なにやら一人で考えごとを始めた。

そう言われれば、今まで、「幸せになろう」なんて考えたことがなかったかもしれない…。

幸せを求めること自体、

はかない夢…、

手に入れられないもの…、

不可能なもの…、

そう思っていたのかもしれない…。

とりあえず、今、それなりにお金を稼いで…、

それなりに生活ができて…、

それなりに頑張って…、

友達と酒を飲んで…、

それで、十分じゃないか…、

そう思っていた。

というより、そう自分に言い聞かせてきた…。

もし、コトハに「それが幸せ?」って訊かれたら、「そう思うしかないだろ?それが、大人っていうもんだよ。」と答えるんだろうな、と、僕はいつの間にか、コトハの質問を先回りして考えるようになっていた。

もしかしたら、コトハの言う通り、僕は幸せになるという選択肢を捨て、不幸を選択して生きてきた、ということなのだろうか…。

僕は、なんだか一人で、そんな考えごとを始めていた。

そして、思わず言ってしまった。

「確かに、オレは幸せを選択しなかったのかもしれないな…。」と。

すると、突然、コトハの笑顔が目の前に現れた。

「だから~!。お兄ちゃん、ちょっと私の話に付き合ってよ!」

と、コトハがニコニコ笑っている。

コトハが目の前にいたことを忘れ、本音を漏らしてしまった僕は、恥ずかしさを覚え、「6歳も年下の妹に本音を言ってしまった…。」と、後悔した。

しかし、そんな僕の気持ちを察する様子もなく、コトハは話を続ける。

「まず、お兄ちゃんに分かってもらわないといけないことは…。

『人は永遠に生き続ける。』っていうことなの!」

「はぁ?」と、僕は、あっけに取られた。

そして、とっさに、

「コトハは、頭がおかしくなったのだろうか?

いや、きっと、変な宗教にハマってしまったに違いない。」と、思った。

と、同時に、本音を漏らした恥ずかしさを忘れ、冷静さを取り戻した。

「コトちゃん、何か変な宗教に入ったんだろう?

今まで、死ななかった人間は一人もいないだぜ。

コトちゃんは、何歳まで生きると思ってんだよ。

仮にコトちゃんが、永遠に生きるとしても、オレがあと100年以上生きることは、絶対にないんだぜ。」

しかし、コトハは落ち着いた口調で応える。

「確かに、お兄ちゃんの言っていることは間違いじゃない。でも、肉体の死は魂の死ではないの。

例えば…。

そこのヒマワリを見て。」

と、窓の外に見えるヒマワリを指差した。

庭には、50本くらいのヒマワリが、真っ青な夏空と白い入道雲を背景にして、乱雑だが力強く咲いている。

その時、セミたちが、「ミーン、ミー、ミー、ミー!」と、大きい声で鳴き始めた。

 

 

 

つづく