コンテンツへスキップ

続・幸せの方程式(17)

【潜在意識 ⑦ タコ墨(すみ)】

 

 

シャンカールは言う。

 

「彼はあちらの世界で優秀な内科医だった。

医大を卒業後、僅(わず)か5年で内科クリニックを開業するというスーパードクターだ。

彼はクリニックに最新鋭の医療器具を揃えた。

自分の内科医としての腕前と最新鋭の医療器具があれば、間違いなく地域一番のクリニックになることを彼は確信していた。

そして、自分に相応しい立派なマイホームと高級外車も購入し、開業時には、2億円近いローンを抱えた。

 

しかし、患者さんは思った以上に集まらなかった。

そこで、彼は、ローンの返済資金回収のために、診療報酬の点数稼ぎに専念し始めた。

患者さんの病状がそれほど深刻でなくても、『一応、検査しますね。』と言って、患者さんにできるだけたくさんの検査を受けさせ、『念のため。』と言っては、多様多種の予防摂取を行い、薬は3日分で十分な場合でも7日分を処方した。

 

必要以上の検査。

必要以上の処方箋。

必要以上の注射。

 

薬や注射、放射線を必要以上に投与することが、患者さんの害になることを承知しながらも、彼は自分の収入を優先してしまった。

その結果が、あれだ。

だから、ああして、患者さんたちに恨まれているのだよ。」

 

よく見ると猛禽は普通の猛禽ではない。

 

人間の顔をしている。

 

しかも、その表情には、怒りや憎しみ、恨みが込められている。

 

と、その時、男が大きな声で叫んだ。

 

「俺はもう二度とやらねえ!

本当に悪かったあ!

許してくれえ!」

 

男は泣きながら叫んでいた。

 

すると、男の目の前に、真っ黒い物体が現れた。

 

それは、海の中をゆったりユラユラ泳いでいたタコが、自分に向かって来る巨大ザメを200メートル前方に発見し、慌(あわ)ててリラックスモードから戦闘モードに切り替え、お腹に溜めておいた真っ黒なタコ墨(スミ)を全身の力を込めて、一滴残らず吐き出したかのような、真っ黒い物体だった。

 

そして、巨大ザメが、「一刻も早く空腹を満たさなければ、オレは死ぬかもしれない!」と心の中で叫びながら、墨を吐いても逃げ切れないタコを一口で丸呑みし、自分の喉の幅より大きいそのタコを、喉を無理やり押し広げて通過させ、空っぽになっている自分の胃袋に「ゴクリッ」と呑み込んでしまうように、

男の目の前に現れた真っ黒い物体は、男を丸呑みした。

 

そして、男も、真っ黒いタコ墨のような物体も、スーッと静かに消えていった。

 

「な、な、何だ?あれは?」

 

僕がそう思うと、シャンカールが応えた。

 

「ブラックホール。

 

別名を産道とも言う。」

 

 

 

つづく

 

 


 

 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

続・幸せの方程式(3)

 

第一章 有イコール無

 

【 有=無 ① 海 】

 

 

 

僕の目の前には、真っ青な光景が広がっている。

 

青というよりは、青色に黒を混ぜたような、濃厚な藍色の液体の中に僕はいる。

 

僕は、上下、前後、左右に、ゆったりと穏やかに揺れている。

 

ゆらりゆらりと揺れる母親の背中におぶさりながら、「ね〜んね〜ん。ころ〜り〜よ。おこ〜ろ〜り〜よ〜。」という子守唄を聴いていた時のような安堵感を覚える。

 

 

「これは、きっと、海の中だ。」と、僕は直感的に確信した。

 

その直感を揺るぎないものにするごとく、僕の耳には、ザブウーン、ザブウーン、という波の音が入って来た。

 

その波の音の間には、ブクブクブクブク、という水の弾ける音も混ざっている。

 

 

波はとても穏やかだ。

 

ゆっくりと。ゆったりと。

 

ザブウーン、ブクブクブクブク、ザブウーン、ブクブクブクブクと子守唄のようなさざ波が僕の気持ちを安らかにする。

 

 

僕は、心地良い波の揺れとさざ波の音に癒され、まどろみに落ちていった。

 

 

が、急に目の前の藍色が明るくなり始めた。

 

濃厚な藍色は、透明性を増し、マリンブルーから水色へとその色を変化させていった。

 

そして、次の瞬間、白と黄色の入り混ざったまぶしく燦々(さんさん)と輝く一点の光が僕の眼孔に入って来た。

 

「うわっ!太陽だ。眩しい!皮膚が焼けるように熱い!」と僕は小声で叫びながら、まぶしく輝く光をさえぎるため、とっさに自分の右腕を目の前に回した。

 

 

すると、僕の体は、フワッと軽くなり、上へ上へと垂直方向に上昇を始め、僕は海から離脱し始めた。

 

臼(うす)に入れられ、杵(きね)で力強く叩きつけられ、粘性と弾力を身につけた、アッツアツの湯気を出している、真っ白く艶(つや)やかな大きいお餅から、ピンポン球サイズのお餅をちぎり取る時に、すーっと一本の糸が引かれるように、僕の体は糸を引きながら海から分離した。

 

 

僕のカラダは、その粘性を帯びた糸から切れ離されると、鳥の羽毛のようになった。

 

そして、体重は限りなくゼロに近づき、猛烈なスピードで宙をさまよい始めた。

 

 

 

つづく

 

 


 

 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」