コンテンツへスキップ

幸せの方程式(18)

【潜在意識⑧ 自分で作った運命】

 

 

シャンカールは続ける。

 

「彼は、チャンスをもらったのだよ。

彼はああして、猛禽の餌食になり、痛い目に遭いながら反省し、新しい運命を決断した。

 

彼は、今、あちらの世界で、1500gの未熟児として、生まれているだろう。

生命力が弱いため、『オギャー!』という産声(うぶごえ)も発せらないで生まれているはずだ。

 

彼は、生命力の弱い父と生命力の弱い母の、子どもになることを決心したようだ。

彼は、生まれた時から、難病を背負うだろう。

小学校にも中学校にも登校できず、青年期をずーっと病院で暮らすことになるだろう。

しかし、その後、彼は医者になる。

 

彼は猛禽の餌食になり、痛い目に合いながら考えた。

『自分が、病気でトコトン苦しめば、自分が医者になった時、患者の気持ちにしっかり寄り添えるのではないだろうか。

そうすれば、前回のように患者の気持ちを無視してお金を稼ぐようなことはしないのではないだろうか。』とね。

 

彼は立派な医者になり、患者の治療に専念するだろう。

そして、そのことに、金銭的な報酬以上の喜びと生き甲斐を感じることだろう。

 

彼は、そういう計画を立てて、あちらの世界へ行った。

きっと、彼は、その計画、すなわち『自分で作った運命』を全うす…。」

 

近くにいる誰かが、いたずらで僕のリモコンの『一時停止』ボタンを押し、僕が観ているDVD映画を突然ストップさせたかのように、シャンカールが、突然、静止した。

 

僕は、目を開けた。

 

シャンカールは、僕の目の前に座り、真正面から僕に対面している。

 

僕は、硬く小さな椅子に腰掛けている。

 

ここは、公園の白いベンチではない。

 

今度は、こちらの世界のシャンカールが口を開いた。

 

「潜在意識が分かってきたかね?」

 

僕は、現実と潜在意識とのギャップに戸惑いながら、目を瞬(まばた)きさせ、最後に3秒間「ギューッ」と力を入れて瞼(まぶた)を閉じ、再度、目の前のシャンカールに向かった。

 

「人間は、生と死の両方を同時に体験している。

 

眠っている時は死に近く、目覚めている時は生に近い。

 

しかし、必ず、生と死の両方を同時に体験している。

 

だから、生だけの生はなく、死だけの死もない。

 

この世に男性だけの世界がなく、女性だけの世界がないのと同じだ。

 

そして、ユウは、寝ている時、自分で作った夢を自分で見ている。

 

目覚めている時、自分で作った現実を自分で見ている。」

 

 

つづく

 


 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」

 

続・幸せの方程式(15)

【 潜在意識⑤ 猛禽(もうきん) 】

 

「お酒を呑んで酔っ払っているのだろうか?」

その人物は、身長180cmくらい。体型からして男のようだが、足元は完全にフラついている。

よく見ると、その男が黒いのではなく、黒い物体が、その男の周りを取り囲んでいるようだ。

「猛禽(カラス)?」

約20羽の真っ黒な猛禽が、カーカーと声を張り上げながら彼を取り巻いている。

まるで彼をイジメているようだ。

通常、猛禽は、ネコが車に引かれると、ロバの耳のように聴覚を澄ませ、イヌの鼻にも負けないくらいに鋭い嗅覚でネコの死を嗅(か)ぎつけ、道路の脇に跳ね飛ばされ置き去りにされているネコの屍(しかばね)を目がけ、最短距離で一直線に全速力で飛んで来る。

猛禽が現場に到着するまでにかかる時間は、救急救命士の運転する救急車が現場に到着するまでの約1/ 100 だ。

猛スピードでネコの屍に到着した猛禽は、その脇1メートルくらいのところを人間の運転する車が横切って行くにも関わらず、そこから逃げない。

猛禽は、「人間の乗る車は、ネコの屍を避けて通る習性がある」ことを知恵深く知っているからだ。

それほどに頭の良い猛禽だから、ネコの体の中で、もっとも美味しい場所が何処かということも当然、熟知している。

なので、ネコの屍に一番最初に到着した猛禽は、胃、腸、肝臓というもっとも美味しい内臓ホルモンを我が食材にするために、迷うことなく脇目も振らず、フォークのように尖ったクチバシを「ブサッ!」とネコの肋骨の内部に突き刺す。

 

お腹を空かせた人間が、白いナプキンを首に掛け、だ液を口の中に大量に分泌させながら、茹でたてナポリタンにフォークを刺し、「クルックルッ」と小刻みに手首を回し、赤オレンジ色の麺をフォークの先端に絡(から)みつかせるように、

フォークのようなクチバシをネコの肋骨の内部に突き刺した猛禽も、「クルックルッ」と自分の首を小刻みに回し、血のついた麺状の胃や腸や肝臓を、自らのクチバシに絡みつかせ、ネコの肋骨奥深くから引き抜く。

そして、その猛禽は、「遠くから見られると金魚(きんぎょ)の糞(ふん)みたいでカッコ悪いんだけどなあ。」と恥ずかしさを感じながらも、

人間がつけ麺を2本の箸で摘まみ上げ、左手で持つお碗(わん)のカツオダシ麺汁(めんつゆ)に、その麺を浸そうとする直前みたいな宙ぶらりんの状態で、

内臓ホルモンをクチバシにくわえたまま飛び立ち、他の猛禽の目に付かない安全な場所まで遠ざかってから、新鮮な最高級食材に舌つづみを打つ。

一方、日頃の訓練と経験が足りず、10分遅れで到着した二番手以降の猛禽たちは、一番美味しい内臓ホルモンが既に奪われてしまっていることに失望しながらも、「内臓の次に美味しい部分、すなわち頭蓋骨の中に眠っている脳味噌を、自分の空きっ腹に放り込まなければ気がすまない!」と意気込み、道路工事で使うツルハシのように尖った自分のクチバシを、ダチョウの卵よりも硬いネコの頭蓋骨に、「カツンッ!カツンッ!」と何度も何度も打ちつける。

そうして、頭蓋骨が「パカッ!」と割れると、カニ好きの人間がカニの殻を割いて殻にこびりついているカニ味噌まで舐め尽くすかのように、猛禽もネコの頭蓋骨にこびりついている脳味噌の全てを舐め尽くすようにして食べる。

まさに、そのようなことが目の前のヨロヨロと歩く男に行われている。

 

 

つづく

 

 


 

 

「続・幸せの方程式」を最初から読む。

あなたの愛と価値がわかり、シンクロが起こる心理カウンセリング

心理カウンセリング無料体験のご案内

本当の自分に出会う物語「コトちゃんは引きこもり」

短編「幸せの方程式」