コンテンツへスキップ

【新しい彼氏と幸せになってくれよな】

 

 

「ユリちゃ…?!」

 

僕の心臓が、また、止まった。

 

「ユリちゃん、ロトール辞めたって。

 

コトちゃんが…。」

 

「そんなこと、どうでもいいわ。ビールも頼む?」と無愛想なままユリが尋ねる。

 

僕は何も言葉が出てこず、ただ首を横に振り「ビールはいらない」と応えた。

 

「座っていい?」と、ユリが言う。

 

僕は、止まった心臓がどうにかなりそうだと思いながら、ただ頷き「いいよ。」と伝えた。

 

僕は何をして良いか分からず、パスタにフォークを指しクルクルっと回転させた。

 

そして、フォークに絡まったパスタを口に入れた。

 

味が分からない…。

 

すると、ユリが静かに口を開いた。

 

「おいしい?」

 

僕は、頷いた。

 

「コトちゃんに頼まれたの。

 

『ノリくんが来るからパスタ作ってあげて』って。

 

ついでにお説教もされちゃった。

 

『新しい彼氏のために、ちゃんと反省しなきゃならない』って。」

 

僕は「新しい彼氏」「お説教」という言葉を聴いて、パスタを吐き出しそうになったが必死でこらえ、それをゴクリと飲み込んだ。

 

「はあ…?」

 

僕は、開いた口がふさがらなくなった。そして僕の口から、次から次へと言葉が出てきた。

 

まるで、ペットボトルに詰め込まれ、上下左右にシェイクされたコカコーラが、キャップを開けた瞬間に、一気に外へ飛び出すように。

 

「ユリちゃんごめん。

オレ正直じゃなかった。

オレ、ホント素直じゃなかった。

ホントごめん。

オレ、ユリちゃんを信じなかった。

ユリちゃんを信じたくなかったんじゃない。

信じられなかった。

というより、オレ自分が信じられなかった。

オレ本当にダメな男だから。

仕事もできない。

稼げない。

家も買えない。

車も買えない。

海外旅行にも連れて行けない。

だからオレは、ユリちゃんに愛されるはずがない。

オレはユリちゃんに馬鹿にされる。

ユリちゃんに軽蔑される。

そう思った。

オレ、恥ずかしい思いをしたくなかった。

オレのプライドが許さなかった。

自分がユリちゃんに愛されない現実に直面するのが怖かった。

それだけじゃない。

オレは、ユリちゃんを独占しようとしてた。

自分でもわからないけど、ユリちゃんが他の男と話すのが耐えられなかった。

オレは嫉妬してしまう自分をコントロールできなかった。

ユリちゃんの幸せを願えない自分がいることにも気付いた。

こんな汚いオレはダメだ。

経済力がないだけじゃない。

オレは心も汚い。

だからユリちゃんと結婚すべきじゃない。

そう確信した。

とにかく、オレは正直じゃなかった。

オレにとっての一番の幸せは、ユリちゃんとの楽しい会話。

そして、一緒に音楽を楽しむことだった。

そして、このウィンナーペペロンチーノと缶ビールが一本あれば、それ以上の贅沢は必要なかった。

それだけあれば、オレは幸せだった。

それが、オレの正直な気持ちだった。

それなのに、オレはその気持ちをユリちゃんに伝えなかった。

ほんと、オレ正直じゃなかった。」

 

僕は、堰(せき)を切ったように、一気に話し切った。

 

そして、一口、コップに入っていた水を飲み、「オレ、それだけはユリちゃんに伝えたいと思った。ユリちゃん、新しい彼氏と幸せになってくれよな。」

 

と言い残して帰ろうと思った。

 

が、僕がその言葉を出す前にユリが声を出した。

 

「ノリくん、新しい彼氏になってくれない?

 

ノリくん、私と一緒に幸せにならない?

 

ノリくんと私は一つ。

 

私は、ダメダメなノリくんとじゃなきゃ、うまく生きていけない。

 

私、別に贅沢なんかしたくない。車も要らない。マイホームも要らない。

旅行に行きたいとも思わない。ノリくんの純粋さと優しさ以上に、私にとって価値あるものはない。本気で、そう思ってる。」

 

と言って、笑う。

 

僕は耳を疑った。

 

信じられなかった。

 

でも、確かに、ユリは言った。

「一緒に幸せにならない。」?

「私とノリくんは一つ。」?

「ダメダメなノリくんとじゃなきゃうまく生きていけない。」?

 

「どこかで聞いたセリフだな…。」と心の片隅で思いながらも、僕の目からは、涙が込みあがってきて止まらない。鼻水も止まらない。止まっていた心臓が、蒸気機関車の溶鉱炉のように激しく鼓動し始めた。

 

その時、ユリの後ろを一人のウェイトレスが通りかかった。

 

左手のお盆に、氷入りのアイスコーヒー。

 

右手に、卒業証書?

 

ニコニコというより、ニタニタした表情で、僕を見て笑っている。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

【1円玉より小さい何か】

「罪悪感があるからよ。」と、コトハは言った。

僕はまた、いつの間にか、目の前にコトハがいることを忘れていた。そして、そのコトハの言葉に、僕は心の内を見透かされているような気がして大きく動揺した。

胸の呼吸か心臓の鼓動かは分からないが、胸の奥が、やたらドキドキしている。ただ僕は無言のまま、コトハの目を見つめている。

コトハは静かに続けた。

「お兄ちゃん。コトちゃんの言ってること、頭では分かるのよね。でも感情が付いて来ないんでしょ。実際、『みーんな一つ』っていうことは、お兄ちゃんが言った通り、『当たり前で普通のこと。』それが現実なの。

この世の中も、この世界も、調和していて平和で愛に満ちて一つになっている。そして、とても暖かい。それが現実なの。

でも、お兄ちゃんは、その当たり前で普通のことを受け容れられない。だからお兄ちゃんは、頭と心がバラバラになっているみたいで混乱している。お兄ちゃんの感情は、調和していることを受け容れられない。お兄ちゃんの感情は、世界が愛で満たされているという現実を拒否したがっている。そのお兄ちゃんの感情が…。」

と、少し間を空けてから続けた。

「それが、まさに、『罪悪感』なの。」

僕の胸は、まだドキドキしている。

「何で、コトハは、僕の心の内が分かるのだろうか?」と、僕は心の中でつぶやいている。

コトハは、声のトーンを急に上げた。

「じゃあ、コトちゃん基礎講義もそろそろ最後ね!お兄ちゃんの頭も、だ~いぶ、柔らか~くなってきたみたいだしねえ。お兄ちゃん、もう一回、頭を柔らか~くして、考えてよ~。まずは、これ受け取って!

はい!」

と、コトハは、僕の気持ちは意に介さないという調子で明るく言い、1円玉よりも小さい何かを、僕に投げた。

僕は、その小さくて軽い何かを、両手ですくうようにして受け取った。

両手の中には、「ヒマワリの種?」が一粒入っていた。

「じゃあ、問題ね!そのヒマワリの種と宇宙、どっちが大きいでしょうか?」

「そりゃあ、宇宙のほうが大きいだろ?」と、僕は、力なく答える。

「ピンポーン!せいかーい!」というコトハの明るい声は、僕の力の無い声とは対照的だ。

「確かに今はそうね。じゃあ、昔は?

そのヒマワリの種と宇宙、どっちが大きいでしょうか?」

「えっ昔? 昔も、宇宙より、ヒマワリのタネが小さいに決まってんだろ?」と僕は、心の中で思ったが、その解答を口に出すのをやめた。

たぶん、コトハは、昔はヒマワリの種のほうが宇宙より大きかったと言わせたいのだろう。でも僕には、ヒマワリの種のほうが宇宙より大きいとは言えそうに無い。僕がそう心の中で思っていると、コトハが声を出した。僕は、何も答えていないのに。

「お兄ちゃん、だ~いぶ頭が柔らかくなってきたみたいね~。

そうなの! 宇宙は昔、ヒマワリの種より小さかったの。」

セミたちは、まだ静かにしている。

 

 

つづく

 

 

【あたり前で普通のこと】

ミーン、ミー、ミー、ミー…。

セミの声が、やけにうるさい。

僕の頭は混乱している。

「僕が?コトハを?『思い通りに』?動かしている?どういうこと?」

茫然としている僕に、コトハは穏やかな声でゆっくり続けた。

「逆に、コトちゃんがお兄ちゃんの体を動かしたこともあったよね?」

「えっ?そんなことあった?オレが、コトちゃんに動かされたってこと?」

「うん、そうよ。コトちゃんが小さかった時、コトちゃんよく公園でいじめられてたよね。それでお兄ちゃん、よく助けに来てくれたじゃない。」

「はあ?コトちゃんがいじめられてたら、助けに行くなんて、別に当たり前っつうか普通のことじゃん。」と、僕は、混乱していたが、力なく応えた。

すると、コトハが力強い声を出した。

「さすがお兄ちゃん!良いこと言うわ!

その当たり前で普通のことが、ぜーんぶ『一つ』っていうことなの!

当たり前で、普通だから、なかなか、そのことに気づけないのよ!」

まだ、僕は混乱している。

コトハの言葉が耳に入るのを拒もうとする自分が、自分の中のいる。

「僕が『コーヒーを飲みたい』と思ったから、コトハがコーヒーを持ってきた?

コトハがいじめられ、『助けて欲しい』と思ったから、僕がコトハを助けに来た?

表現を変えれば、僕が思った通りに、コトハの体が動き、コトハが思った通りに、僕の体が動いている。そういうことを、コトハは言いたいみたいだ。

さっき、僕は、『オレはコトちゃんの体を動かせない。だから、オレとコトちゃんが、一つっていうのは、おかしい。オレとコトちゃんは、別個な存在で、それぞれが、自由にバラバラに動いている。』と、自信を持って言った。

しかし、僕の言ったことは、間違っていたのだろうか?もしかすると、僕は、今まで、間違った常識を持っていたということなのだろうか?」

僕は、自分が否定されたように感じた。コトハの言うことを拒もうとしている自分がいる。

しかし、『僕の思った通りに、コトハが動き、コトハが思った通りに、僕が動いている。それが、現実。』

そう考えると、それだけで、何故か、胸の奥が温まるような不思議な感覚がある。

温かな両手を胸に当てたような…。

『僕が思った通りに、コトハが動き、コトハが思った通りに、僕が動いている。それが、現実。』

なぜなのかはわからない。とにかく、そのことを想像すると、肩の力が抜けるような安堵感を覚える。うるさかったセミの声も、心地よく感じる。

セミが、僕の暑さをまぎらすために鳴いてくれている…。

ミーン、ミー、ミー、ミー…。

 

 

つづく