コンテンツへスキップ

【お兄ちゃんの素晴らしさに気づかせてなるものか!】

コトハは、語気を強めて言う。

「お兄ちゃんは、確かに勉強もできない。仕事もできない。お金も稼げない。

でも、お兄ちゃんには、優しさが『ある』の。お兄ちゃんには純粋さが『ある』の。」

「褒めてるんだか、けなしてるんだか、分かんないんだけど…。」と、いじけるように応える僕。

「褒めてんのよ!コトちゃんも、そんなお兄ちゃんに何度も、助けられたわ!

コトちゃんが引きこもっている間、お兄ちゃんは、本当に優しかった!

お兄ちゃんはコトちゃんを一度も馬鹿にしなかった!

引きこもっているコトちゃんを、ただそのまま受け容れてくれた!

コトちゃんを信じてくれた!

お兄ちゃんはお父さんやお母さんに、こう言ってくれた。『まあ、コトちゃんもそういう時なんだろ。コトちゃんにも何か訳があるんだろう。コトちゃんがお父さんお母さんを大切にする気持ちに変わりはないんだから、大丈夫だろ。』って。」

「そんなの、別に普通だし。オレだって、よく凹んで引きこもってるし…。」と、僕はコトハをかばうように言った。

「まだお兄ちゃんは、そんなこと言ってる~!

罪悪感はお兄ちゃんに、自分の素晴らしさを気づかせないようにしてるの!

お兄ちゃんが、お兄ちゃんの素晴らしさに気づいたら、お兄ちゃんは幸せになってしまう!

だから、『お兄ちゃんの素晴らしさに気づかせてなるものか!』って、罪悪感は、必死に、お兄ちゃんにウソをついてる。

『お兄ちゃんには、価値がない。お兄ちゃんが素晴らしいわけがない。』って、お兄ちゃんの耳元で『コソコソコソコソ』囁き続けているのよ!」

「だから、その『コソコソコソコソ』はやめろっつうの。」と、僕はツッこんだ。

が、コトハは、僕の突っ込みに反応しない。相変わらず静かに力強く話を続ける。

「罪悪感は、そうやって、お兄ちゃんに不幸を選択させる。

そして、罪悪感はよく『完璧主義』を利用する。

罪悪感が、『お兄ちゃんは完璧じゃない』って囁くの。

『お兄ちゃんには完璧なやさしさが無い。お兄ちゃんには完璧な純粋さがない。だから、お兄ちゃんはダメなんだ。』って。

いくらお兄ちゃんの純粋さや優しさが、コトちゃんを救ったとしても、罪悪感が『お兄ちゃんの優しさや純粋さは完璧じゃない』って囁くの。

そうして、『お兄ちゃんは価値がない』っていうウソをお兄ちゃんに信じ込ませているの!」

と言い終ったところで、コトハが「ハッ」としたような表情をして言った。

「アイスコーヒー。もう一杯持ってくるね。」

また僕は、コトハに心の内を見透かされた。

僕が「ちょっと疲れた。一休みしたい。」と思ったからだ。

セミは、まだ、元気に鳴いている。

ミーン、ミー、ミー、ミー、ミー…。

 

つづく

 

【ケアレスウィスパー】

コトハが、言う。

「とにかくお兄ちゃんは、『ユリさんと一つ』という普通で当たり前の状態にいた。でもお兄ちゃんは、不幸を選択してその状態から離れてしまった。きっかけは、お兄ちゃんが会社をクビになったこと。」

僕は、「クビじゃねえし。自己都合退職だし…。」と、言い訳するかのようにブツブツ反論したが、相変わらずコトハは、静かに力強く話し続ける。

「ところで、お兄ちゃん。会社をクビになることと結婚。何か関係があるの?」

僕は、「コトハのやつ、またクビって言ったな。」と少し腹を立てながら、

「そりゃ、そうだろ!稼げなきゃ旅行も行けない。マイホームも持てない。車も買えない。外食もできない。そんなんで、結婚できるわけないだろ!」と言った。

コトハは、返す。「その、お兄ちゃんの、『行けない。』『住めない。』『買えない。』『できない。』『ない。ない。ない。ない。』っていうのが、お兄ちゃんの罪悪感なのよ!それは、本当のお兄ちゃんじゃないの!」

「また、コトハが難しいことを言い出したな。」と、僕は少し気が重くなった。

「罪悪感を例えて言うなら、ケアレスウィスパーよ。 妖怪ウォッチのウィスパーじゃないからね。」 と、コトハは僕を笑わせようとして言った。

僕は冷めた声で応じた。

「妖怪ウォッチじゃないくらいは、分かるけど…。 ワムの『ケアレスウィスパー』だろ?」

「そう。罪悪感はまさに、ケアレスウィスパー。 危険な囁(ささやき)なの。 罪悪感は、 お兄ちゃんの耳元で、『コソコソコソコソ』って囁くようにして言うの。

『お兄ちゃん。 あなたは、悪いことをした。 だから、幸せになっちゃいけないよ。』って。」

「何だか、気持ち悪いなあ。」と、僕が口を挟む。

「ごめん。ごめん。 でも実際に、罪悪感はお兄ちゃんの耳元で囁いている。そして、お兄ちゃんに不幸を選択させている。幸せを選択しようとしている本当のお兄ちゃんの邪魔をする。つまり、罪悪感が巧妙にお兄ちゃんを操って、お兄ちゃんに不幸を選択させているの。

特に罪悪感は、お兄ちゃんにウソを信じこませる…。」

「オレにウソを? 信じ込ませる? どういうこと?

オレをだますってこと?」と、僕はコトハの話をさえぎるように尋ねた。

すると、「ピンポン!ピンポン!ピンポーン!大正解!お兄ちゃん、頭、柔らかくなったね〜。コトちゃん基礎講座の卒業証書を授与してあげるわ!さっきの卒業証書没収は、取り消し〜!」と、コトハは僕をからかった。

そして、そのまま続けた。

「お兄ちゃん。そうなの!お兄ちゃんは、だまされてるの。お兄ちゃんは本当は『ある』のに、『ない。ない。ない。ない。』ってだまされてるの。まるで、罪悪感がお兄ちゃんに遠隔操作のセンサーを組み込んで、お兄ちゃんを好きなように遠隔操作してる感じなの。」

僕は、「オレが罪悪感に遠隔操作されている?そんな馬鹿な。」と、心の中でつぶやいた。

コトハはさらに続ける。

「そのお兄ちゃんをだましているウソには、大きく分けて二つある。その一つ目が?」と言って、コトハは少し間を空け、僕の目を見た。

「分かるわけねえし…。」と、僕は心の中でつぶやく。

コトハは、「僕の心の声を確かに聞きました。」と言わんばかりの表情をして言った。

「『お兄ちゃんは価値がない。』というウソよ。」

「オレに価値がない?

そうだな。

確かにオレには価値がない。」

と、僕はコトハの言葉に同意した。

「だから~!

それが、『お兄ちゃんがケアレスウィスパーのウソを信じてる』って言うことなの!お兄ちゃん、しっかりしなちゃい!」

コトハは、幼稚園児がママゴトで先生役を演じるかのようにふざけるように言い、僕の頭を軽く叩いた。

とりあえずコトハは、僕を励ましたいみたいだった。

セミたちも、ボクを励ますかのように元気に鳴いてくれている。

ミーン、ミー、ミー、ミー、ミー…。

 

 

つづく

 

【ひさかたぶりの兄妹げんか】

コトハは、声のトーンを落とし真顔で言う。

怒っているようだ。

「だから、み~んな一つなの!お兄ちゃん、自分で言ったのよ!ヒマワリの種は一つ。宇宙も一つ。お兄ちゃんも一つ。コトちゃんとお兄ちゃんも一つ。

そして、そんなの当たり前っつうか普通のことじゃんって、お兄ちゃんが言ったのよ!

だから、み~んな一つっていうことが当たり前で普通なの!

こんなヒマワリの種より小さかった宇宙が一つじゃないわけがないの!一つじゃないなんて、おかしいの!別々とかバラバラだなんて、おかしいのよ!」

コトハの怒りの感情に触発された僕は、「売り言葉に買い言葉だ!」と言わんばかりに、感情をあらわにして反撃を開始した。

「だから何なんだよ!ワケ分かんねえな!そんなもんオレの知ったことかよっ!」

こんな兄妹げんかは何年ぶりだろうか?とにかく、ひさかたぶりの兄妹げんかが始まった。

コトハは、「お兄ちゃんになんて負けないわよ!」と言わんばかりに、強い声を出した。まるで強靭に鍛えあげられた筋肉のような、硬さと強さを持った声だ。

「本当に、お兄ちゃんは鈍(にぶ)いわねっ!

お兄ちゃんとユリさんが、バラバラだなんて、おかしいのよ!」

「………………。」

僕の心臓は、止まった。

ひさかたぶりの兄妹喧嘩は、ほんの5秒で、あっけなく終了してしまった。

僕の負けだ。

今日は7月7日。ちょうど1ヶ月前に僕はユリと別れた。

しかし次のコトハの言葉が、僕の心臓に血液を循環させる仕事を再開させた。

「でも、お兄ちゃんが悪いんじゃないのよ。

お兄ちゃんの罪悪感が、一つになることを受け容れられないの。

お兄ちゃんの罪悪感が、一つになることを拒もうとするの。

お兄ちゃんの罪悪感が、不幸を選択してしまったの…。」

コトハの声は、静かで穏やかになっていた。どことなく哀しみを抱えている。

しばらくお互いに黙った。

セミが、また鳴き始めた。

兄妹げんかの熱を、一生懸命冷ますかのように…。

徐々に、僕の熱さと暑さが柔らかくなっていく…。

ミーン、ミー、ミー、ミー…。

 

 

つづく

 

 

【1円玉より小さい何か】

「罪悪感があるからよ。」と、コトハは言った。

僕はまた、いつの間にか、目の前にコトハがいることを忘れていた。そして、そのコトハの言葉に、僕は心の内を見透かされているような気がして大きく動揺した。

胸の呼吸か心臓の鼓動かは分からないが、胸の奥が、やたらドキドキしている。ただ僕は無言のまま、コトハの目を見つめている。

コトハは静かに続けた。

「お兄ちゃん。コトちゃんの言ってること、頭では分かるのよね。でも感情が付いて来ないんでしょ。実際、『みーんな一つ』っていうことは、お兄ちゃんが言った通り、『当たり前で普通のこと。』それが現実なの。

この世の中も、この世界も、調和していて平和で愛に満ちて一つになっている。そして、とても暖かい。それが現実なの。

でも、お兄ちゃんは、その当たり前で普通のことを受け容れられない。だからお兄ちゃんは、頭と心がバラバラになっているみたいで混乱している。お兄ちゃんの感情は、調和していることを受け容れられない。お兄ちゃんの感情は、世界が愛で満たされているという現実を拒否したがっている。そのお兄ちゃんの感情が…。」

と、少し間を空けてから続けた。

「それが、まさに、『罪悪感』なの。」

僕の胸は、まだドキドキしている。

「何で、コトハは、僕の心の内が分かるのだろうか?」と、僕は心の中でつぶやいている。

コトハは、声のトーンを急に上げた。

「じゃあ、コトちゃん基礎講義もそろそろ最後ね!お兄ちゃんの頭も、だ~いぶ、柔らか~くなってきたみたいだしねえ。お兄ちゃん、もう一回、頭を柔らか~くして、考えてよ~。まずは、これ受け取って!

はい!」

と、コトハは、僕の気持ちは意に介さないという調子で明るく言い、1円玉よりも小さい何かを、僕に投げた。

僕は、その小さくて軽い何かを、両手ですくうようにして受け取った。

両手の中には、「ヒマワリの種?」が一粒入っていた。

「じゃあ、問題ね!そのヒマワリの種と宇宙、どっちが大きいでしょうか?」

「そりゃあ、宇宙のほうが大きいだろ?」と、僕は、力なく答える。

「ピンポーン!せいかーい!」というコトハの明るい声は、僕の力の無い声とは対照的だ。

「確かに今はそうね。じゃあ、昔は?

そのヒマワリの種と宇宙、どっちが大きいでしょうか?」

「えっ昔? 昔も、宇宙より、ヒマワリのタネが小さいに決まってんだろ?」と僕は、心の中で思ったが、その解答を口に出すのをやめた。

たぶん、コトハは、昔はヒマワリの種のほうが宇宙より大きかったと言わせたいのだろう。でも僕には、ヒマワリの種のほうが宇宙より大きいとは言えそうに無い。僕がそう心の中で思っていると、コトハが声を出した。僕は、何も答えていないのに。

「お兄ちゃん、だ~いぶ頭が柔らかくなってきたみたいね~。

そうなの! 宇宙は昔、ヒマワリの種より小さかったの。」

セミたちは、まだ静かにしている。

 

 

つづく

 

 

【 一緒に幸せにならない? 】

 

 

「だから、お兄ちゃんは、幸せを感じられないの!」と話すコトハの声は、自信に満ちていた。

 

その時は、なぜか、コトハが10歳くらい年上の女性に見えた。

 

が、少し時間が経ち、われに帰ると、僕はコトハに怒りを覚えるようになった。

 

「コトちゃん!何、言ってんだよ!

コトちゃんは、今まで散々、お父さんやお母さんを心配させて苦労させてきたんだぜ。

そんなコトちゃんに、『だから、幸せになれないのよ!』なんて、言う資格がどこにあるんだ?」

と、僕は、コトハを口で攻撃した。

 

しかし、コトハは冷静だった。

まったく、動じる様子がない。

そして、小さな声でポツリと応えた。

 

「その怒りも、お兄ちゃんを不幸にさせている罪悪感なの。」と。

 

僕は、また、胸が裂かれる痛みを感じた。と同時に再び、妹のコトハが10歳くらい年上の女性に見えてしまった。

 

さっきまでの炎の怒りに水をかけられた僕は、冷静さを取り戻し、力の無いボソボソとした声でコトハに尋ねた。

 

「どうしちゃったんだ? コトちゃん? 急に大人になったみたいなんだけど…。」

 

「だから、分かったのよ、お兄ちゃん!コトちゃんは、お兄ちゃんを責めてなんかいないよ。お兄ちゃんは、罪悪感から怒りの感情を出してしまっただけだから。」

 

落ち着いて静かに語るコトハの声に、胸の痛みが癒されるような温かさを感じた。

 

「ところで、コトちゃん。

さっきから、『罪悪感』『罪悪感』って言ってるけど…。

何だ? その『罪悪感』って言うのは?」

 

「だから、さっき言ったでしょ!

お兄ちゃんは、『私は悪いことをしてしまった。』って思ってるということよ。

お兄ちゃんが怒ってしまったことが、お兄ちゃんに罪悪感がある証拠。

つまり、お兄ちゃんは心の中で、『僕は悪いことをしてしまった。』って、ずーっと思っているっていうことなの。」

 

というコトハの話に、今度は少し冷静になって耳を傾けたが、いまいちコトハの言っていることが理解できない。

 

「なぁ、コトちゃん。

大人って言うのは、誰だって、人に言いたくないことが一つや二つあるもんだよ。

確かに、コトちゃんの言う通り、それが罪悪感としてオレの中にあるのかもしれない。

でも、どこかで、うまく妥協して協調性を保って生きていく。

それが、大人だし大人の社会っていうもんだよ。

これからコトちゃんも社会に出ることになる。

そして、コトちゃんが仕事を始めるようになったら、そんなこと言わなくなるって。」

と、コトハをたしなめるように僕は言った。

 

「確かに、お兄ちゃんの言うとおりだと思う。

でも、だからって、なんで不幸を選択して生きていくの?

どうせなら、幸せを選択して生きたほうがいいと思わない?

もちろん、この世に幸せが無いなら、しかたがないわ。

でも、幸せがあるのに、何であえて不幸を選択して生きるの?

幸せがあるなら、幸せを選択して生きるべきよ。」

と、静かだが声にチカラが込められていた。

 

が、僕には、コトハの言っていることがよく理解できない。

「幸せ?不幸?罪悪感?

ん~。あまりピンとこないな~。

そんでもって、結局、コトちゃんは何が言いたいんだ?」

と言う僕に対し、コトハはさらに力強く答えた。

 

「お兄ちゃん! コトちゃんと一緒に、幸せにならない?」

 

「はあ…?一緒に幸せにならない?」

満面のほほえみに、僕の頭の中は真っ白になった。

 

 

つづく