コンテンツへスキップ

自分が嫌い・自己肯定できない・依存症・対人恐怖症などのお悩みへのヒント

4番目 「わくわくがシンクロを引き寄せる。」

 

▼ こちらの動画でチェック ▼

 

 

無から生じた「わくわく」を何度か感じると、

自分の「わくわく」が少しずつ明確になってきます。

そして、自分の「わくわく」に確信を持つようになると、

シンクロニシティが起こります。

 

 

「これは運命の出会い?」

「これは奇蹟?」

と感じさせられる、

偶然とは思えない出来事や、

運命を感じる人との出逢いが起こります。

 

 

思考が現実を引き寄せるというよりは、

無から出てきた純粋なわくわくが、

現実を引き寄せるということが分かってきます。

 

そのわくわくは、無から出ているので、

「無欲」「無条件」「無償」「無限」

という性質を持っています。

 

そのわくわくは、とてもパワフルに現実を引き寄せます。

 

 

▶NEXT
5番目「シンクロの流れに乗る」。

 

 

 

 


 

 

自分を好きになる方法

1番目 「無になれることを感じる。」

2番目 「無の時間を気持ちよく味わう。」

3番目 「無から有が生まれる。」

4番目 「わくわくがシンクロを引き寄せる。」 

5番目 「シンクロの流れに乗る。」

6番目 「宇宙とのつながりを実感する。」

7番目 「自分の愛・才能・価値を認められるようになる。」

8番目 「自分の愛・才能・価値をギフトとして与え、純粋な愛で人とつながるようになる。」

 

 

 

自分が嫌い・自己肯定できない・依存症・対人恐怖症などのお悩みへのヒント

3番目 「無からわくわくが生まれる。」

▼ こちらの動画でチェック ▼

 

無の時間を、気持ちよく味わっていると、

ふと好奇心のようなものが生まれるようになります。

特に理由もないし、

それをすることで得するわけではないのに、

 

ただ、「これをやってみたい。」

というインスピレーションのような好奇心が生まれます。

 

それが、「わくわく」です。

 

「わくわく」には、

見返りを求めない。

結果を求めない。

「理由はなく、ただ、やってみたいだけ。」

という特徴があります。

 

そして、その「わくわく」には、

貴方の純粋な愛・才能・価値が含まれています。

 

 

▶NEXT
4番目「わくわくがシンクロを引き寄せる。」

 

 


 

自分を好きになる方法

1番目 「無になれることを感じる。」

2番目 「無の時間を気持ちよく味わう。」

3番目 「無から有が生まれる。」

4番目 「わくわくがシンクロを引き寄せる。」 

5番目 「シンクロの流れに乗る。」

6番目 「宇宙とのつながりを実感する。」

7番目 「自分の愛・才能・価値を認められるようになる。」

8番目 「自分の愛・才能・価値をギフトとして与え、純粋な愛で人とつながるようになる。」

 

 

 

自分が嫌い・自己肯定できない・依存症・対人恐怖症などのお悩みへのヒント

2番目「無の時間を気持ちよく味わう。」

 

▼ こちらの動画でチェック ▼

 

無の時間は、とても気持ちの良い時間です。

 

カラダの力が抜けて、

ただ呼吸しているだけで、気持ち良いという状態。

 

それが無になっている時の状態です。

 

何かがあるから気持ちい良いのではなく、

ただ、呼吸をしているだけで気持ちが良いという状態です。

 

そんな無の状態が続くと、癒しが起こります。

 

心身に癒やしが起こると、

自然治癒力のチカラが、心身を健康な状態へと導きます。

 

▶NEXT
3番目 「無から有が生まれる。」

 

 


 

自分を好きになる方法

1番目 「無になれることを感じる。」

2番目 「無の時間を気持ちよく味わう。」

3番目 「無から有が生まれる。」

4番目 「わくわくがシンクロを引き寄せる。」 

5番目 「シンクロの流れに乗る。」

6番目 「宇宙とのつながりを実感する。」

7番目 「自分の愛・才能・価値を認められるようになる。」

8番目 「自分の愛・才能・価値をギフトとして与え、純粋な愛で人とつながるようになる。」

 

 

 

自分が嫌い・自己肯定できない・依存症・対人恐怖症などのお悩みへのヒント

1番目 「無になれることを感じる」

 

▼ こちらの動画でチェック ▼

 

 

・・・いかがでしたか?

 

 

瞑想を続けていると、思考と感情が一瞬途切れます。

 

その一瞬の途切れが無になっている時間です。

 

さらに続けると、

一瞬が二瞬に、

二瞬が三瞬に・・・

と、少しずつ無になる時間が長くなっていきます。

 

▶NEXT

2番目「無の時間を気持ちよくあじわう。」

 

 


 

自分を好きになる方法

1番目 「無になれることを感じる。」

2番目 「無の時間を気持ちよく味わう。」

3番目 「無から有が生まれる。」

4番目 「わくわくがシンクロを引き寄せる。」 

5番目 「シンクロの流れに乗る。」

6番目 「宇宙とのつながりを実感する。」

7番目 「自分の愛・才能・価値を認められるようになる。」

8番目 「自分の愛・才能・価値をギフトとして与え、純粋な愛で人とつながるようになる。」

 

自分が嫌いということは、悪いことではないのです。

反対に、ある意味、とても、素晴らしいことなのです。

なぜなら、それは、あなたが、とても、ピュアだという証拠だから。

あなたは、ピュアなハート、純粋な心を持っています。

だから、あなたは自分が嫌いだと感じます。

なので、自分が嫌いなことは悪いことではありません。

無理に自分を変えようとする必要もありません。

自分が純粋でピュアだから、自分のことが嫌いになってしまうのだ、

という事実を、何度も何度も自覚し認識していただくだけで良いのです。

今までは、「正直者が馬鹿を見る」時代でした。

しかし、これからは、「正直じゃない人が馬鹿を見る」時代になっていきます。

つまり、あなたが自分嫌いで、ピュアなハートを持っているということは、

これから、精神的、肉体的、経済的に豊かになることでもあります。

もちろん、苦労はあると思いますが…。

でも、あなたが、ピュアな気持ちをしっかりと握っていれば、道は開けます。

だから、恐れずに、ピュアなあなたを貫いてください。

応援しております。