コンテンツへスキップ

 

今日は、

「なぜ、瞑想すると本当の自分に気づけるのか?」

の5回目、

「具体的に本当の自分に気づくってどういうこと?」

について、お伝えしてみたいと思います。

 

これまで、

1.瞑想とは、何もしないこと。
2.何もしないと、心と体が静まる。
3.何もしなくても動いている自分に気づく。
4.何もしなくても動いている自分が本当の自分。

など、とお伝えしてきました。

 

そして、前回は実践編でしたが、

いかがだったでしょうか?

 

5秒間だけでも、

「いま、息を吸った。

いま、息を吐いた。」

を、感じたり、

観察したり、

認識してみたり、

してみていただけましたでしょうか?

 

一回やっただけでは、

なんだか訳が分からないかもしれないですが、

10秒、

20秒、

30秒、

1分、

10分、

30分、

1時間と、

瞑想していると、

 

心が静かに鎮まり、

落ち着き、

穏やかになると思います。

 

============

 そして祈ります。

 そして願います。

============

そのような状態を続けていると、

いつか、

あなたは、祈ります。

つまり、

あなたは、何かを願うようになります。

 

それが、

本当のあなたです。

 

祈りや、願いは、

あなたの無限の創造性であり、

あなたの無償の愛情表現です。

 

=============

 祈り、願いは、

 あなたの無限の創造性

 あなたの無償の愛情表現

=============

 

つまり、

あなたは、

ご自身が、

無限の創造性であり、

無償の愛であることに、

気づくようになります。

 

そして、現実に、

あなたの祈りや願いは、

あなたをわくわくさせ、

シンクロニシティを引き寄せます。

 

それくらいに、

本当のあなたから生まれた、

祈りや願いは、

現実世界に大きな影響力を与えます。

 

===========

 祈りや願いは、

 大きな影響力を

 現実世界に与える。

===========

なぜなら

祈りや願いの粒子は、とても小さいからです。

原子爆弾や水素爆弾が、

大きなチカラを持っている理由が、

「粒子が小さいから」

ということと同じです。

 

などと言い出すと、

また、難しい「物理」のお話になってしまうので、

これくらいで、終わりにしますね。

 

今日も、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

 

 

今回は、

「あなたが、自分の愛に気づけない3つの理由」

第3回目、

ネガティブな感情や行動を、自分の愛情表現として、捉えていないから

です。

 

▼動画は、こちら。
https://youtu.be/oPbZ0FCTP44

浜松市心理カウンセリング ネガティブを愛と思えない

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼プロローグは、こちら。
https://youtu.be/85fqBlM1XkU

▼その1「現実逃避しているから」。
https://youtu.be/-Njp8MEiGPY

▼その2「無意識を認識していないから」。
https://youtu.be/WofiaoKqUns
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

プロローグで、

自分に愛があるなんて信じられないかもしれません。でも、それが真実。

とお伝えしました。

 

では、「なぜ、自分の愛に気づけないのか?」 の、

第3番目の理由は、

「ネガティブな感情や行動を、

 自分の愛情表現として、

 捉えていないから。」です。

 

 親に叱られた時から

 

わたしたちは、習慣的に、

ネガティブな感情や行動を、

避けようとしたり、

見ないようにしたり、

フタをしたりします。

 

では、いつから、

そのようになってしまったのでしょうか?

 

それは、

「親に叱られた時から、そうするようになった。」

ケースが多いようです。

 

 ボク(ワタシ)は、悪い子。

 

子どもが、親に言うときは、

大抵、お父さん、お母さんに、

幸せになってもらいたいから、

それを言います。

 

しかし、親は、子どもが言ったことに対し、

「こどもは黙ってなさい!

大人には、大人の事情があるの!

子どもは、親の言うことを聞くの!

反抗期ね!」

などと、

言ってしまいます。

 

もちろん、親に悪気はありません。

しかし、それは、子どもにとって、

かなりツライことだったりします。

そして、子どもは、こう思います。

 

「ネガティブな感情を持ったり、

行動してしまう、

【 ボク(ワタシ)は、悪い子 】なんだ。

【 ボク(ワタシ)は、ダメな子 】なんだ。」

と。

 

そして、ネガティブな感情や行動を、

否定したり、

フタをしたり、

し始めます。

 

実際、子どもは、純粋に、

親に愛情を表現しただけだったのに…。

(´・_・`)

 

子どものネガティブな言動を、自分への愛情と捉えるのは、とっても難しい。

 

しかし、

親が、子どものネガティブな、

発言や言動を、

自分への愛情として受け止めることは、

簡単ではありません。

 

「老いては子に従え」ということわざがあるように、

子どもの言うことを素直に聞けば良いのですが、

「子どもの言うことを聞く」というのは、

簡単なことではありません。

なので、

親を責める訳にもいきません。

 

あなたご自身は、親にどんな反抗をしましたか?

 

そこで、まず、お試しいただきたいのが、

「あなたご自身が、

親にどんな反抗をしたか?

を、思い出す」

です。

 

例えば、もし、あなたの親への反抗が、

「家が汚い」であれば、

家を綺麗にする愛情表現で、

あなたが幸せになれる可能性があります。

 

もし、あなたの親への反抗が、

「ご飯が美味しくない。」であれば、

美味しいお料理を提供する愛情表現で、

あなたが幸せになれる可能性があります。

もし、あなたの親への反抗が、

「夫婦仲が悪い。」だったなら、

人間関係を良好にする愛情表現で、

あなたが幸せになれる可能性があります。

 

そうして、親に対するネガティブな思考や行動は、

「自分の愛情表現だったんだ!」ということに、

気づいていただけたら嬉しく思います。

 

今日も、最後までお読みくださり、

本当にありがとうございます!

 

あなたのお幸せを祈っております。

 

もし、疑問・質問等がございましたら、遠慮なくご連絡くださいませ。

 

 

今回は、

「あなたが、自分の愛に気づけない3つの理由」

2回目.無意識を認識していないから。

です。

 

▼動画は、こちら。
https://youtu.be/WofiaoKqUns

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼プロローグは、こちら。
https://youtu.be/85fqBlM1XkU

▼その1「現実逃避しているから」。
https://youtu.be/-Njp8MEiGPY
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

浜松市 心理カウンセラー 自分の愛に気づけない理由

 

プロローグで、

自分に愛があるなんて信じられない。でも、それが真実。

とお伝えしました。

 

では、なぜ、自分の愛に気づけないのか?

2つ目の理由は、

「無意識を認識していないから」です。

 

無意識を認識するということは、

「ちょっと時間ができた時に、

ふっと何を考えるのか?」

を認識するということです。

 

無意識にあなたが思ってしまうことは、無欲・無償の愛情表現

 

なぜかというと、

無意識にあなたが思ってしまうことは、

無欲・無償の愛情表現だからです。

 

例えば、

もし、自然に、ごく普通に、

何のストレスもなく、

「今日は、どんなご飯を作ろうかなぁ?」

と思ってしまうのなら、

あなたは、お料理という価値提供で、

無欲・無償の愛を表現しようとしている

ということになります。

 

そして、実際に、お料理という価値を提供し、

人様に喜んでいただけたときに、

深い喜び、すなわち、

愛する喜びを感じられます

 

無意識を認識をするのは、恥ずかしい ???

 

しかし、

意外と、無意識を認識をするのが、

難しかったりします。

 

なぜなら、

「無意識」が、

「恥ずかしい」ものであったりするからです。

 

例えば、

ふっと、無意識に思ってしまうことが、

宇宙人のことであったり、

目に見えない世界のことであったり、

男女の愛や性に関することだったり、

する場合もあります。

 

すると、

反射神経的に、

その無意識への認識を、

避けてしまったり、

遠ざけてしまったり、

ふたをしてしまったりします。

 

例えば、

自分は、変なんじゃないの?

自分は、おかしいんじゃないの?

自分は、精神病なんじゃないの?

と思ってしまうということです。

 

実際、僕は、小さいときから、

ふと気が付くと、

「シアワセって何なんだろう?」

みたいなことばかり考えて悩む、

変なヤツでした。

友達からも、

「また、悩んでるの?」

って、言われました。

(。-_-。)

 

でも、

実際は、

ふっと無意識に考えてしまうことは、

恥ずかしいことではなく、

無欲・無償の愛情表現です。

 

なので、

もし、よろしかったら、

お友達、もしくは、のぶさんに、

「実は、ふと気が付くと、

 こんなこと考えちゃうんだよねぇ…。」

って、言ってみてくださいね。

 

きっと、それが、

ご自身の愛に気づく、

きっかけになると思いますので。

(^_^)

 

 

次回は、

「あなたが、自分の愛に気づけない3つの理由」

その3.ネガティブな感情や行動を愛情表現として捉えられないから。

です。

よろしかったら、次回も、お付き合いくださいね。

 

今日も、最後までお読みくださり、

本当にありがとうございます!