コンテンツへスキップ

こんにちは

0次元カウンセラーのぶさんです!

いつも、お世話になり、ありがとうございます。

 

 

 

 

高級風船(?)を買ってよかった  

 

前回、娘が2歳の時にお祭りに行ったことを、

書かせていただきました。

 

それは、

娘が、プカプカと揺れるヘリウムガス入りの風船を欲しがって大泣きし、

ボクも泣く泣く(?) (・_・;

1,000円の高級風船を買うことなってしまった、

という話だったのですが、

 

今となっては、風船を買って、

「本当によったなぁ〜」と思っています。        

 

 

  買わなかったら娘に深い傷を負わせていた    

 

もし、例えば、ボクが

娘が泣こうが、わめこうが、

「駄目なものは駄目!」と叱って、

寝ながら泣いている娘を無理やり抱きかかえて、

その場から立ち去っていたとしたら、

娘の心に深い傷を残すことになったと思うからです。

(もしかしたら、1,000円で買ってくれると期待した

おじさんも傷つけたかも? (^_^;) )

 

 

私はお父さんを幸せにしてあげられなかった    

 

【 娘の心に傷を残す 】というのは、

 

「私はお父さんを幸せにしてあげられなかった」

「私はお父さんを助けてあげられなかった。」

「私はお父さんを幸せにできないし、その資格もない。」

「私は存在する価値がない。」

「私なんかいないほうが良い。」

「死んだほうがいい。」

 

という気持ちを、娘に刻み込んだであろうということです。

 

少し、大袈裟 ? (´・_・`)

かもしれませんが…。

 

少しだけだったとしても、

実際に、 娘の心に傷を残しただろうことは、

間違いないと思います。

 

なぜなら、 娘は、

リスクをとって、身の危険を冒して、

「お父さん、シアワセになって!」と、訴えたからです。        

 

 

インナーチャイルド  

これを、心理学的に言うと、

インナーチャイルドとか、

アダルトチルドレンとかと言うのですが、

 

子どもの時に受けた心の傷が癒やされないままだと、

大人になってからも、

友人関係、会社での人間関係、恋愛関係などで、

苦労することになります。

 

つまり、

人間関係で、必要以上に、

人間不信や疑心暗鬼を生じさせ、

生きづらくなってしまいます。        

 

 

3つ子の魂100まで       

 

日本でも「3つ子の魂100まで」 と昔から言われてきましたが、

やはり、幼い時の親子関係は、

その後の人生に大きな影響を与えます。

 

それは、幼い時の親子関係が、

人間関係の基礎・ベース・根幹・原型になるからです。      

 

 

潜在的に「私は価値がない」 という感情を抱えて      

 

例えば、先ほどの例のように、

子どもが、 リスクをとり、身の危険を冒して、

お父さんに「シアワセになって!」と訴えたのに、

それを否定され、心に傷を負ってしまったら、

 

「私は人を幸せにしてあげられなかった」

「私は人を助けてあげられなかった。」

「私は人を幸せにできないし、その資格もない。」

「私は存在する価値がない。」

「私なんかいないほうが良い。」

「死んだほうがいい。」

 

という感情を潜在的に抱えた状態で、

友人関係、会社での人間関係、恋愛関係を結ぶことになってしまいますので、

どうしても、信頼関係を築くのに苦労してしまいます…。

(´・_・`) また、

 

 

長くなっちゃったので、 次回以降に、

「なぜ、風船を買うことが、お父さんを幸せにすることなのか?」

「インナーチャイルドが癒やされるとはどういうことなのか?」

などを続けたいと思います。

 

もし、よかったら、

あたなが、お父さんやお母さんに対して、  

「風船買って!」みたいなことを言ったことがなかったかも、  

思い出してみてくださいね。

 

もし、「 早く、続きを読みたい 」と思ってくださいましたら、  

pdf 書籍も もらえる  

→  無料メルマガ に ご登録くださいませ!      

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

あなたのお幸せを祈っております。

 

 

サッカー日本代表!

おじさんジャパン!

やりましたね~!

勝ちましたね~!

奇跡が起きましたね~!

おめでとうございます~!

次は、

私たちが奇跡を起こす番!

ですよね?

なんちゃって。(^_^;)

 

 

前回までに、

 

1.「好きなことをしてたら、食べていけない。」

  は、事実でも、現実でもない、ウソ。

2.あなたは、すでに、好きなことで報酬を得ています。

  つまり、あなたは、無料で、難なく、

  何かをしただけなのに、

  人様に、喜ばれた経験をお持ちのはず。

3.具体的に、お金が入ってきていなくても、

  「自分は、すでに、好きなことをして、

  人様の笑顔や感謝という報酬を得た。」

  ことを、ハッキリ認識することが大切。

 

そして、チャンスが来た時に、

ひとこと、「○○?」と言うだけで、

お金が入ってくるようになります。

 

 

と、お伝えしたのですが、

「○○?」は、何か、

思い浮かびましたでしょうか?

 

あなたの考えた「○○?」が、

あなたにとってのベストな答えなので、

それを実践していただければ、

きっとお金が入ってきます。

たぶん…。 (^_^;)

 

=====================

 10円なら安いですか?

 100円なら、喜んで買ってもらえますか?

=====================

ちなみに、ボクの答えは、

「これ、10円なら安いですか?」

とか、

「100円なら、喜んで買ってもらえますか?」

です。

 

そして、そんな発想で、実践してきました。

たとえば、ボクも、はじめは、

無料で、カウンセリングしていました。

 

でも、やっているうちに、だんだん、

「タダじゃ悪い。」と言われるようになります。

それで、「500円なら安いですか?」

「1000円なら安いと思ってもらえますか?」

という感じで、少しずつ、

お値段を上げていきました。

 

そして、お値段を上げるほど、

ご相談者様は、真剣になり、

ボク自身も、気持ちよくカウンセリングできるようになる、

WINWINの関係性を築けるようになりました。

 

 

=======================

 好きなことをして、食べていくために、

 好きなことをして、食べていけない期間が必要。

 つまり、

 損して徳取る期間が、どうしても必要。

=======================

もちろん、「安い値段でやっている」期間は、

「好きなことをしてたら、食べていけない。」期間なんですが、

 

将来、好きなことをして、食べていけるようになるためには、

「好きなことをしてたら、食べていけない。」

期間が、どうしても必要だと思っています。

 

つまり、

「損して徳をとる」期間が、どうしても、必要だと、

僕は、感じています。

 

なぜかというと、

 

損して徳をとっている時にこそ、

・自分の才能を自覚できるようになり、

・自分の愛を自覚できるようになり、

・自分の価値を自覚できるようになり、

・自分のことを好きになれるからです。

 

と結論だけ書いても意味が分からないと思いますので、

また、次回に続けますね。

 

今日も、最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

あなたのお幸せを祈っております。

お久しぶりになってしまいましたね。

こちら浜松は、先週、ポカポカと春のような天気が続いたのですが、

今週になって、また、冬に逆戻り。

昨日も冷たい雨がザーザーと降っていました。

 

そちらは、いかがでしょうか?

 

僕のほうは、友達に薦められて入ったゴスペルサークルが、

思ったより、本格的で…。

友達は、「カラオケサークルみたいなもんやから、

楽しく歌ってりゃいいのよ。」と言ってたのですが、

実際は、ところがどっこい。

さらに、今は、

5月のコンサートに向けて、

皆さん、気合いを入れて練習中、

 

ということで、

僕の中から、自己否定の思いが、

どんどん沸いてくる、沸いてくる。

(~_~;)

 

「みんなに迷惑。

足を引っ張ってる。

自分にはできない。」

などなど。

 

それで、サークルの仲間に、

「僕、高い声、出ないです。

音程とれないです。

みんなの輪を乱し、足を引っ張るだけだから、

辞めたほうが良いんじゃないでしょうか?」

と、泣き言を言ってしまうのですが、

 

皆さんは、やさしくて、

「低い声で大丈夫。

クチパクでいいから、

コンサートに出たらいいよ。

絶対、感動するから。」

なんて、言われて…。

 

「そんな風に言ってもらえるなら、

仲間の言葉を信じて、

お言葉に甘えて、

 

とりあえず、

やれることはやったと、

自分で納得できるまでは、

やってみよう。」と思って、

暇な時間に、コソコソと、

歌の練習しておりました。

(^_^;)

 

そしたら、おかげさまで、なんとなく、

音程のとり方も分かってきて、

高い声も出るようになってきて、

「練習すればできるようになるんじゃん。」

なんて、自己肯定できるようになってきました!

(^_^)

 

それで、少し、気持ちにもゆとりができたので、

今、こうして、メールを書いております。

自分の話ばかりして、すみません。

(^_^;)

 

 

 

ところで、

やっぱり、

離婚、離縁の悩みを抱えていらっしゃる方が多いので、

今度、

「幸せになる離縁、不幸になる離縁」というテーマで、

コンテンツを作ってみようかと思っております。

 

題名(仮名)は、

「鶴の恩返しが教えてくれた、幸せになる離縁」

にしようかなと…。

(^_^;)

 

また、よかったら、今後もお付き合いくださいね。

 

今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございます!

 

あなたのお幸せを祈っております。

 

もし、疑問・質問等がございましたら、遠慮なくご連絡くださいませ。

 

 

「本当のあなたが見つかる心理カウンセリング」