コンテンツへスキップ

「あなたが自分の愛に気づけない3つの理由」その3。

 

今回は、

「あなたが、自分の愛に気づけない3つの理由」

第3回目、

ネガティブな感情や行動を、自分の愛情表現として、捉えていないから

です。

 

▼動画は、こちら。
https://youtu.be/oPbZ0FCTP44

浜松市心理カウンセリング ネガティブを愛と思えない

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼プロローグは、こちら。
https://youtu.be/85fqBlM1XkU

▼その1「現実逃避しているから」。
https://youtu.be/-Njp8MEiGPY

▼その2「無意識を認識していないから」。
https://youtu.be/WofiaoKqUns
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

プロローグで、

自分に愛があるなんて信じられないかもしれません。でも、それが真実。

とお伝えしました。

 

では、「なぜ、自分の愛に気づけないのか?」 の、

第3番目の理由は、

「ネガティブな感情や行動を、

 自分の愛情表現として、

 捉えていないから。」です。

 

 親に叱られた時から

 

わたしたちは、習慣的に、

ネガティブな感情や行動を、

避けようとしたり、

見ないようにしたり、

フタをしたりします。

 

では、いつから、

そのようになってしまったのでしょうか?

 

それは、

「親に叱られた時から、そうするようになった。」

ケースが多いようです。

 

 ボク(ワタシ)は、悪い子。

 

子どもが、親に言うときは、

大抵、お父さん、お母さんに、

幸せになってもらいたいから、

それを言います。

 

しかし、親は、子どもが言ったことに対し、

「こどもは黙ってなさい!

大人には、大人の事情があるの!

子どもは、親の言うことを聞くの!

反抗期ね!」

などと、

言ってしまいます。

 

もちろん、親に悪気はありません。

しかし、それは、子どもにとって、

かなりツライことだったりします。

そして、子どもは、こう思います。

 

「ネガティブな感情を持ったり、

行動してしまう、

【 ボク(ワタシ)は、悪い子 】なんだ。

【 ボク(ワタシ)は、ダメな子 】なんだ。」

と。

 

そして、ネガティブな感情や行動を、

否定したり、

フタをしたり、

し始めます。

 

実際、子どもは、純粋に、

親に愛情を表現しただけだったのに…。

(´・_・`)

 

子どものネガティブな言動を、自分への愛情と捉えるのは、とっても難しい。

 

しかし、

親が、子どものネガティブな、

発言や言動を、

自分への愛情として受け止めることは、

簡単ではありません。

 

「老いては子に従え」ということわざがあるように、

子どもの言うことを素直に聞けば良いのですが、

「子どもの言うことを聞く」というのは、

簡単なことではありません。

なので、

親を責める訳にもいきません。

 

あなたご自身は、親にどんな反抗をしましたか?

 

そこで、まず、お試しいただきたいのが、

「あなたご自身が、

親にどんな反抗をしたか?

を、思い出す」

です。

 

例えば、もし、あなたの親への反抗が、

「家が汚い」であれば、

家を綺麗にする愛情表現で、

あなたが幸せになれる可能性があります。

 

もし、あなたの親への反抗が、

「ご飯が美味しくない。」であれば、

美味しいお料理を提供する愛情表現で、

あなたが幸せになれる可能性があります。

もし、あなたの親への反抗が、

「夫婦仲が悪い。」だったなら、

人間関係を良好にする愛情表現で、

あなたが幸せになれる可能性があります。

 

そうして、親に対するネガティブな思考や行動は、

「自分の愛情表現だったんだ!」ということに、

気づいていただけたら嬉しく思います。

 

今日も、最後までお読みくださり、

本当にありがとうございます!

 

あなたのお幸せを祈っております。

 

もし、疑問・質問等がございましたら、遠慮なくご連絡くださいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です