「あなたが自分の愛に気づけない3つの理由」その3。

ネガティブな感情や行動を、自分の愛情表現として、捉えていないから

 

今回は、「あなたが、自分の愛に気づけない3つの理由」第3回目、

ネガティブな感情や行動を、自分の愛情表現として、捉えていないからです。

 

▼動画は、こちら。
https://youtu.be/oPbZ0FCTP44

浜松市心理カウンセリング ネガティブを愛と思えない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼プロローグは、こちら。
https://youtu.be/85fqBlM1XkU

▼その1「現実逃避しているから」。
https://youtu.be/-Njp8MEiGPY

▼その2「無意識を認識していないから」。
https://youtu.be/WofiaoKqUns
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

プロローグで、自分に愛があるなんて信じられないかもしれません。でも、それが真実です。

とお伝えしました。

では、「なぜ、自分の愛に気づけないのか?」 の、第3番目の理由は、「ネガティブな感情や行動を、自分の愛情表現として、 捉えていないから。」です。

親に叱られた時からわたしたちは、習慣的に、ネガティブな感情や行動を、避けようとしたり、見ないようにしたり、フタをしたりします

では、いつから、そのようになってしまったのでしょうか?

それは、「親に叱られた時から、そうするようになった。」ケースが多いようです。

 

ボク(ワタシ)は、悪い子?

 

子どもが、親に何かを言うとき、大抵、それは、お父さんやお母さんに幸せになってもらいたいから、そうします。

しかし、親は、子どもが言ったことに対し、

「こどもは黙ってなさい!

 大人には、大人の事情があるの!

 子どもは、親の言うことを聞くの!

 反抗期ね!」などと、言ってしまいます。

もちろん、親に悪気はありません。

しかし、それは、子どもにとって、かなりツライことだったりします。

 

そして、子どもは、こう思います。

「ネガティブな感情を持ったり、行動してしまう、【 ボク(ワタシ)は、悪い子 】なんだ。

 【 ボク(ワタシ)は、ダメな子 】なんだ。」と。

そして、ネガティブな感情や行動を、否定したり、フタをしたりし始めます。

実際、子どもは、純粋に、親に愛情を表現しただけだったのに…。

(´・_・`)

 

子どものネガティブな言動を、自分への愛情と捉えるのは、とっても難しい。

 

しかし、親が、子どものネガティブな発言や言動を、自分への愛情として受け止めることは、簡単ではありません。

「老いては子に従え」ということわざがあるように、子どもの言うことを素直に聞けば良いのですが、「子どもの言うことを聞く」というのは、簡単なことではありません。

なので、親を責める訳にもいきません。

 

あなたご自身は、親にどんな反抗をしましたか?

 

そこで、まず、お試しいただきたいのが、「あなたご自身が、親にどんな反抗をしたか?を、思い出す」です。

例えば、もし、あなたの親への反抗が、「家が汚い」であれば、家を綺麗にする愛情表現で、あなたが幸せになれる可能性があります。

もし、あなたの親への反抗が、「ご飯が美味しくない。」であれば、美味しいお料理を提供する愛情表現で、あなたが幸せになれる可能性があります。

もし、あなたの親への反抗が、「夫婦仲が悪い。」だったなら、人間関係を良好にする愛情表現で、あなたが幸せになれる可能性があります。

そうして、親に対するネガティブな思考や行動は、「自分の愛情表現だったんだ!」ということに、気づいていただけたら嬉しく思います。

 

今日も、最後までお読みくださり、本当にありがとうございます!

あなたのお幸せを祈っております。

>カウンセリング 体験

カウンセリング 体験

 ● 初回60分以内無料

 ● 60分以上は、30分につき1,500円。

 ● カウンセリング方法をお選びいただけます。
   ① 対面 ② スカイプ ③ 電話

CTR IMG