コンテンツへスキップ

観念書き換え療法とは?

 

 観念 書き換え療法

観念とは、心の中の「思い込み」のようなものです。

 例えば、
「○○が正しい。」
「○○は、間違っている。」
「○○すべき。」
「○○しちゃいけない。」などの思い込みです。
そして、その観念と、あなたのやりたいこととの間に、ギャップが生じた時に、悩みや苦しみが生じます。
よくあるケースとしては、幼い頃、両親や学校の先生から、
「親の言うとおりにしない子は悪い子。」
「みんなと違うことをする子はダメな子。」
「平均以上にできないなんて恥ずかしい。」
と教育され、その観念を持ったまま大人になってしまったケースです。
もちろん、その観念と、ご本人様のやりたいこととの間にギャップがなければ、悩みは生じません。
しかし、ご本人様の素直な心の部分で、
「もっと自由に生きたい。」
「私は、本当はこれがやりたい。」
という気持ちがあると、両親や先生から教育された観念と相容れず、
罪悪感や羞恥心を感じ、やりたいことができなくなってしまいます。
罪悪感や羞恥心が、やりたいことをやることに、強く抵抗し恐怖心を抱かせるからです。
そして、長年、やりたいことをやらず、他人様の観念に従って(ある意味依存して)、生きてしまうと、
「自分は何をしたいのか分からない。」
「生きていても何も楽しくない。」
という絶望感を感じるようになってしまいます。
なので、「観念書き換え療法」は、
すでに身につけてしまった観念をハッキリ認識し、
その観念が自分がやりたいことに対して、
抵抗や恐怖を与えていないかを明確にすることで、
やりたいことができる人生に変えていく療法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です