コンテンツへスキップ

本当の自分に出会う物語「コトちゃんはひきこもり」(7)

【お兄ちゃんのカラダはいくつある?】

 

「お兄ちゃんには、もう一つ、基礎知識を学んでもらわなきゃならないのよね~。」

アイスコーヒーを、僕に手渡しながら、コトハが言う。

「お兄ちゃんもコトちゃんも、時間軸では、永遠だということは、分かったわよね?」

僕は、「まあ、分かったことにするかな。」と、ストローでアイスコーヒーをかき回しながら、適当な返事をした。

「今度は、空間も、永遠ということ。つまり…。」と言って、コトハは、黙った。

「つまり、何?」と、アイスコーヒーをストローで吸い込みながら、僕が適当に返事をすると、コトハは、勇気を振り絞るかのようにして、真剣な表情で、静かに声を出した。

「あのね…。お兄ちゃんとコトちゃんは一つなの。」

突拍子な答えに、僕は鼻からコーヒーを吹き出し咳(せ)き込んでしまった。

しかし、そんな僕に「大丈夫?お兄ちゃん?」なんて同情する気はさらさらないという調子で、コトハは「お兄ちゃんが、コトちゃんの話を、いい加減に聴くからよ!」と言って、僕に、裸のボックスティッシュを投げた。

男の部屋だから、ティッシュボックスにオシャレなカバーなどは、付いていない。

僕は、白色のティーシャツに飛び散ったコーヒーをティッシュで拭きながら、「鼻、イッテエっつうの!」と少し、怒ったフリをした。

しかし、コトハは、容赦なく、「基礎知識の講義」を続ける。

「例えば、お兄ちゃんの体はいくつある?」

「一つに、決まってんだろ。」

「本当に?」

「おー。コトちゃん、今度は、何が言いたいだ?」と、僕が、しょうがねえ奴だなと言わんばかりの口調で応えると、コトハは、僕の気持ちなど関係ないという態度で、質問を続けた。

「じゃあ、聴くけど、お兄ちゃんの体には、いくつ骨がある?」

「骨は、いっぱいあるさ。何個あるかは知らないけど。」

「じゃあ、お兄ちゃんの体は、いっぱいあるってことよね。」

僕は、「あのなあ、コトちゃん。そういうのを屁理屈っていうんだよ。子どものなぞなぞじゃねえんだろ?」と応えながらも、頭を柔らか~くする準備を始めていた。

「コトハのやつ、今度は、何が言いたいんだ?」

突然、セミたちが鳴きやんだ。

 

 

つづく