コンテンツへスキップ

なぜ、好きなことをすると、お金が入ってくるのか?(7)

大雨の被害は、大丈夫だったでしょうか?

こちら浜松は、雨がたくさん降りましたが、

特別大きな被害はありませんでした。

 

先日の関西の地震も含め、

本当に、想定外のことが、起こりますね。

 

被害に遭われた方々の心身の痛みが、

早く癒やされますように…。

 

 

 

ところで、前回までに、

1.好きなことをしてたら、食べていけないは、ウソ。

2.あなたは、すでに、好きなことで報酬を得ている。

3.そのことを、ハッキリ認識することが大切。

4.「10円なら買ってもらえますか?」

  と言うだけで、お金は入ってくる。

5.好ききなことで食べていけるようになるためには、

  損して徳を取るプロセスが必要。

6.そのプロセスを経ると、あなたの

  「お金を得る=苦労、自己犠牲」という観念が、

  「お金を得る=価値の提供」という観念に、

  書き換えられる。

7.あなたの心はピュアなので、

  「損して徳取れ」でないと、

  お金を受け取ろうとしないし、

  お金を受け取っても幸せを感じられない。

 

などと、お伝えいたしました。

 

===============

 なぜ、損して徳を取ると、

 観念が、変わるのか?

=================

 

では、

なぜ、

損して徳取れのプロセスを経ると、

「お金を得る=苦労、自己犠牲」という観念が、

「お金を得る=価値の提供」という観念に、

変わっていくのかについて、

もう少し詳しく

お伝えしてみたいと思います。

 

==============

 損して徳取れの期間は、

 自分の愛に気づく期間。

=============

 

損して徳取れをしていると、

こんな気持ちになってきます。

「自分は、性懲りもなく、よくこんなことしてるなあ。」

「お金儲けできるわけでもないのに、自分はよくやってるなあ。」

「自分でも不思議だけど、よく続いてるなあ。」

「また、自分、やっちゃったよぉ。」

「結局、自分は、この仕事が好きなんだなあ。」

と。

 

そして、そんな気持ちを感じていると、

「自分自身」に対する、

「自己認識」が、少しずつ変わっていきます。

 

つまり、「今まで、知らなかった自分」、

 

別の表現をするなら、「新しい自分」が、

「自己認識」に、新しくインストールされます。

 

 

具体的には、

「自分」は、「現実」に、

好きなことをやって、人様に喜んでいただいている。

 

そして、

 

「自分」は、「現実」に、

そうすることで、心を満たしている。

と、

何度も何度も認識することで、

「好きなことをする=人を愛すること」

であり、

「自分=愛」

だと、

気づくようになります。

 

 

==============

 好きなことをすることは、

 人を愛すること。

 「自分=愛」。

==============

 

すると、同時に、

「自分勝手にすること=人に迷惑をかけること。」

「人を愛すること=自己犠牲、苦労。」

は、ウソだったんだ、

ウソのトリックに引っかかっていたんだ、

と、気づくようになります。

 

==================

 自分勝手=人に迷惑。

 人を愛すること=自己犠牲、苦労。

 は、ウソのトリック。

==================

 

実際、現実の世界を、

よくよく観察すると、

「好きなことをする=愛する」

世界です。

 

 

たとえば、ワンちゃん。

 

と、犬を例にあげて、

もう少し掘り下げて説明しようかと思ったのですが、

長くなってしまったので、

また、次回に続けますね。

 

 

長くなっちゃったので、

また、次回に続けますね。

 

 

今日も、最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

あなたのお幸せを祈っております。

 

★カウンセリング メッセージ集★

カウンセリングについて

「本当のあなたが見つかる心理カウンセリング」
「なぜ、話すだけで人は変わるのか?」
「来談者中心療法とは?」
「観念書き換え療法とは?」
「家族トラウマ解消療法とは?」
「アファメーション療法」
「ビジネスカウンセリングとは?」
「無責任なカウンセリング


考え方・感情について

「ストレス(ネガティブな感情)とは?」
「陽転思考」
「思考は現実化する」
「観念の恐ろしさ」
「過去の感情を癒やす」
「価値観の違いに感謝する」


人間関係について

「愛されないから満たされないのではありません。」
「人間関係のマトリックス」
「あなたは無限の愛」

恋愛・夫婦生活・パートナーシップについて

「なぜ、この人と結婚したのでしょうか?」

自分自身について

「あなたの本質は愛です。」
「あなたはすでに」
「自己中?それとも自己犠牲?」
「自分以外の人になろうとしていませんか?」
「本当の自分が分からないあなたに。」
「自分が嫌いなあなたに。」


健康について

「拒食症と過食症」