なんちゃってエッセイ

こんにちは! ”のぶさん” です!

いつも、お付き合いくださり、ありがとうございます!

残暑が厳しいですね。  

 

夏 カウンセラー

 

実は、

「ちょっとした隙間時間を使って、

文章の書き方を学んでみたいなあ」

と思いまして、

 

 

城村典子先生が主催されている

ふみサロ にお邪魔させていただきました。

 

※ ふみサロについて http://jdiscover.jp/bookreview/cat03/fumisaro/

※ ふみサロのお申し込みはこちら https://camp-fire.jp/projects/view/163796

 

 

 

まず、城村先生から「お題」をいただき、800字程度のエッセイを書きます。

すると、城村先生より、そのエッセイについてのコメントをいただけます。

 

さらに、

「書くこととはどういうことなのか?」

「書くことの素晴らしさは?」

「どうすれば、うまく伝えられるの?」

「どうすれば、読んでもらえる?」などについても、

分かりやすく教えていただけます。

もし、ご関心を持たれましたら、チェックしてみてくださいね!

 

ちなみに、1回目のお題は、

「自分の人生を折れ線グラフで書いてみる。

そして自分が大切にしている価値観を3つ見つける。

それらについて、800字程度で書いてみる」でした。

 

もし、お暇がありましたら、暇つぶしに、

僕のなんちゃってエッセイ(?)を読んでみて頂けたら…。

めちゃめちゃ、恥ずかしい …。

 

 

愛 希望 幸福

 

 

「愛と希望と幸せと」

ボクは頭が硬い。

だから、白か黒かの二者択一でしか生きられなかった。

しかし、白でも幸せになれず、黒でも幸せになれなかった。

そして、そのことに気づく(つまり、自分の頭が硬かったことを認める)までに40年がかかった。

ボクは0歳から20歳まで黒を選んだ。

言い換えると、自分中心にエゴイスティックに生きた。

人との競争に勝ち、人より優れ、経済的、社会的に優位になることで幸せになれると思った。

「もし、負けたら、奴隷のように肉体的に過酷な労働をし、貧しい生活を強いられる」という恐怖心、そして、ボクの両親がその生き方を後押しした。

しかし、その生き方をしてボクが得たものは、強い自己嫌悪と自殺衝動だった。

自分のことを、「ただ本能だけに従って生きる弱肉強食の動物」としか思えなくなった。

つまり、自分に人間らしさを見いだせなくなった。

しかし、20歳の時に分岐点を迎える。

三浦綾子の本に出会い、キリストに倣う生き方に舵を切った。

つまり、白を歩むことを決心し、右の頬を打たれたら、左の頬を出すという生き方、もう少し具体的に言うと「何があっても相手を許し、何があっても相手に責任をなすりつけず、代わりに自分がその責任を負う」という自己犠牲の生き方を選択した。

しかし、それから20年が経ち、残ったものは、幸福ではなく、苦しさと貧しさ、体の不調だった。

そんな痛い目にあって、ようやくボクの石頭が少し柔らかくなった。

40年の人体実験の末、ボクが選んだのは、黒の生き方でも白の生き方でも無い「無」の生き方だった。

すると、幸せや希望を感じられるようになり、はじめて、死にたいと思わなくなった。

それは、木や森が好き勝手に生育しながら、酸素という恩恵を人間に与えるような自然の生き方だった。

>カウンセリング 体験

カウンセリング 体験

 ● 初回60分以内無料

 ● 60分以上は、30分につき1,500円。

 ● カウンセリング方法をお選びいただけます。
   ① 対面 ② スカイプ ③ 電話

CTR IMG