優劣感からの自立

コロナウイルスの猛威もだいぶ収まってきましたね。

とりあえず、医療の逼迫(ひっぱく)状況は改善されたということで、やれやれというところでしょうか?

第2波、第3波に対する備えも必要ですが、外に出て日の光を浴びたり、運動をしたりして、明るさや元気良さを取り戻して、鬱(うつ)などの精神的な病や自殺衝動など、コロナ以外の病にも備えなければならないと感じております。

 

日本人はすでに抗体を獲得していた?

 

さて、コロナに関する興味深い論文が発表されましたので、それを紹介いたしますね。

https://ameblo.jp/yuutunarutouha/entry-12598348672.html

 

簡単に書くと、

「どうも、日本人(を含め、東アジア人)は、風邪をひきながら、新型コロナへの抗体も獲得していたらしい」

という論文です。

———————————————
★虎ノ門ニュースでも取り上げられていました。
https://youtu.be/7RKa4r1W20M?t=752
———————————————

欧米からは、

「日本はロックダウンをしなかった。PCR検査もちゃんとやってない。

それなのに、なぜか(?)奇妙に(?)コロナウイルスの封じ込めに成功している」

と皮肉交じりに分析されているのですが、

 

ボクも正直、

「東京の満員電車で、集団(クラスター)感染していないなんて、ありえない」と思っていたので、

「日本人の死者数(の総人口に対する割合)が、欧米に比べ極端に低い理由が、他に何かあるんじゃんないかな?」

と思っておりました。

 

今回の「既に抗体を持っている」説以外にも、日本株のBCGが良い説や、昆布やワカメ(フコダイン)が良い説、お味噌や納豆などの発酵食品が良い説など、「そうかもしれないなあ?」というところはあったのですが、東大先端研が論文を発表した意味は大きいと思います。

 

医療ビジネスからの自立

 

ボクは、これからは【自立の時代】だと思っていますので、今回の「日本人はすでに抗体を持っている」という論文が、

医療ビジネスから自立するきっかけになるんじゃないなあとも思っております。

 

つまり、今回のコロナに対する政府の対応が、「発熱しても4日間は自宅待機してください」という指示だったように、

これからは、

「風邪をひいても、すぐには病院に行かず、すぐには薬を飲まず、3日間は自宅療養して、自己免疫力で治すようにしてください。

それが、将来、起こるであろう未知のウイルスに勝つための最善の方法だからです」

という治療方法が見直されるのではないだろうか?

 

つまり、医療ビジネスに依存するのでなく、昔ながらの民間療法が見直されるようになるのではないか?

と思ったりしております。

 

よろしかったら、現役医師の石黒先生のお話も参考にしていただけたらと思います。

https://youtu.be/jxWrq8FvAlo?t=2030

 

優劣感からの自立

 

それで、【自立】つながりで、最近のカウンセリングの傾向について、少し書かせていただきますと、

【優劣感からの自立】が、【お悩み解決のキーワード】になっていることが多いなあと感じています。

 

つまり、

「優越感イコール幸せ。劣等化イコール不幸」という観念から抜け出して、

「他人との比較に関係ない幸せ」を感じられるようになることで、悩みが解決されるということです。

 

怪しげなムフフ

 

例を挙げますと、

・自己実現

・自己満足

・ワクワク

・ニヤニヤ

・ムフフ  (* ̄ー ̄)

という一見、怪しげなところにシアワセを見つられるようになると、お悩みから抜け出せるということです。

 

例えば、「人よりも綺麗であることが幸せ」と思っていると悩んでしまう。

でも、「自分で自分の美しさを見て自己満足できる」と悩みから抜け出せる。

 

とか、「私、この前、五つ星レストランに行ったのよ」と人に言えることに幸せを依存している人は、悩んでしまう。

けれど、一人居酒屋で、こっそり、ひっそり、自分の時間を満喫できるようになると、悩みから抜け出せる。

 

というような感じです。

 

あなたは絶対シアワセになれる

 

またまた、長くなっちゃいましたので、詳しくは、

無料メール講座「あなたは絶対幸せになれる」や、
https://55auto.biz/no-bu-sa-n/registp.php?pid=2

 

のぶさんの本「彼に言うとなぜ悩みが消え…」で、

https://www.amazon.co.jp/dp/B07G3KK92K/

 

詳しく書いていますので、ご興味を持たれましたら、ご覧くださいね。

 

今日も、最後までお読みくださりありがとうございました!

みなさまの健康とお幸せを祈っております。