もう一人の自分は、どこにいる?

もう1人の自分

本当の自分

 

そもそも論かもしれないのですが、

先日、

「 『 本当の自分 』 ってなに? 」

という質問を受けました。

 

「 本当の自分 」 というのは、「もうひとりの自分」とも言い換えられます。

と、ボクが言うと、

 

「え~!?自分が、もう一人、いるのぉ~?」

と驚かれたりします。

 

そして、

「 んで? その、もう一人の自分って、いったいどこにいるの? 」

と、さらに、突っ込まれたりします。

 

内観、瞑想

 

ちなみに、内観(瞑想)と言う言葉を聞いたことはありますでしょうか?

静かなところで、ゆったり目を閉じて、

「自分は、今、こんなことを考えている。」

「自分は、今、こんな気持ちだ。」

「自分は、今、こんな感情を抱いている。」

と、自分の思考や、気持ちや、感情を、

【 確認、観察、認識 】することを、

内観(瞑想)といいます。

 

確認、観察、認識

 

それで、

思考や、気持ちや、感情は、

本当の自分ではない。

 

そして、

思考や、気持ちや、感情を、

観察、認識、確認している人が、

もう一人の自分、

つまり、本当の自分ということになります。

 

もう1人の自分

 

なので、

「もう一人の自分って、いったい、どこにいるの?」

という質問に答えるとするなら、

「思考や、気持ちや、感情」を、【 観察、認識、確認 】している人が、

もう一人の自分です。

そして、それが、本当の自分です。

という答えになる。

のかな?

 

「思考、気持ち、感情」 が、一人目の自分

 

まとめますと、

「 思考や、気持ちや、感情 」が、一人目の自分、

「 思考や、気持ちや、感情 」を、【 観察、認識、確認 】している人が、

もう一人の自分、

すなわち、本当の自分。

ということになります。