娘がボクを愛していた(親子関係 悩み 相談 カウンセリング)

親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレンなど、悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,対人恐怖,生きづらい,死にたいなどのお悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 
浜松はシトシトトと雨が降っていますが、
 
そちらはいかがでしょうか?
 
それにしても、ようやく春ですね!
 
自宅の花も咲きました。(^_^)
 
 
 
 
さて、前回は、
 
 
・娘は病気になったり事件や事故を起こし、
 ボクを経済的・精神的に窮地に追い込んだ。
 
・そして「この危機的な状況は、フツウの方法では解決できない」と考え、
 ボクはスピリチュアル・ヨガ・瞑想・量子力学などの本を
 読みあさるようになった。
 
・そんなある日、「すべての子どもは、自分の身を挺してでも、
 両親を助けようとする」という言葉に出会い、ボクは涙がとまらなくなった。
 
・その時ボクは、心の中でこんな会話を繰り返していた。
 
ボク「なぜ、病気になったの?」
「お父さんを助けるためだよ。」
 
ボク「なぜ、事故を起こしたの?」
「お父さんを助けるためだよ。」
 
ボク「なぜ、事件を起こしたの?」
「お父さんを助けるためだよ。」
 
 
などと書かせていただいたのですが、
 
 

娘がボクを愛していた  

 
娘の「お父さんを助けるためだよ」という
 
声ならぬ声に胸を打たれながら、
 
ボクは、はじめて、娘の愛に気づいたのだと思います。
 
 
 
言い換えると、
 
「ボクは娘から愛されていた」ことに気づき、
 
それを認められた。
 
 
 
もう少し別の言い方ををすると、
 
傲慢だったボクは、
 
「自分が娘の世話をしてあげている」
 
「自分が娘に愛情を注いでいる」 としか思っていなかった。
 
 
 
けれど、
 
「愛していたのは、ボクではなく娘だった」 という事実に、
 
ようやく気づき、 それを認め、
 
受け容れられたのだと思います。  
 
 
       

「お金の奴隷」→「娘の愛の奴隷」  

 
 
  それまでのボクは、
 
「子どもの生活費を稼ぐことが娘への愛情だ」とか、
 
「自分は子どもを養ってあげている」という、
 
高慢な気持ちを、潜在的に持っていたのですが、
 
 
 
娘から愛されていることに気づいたボクは、
 
「娘から愛されていることが、
 
お金の何倍ものシアワセをもたらしている」
 
ことに気づいたのだと思います。
 
 
 
つまり、その時から、ボクは、
 
「お金の奴隷」から、 「娘の愛の奴隷」に
 
変わったのかもしれません。 (^_^;)          
 
 
 

子どもの愛は目立たない    

 
 
では、なぜ、ボクは今まで、
 
そんな娘の愛に気づけなかったのか? というと、
 
 
 
たぶん、それは、
 
「娘の愛は、派手でなく、
 
刺激的な興奮をもたらすものではなかった」から、
 
 
 
つまり、
 
「娘の愛は目立ちにくくて、分かりにくかった」から
 
のような気がしています。
 
 
 
実際、娘の愛は、静かに、とうとうと、脈々と、
 
永続的なシアワセを、ボクの心の深いところに、 もたらしていました
 
 
 
でも、それが、目立たなかったから、
 
ボクは、それに気づけなかったのではないかと…。
 
(´・_・`)
 
 
 
 
つまり、
 
子どもの愛は、目立たない、
 
だから、分かりにくく、見つけにくいのではないかと、
 
思ったりしております。          
 
 
 

お金のシアワセは派手で目立つ      

 
 
一方、お金の愛は、目立ちやすくて、分かりやすいようです。
 
 
例えば、豪華な料理や、高級なホテル、
 
テーマパーク、豪邸、高級車などは、
 
刺激的で大きな興奮を与えてくれます。
 
「うわぁ〜〜!
 
すっご〜〜いぃ〜〜!」と…。
 
 
 
しかし、そのような刺激的な興奮は、
 
永続性には乏しく、空しさが伴ったりします
 
 
 
つまり、いつか、飽きてしまうシアワセ、
 
時間と共に薄れてしまう満足感であったりします。          
 
 
 

  子どもの愛は、太陽、月、星、山、海…      

 
 
例えるなら、 子どもの愛は、
 
派手でなく、静かに、とうとうと、脈々と、
 
永続的なシアワセを、もたらしてくれる、
 
太陽や、星、月、海、山のような存在。
 
 
 
だから、子どもの愛は、
 
豪華な料理や、高級な豪邸、高級車のように、
 
派手でないけれど、
 
まったく次元の違う、深い喜びを、
 
ボクの胸の奥深くに与えてくれる
 
 
 
そんなことにボクは、気づき、それを認め、
 
「ボクが娘を愛していた」のではなくて、
 
「娘がボクを愛していた」と、 考えるようになったのだと思います。
 
 
         
親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレン 共依存 浜松
 
 
 
 

気持ちの平和、安定、落ち着き、感謝…      

 
 
その結果、ボクは、
 
 
・子どもは、自分の身の危険を冒(おか)してでも親の自立を助けようとする。
 
・子どもは、親に感謝されることで、最高のシアワセを感じる。
 
 
などの、フツウじゃないヘンな考え方を
 
持つことになっただけではなく、
 
 
 
それと同時に、
 
気持ちの平和、安定、落ち着き、
 
動揺しない心、感謝の気持ちなどを、
 
恒常的に感じながら生きられるようになりました
 
 
 
さらに、それは、
 
ボク自身の自己満足で終わることはなく、
 
ご相談者さまの心にも、
 
平和や安定、落ち着き、感謝をもたらすことになった
 
 
 
ということも、お伝えしたいので、
 
よかったら、次回も、お付き合いくださいね。