社会貢献 (2) 幸せな社会とは


今回は、社会貢献の2回目、

「幸せな社会」というテーマとなります。

 

幸せな社会は、逆三角形(▼)?

前回、

「不幸な社会は三角形(▲)」などと書かせていただいたのですが、

なぜ、逆三角形の社会は幸せなのか?

と言いますと、

逆三角形社会(▼)は、三角形社会(▲)と反対で、

精神的に自由で豊かで、

物質的・経済的にも自由になるからです。

 

たぶん、間違ったこともたくさん書いてしまっているとは思いますが、

大きな視点、マクロの視点、木を見ず森を見る観点で考えると、

やはり、三角形社会(▲)は精神的物質的に不自由で貧しくなり、

逆三角形社会(▼)は精神的にも物質的にも自由で豊かになるのではないかと…。

 

 

逆三角形社会の代表、アメリカンドリーム

例えば「アメリカンドリーム」が逆三角形社会(▼)の代表になるのではないかと考えているのですが、

アメリカンドリームの特徴は、

「みんなに平等にチャンス(機会)を与える。

結果は各自が所有する」

というところだったかと思っております。

そうすると、各自が自由に発想できますし、やりたいこともできます。

ただ、結果は自己責任なので、皆が真剣に考えますし、

成果を出すため、一生懸命、創意工夫します。

 

すると、新しいアイデアやサービスが産出されますので、

新しい喜び、感動、満足が世の中を流通することになります。

 

そんな「新しい価値の活発な流通」によって、

アメリカは、自由で豊かな国になったのではないかと考えております。

 

 

逆三角形社会(▼)では、国民が上

もう少し具体的に、

逆三角形の社会について書かせていただきますと、

国レベルでの逆三角形社会(▼)とは、

国民が上に立って創意工夫し、新しい価値を生み出す

それを、政府や役人が縁の下で支える社会です。

政策で言うと、小さな政府とか減税が、それに当たるかと思います。

 

いっぽう、三角形社会(▲)は、

政府や役人が、国民の上に立ちます。

国民は、上からの指示や命令に従い、

国民が頑張って出した結果(生産物)は、

政府や役人が監視し、全体に分配するような社会です。

 

 

絶望・ロボット・人間らしさの喪失

つまり、三角形社会(▲)になると、

国民は「どうせ頑張っても、自分に返ってこないし…」

という絶望的な気持ちになり、モチベーションも下がりますし、

生き甲斐や、生きる意味を見出すことも難しくなってしまいます。

また、政府や役人の指示・命令で働く機会が増えますので、

まるでロボットや機械のように仕事することが多くなります。

 

すると、新しいアイデアの創出・創意工夫という

人間が持っている「無から有を生み出す創造性」を発揮する機会が減ってしまいます。

すると、自己価値感も下がり、心も満たされなくなってしまう…。

さらに、監視や規制の中で、言いたいことも言えず、やりたいこともできなくなりますと、

精神的に病んでしまう…。

 

そんな観点から考えましても、

三角形社会(▲)は精神的・物質的に不自由で貧しくなり、

逆三角形社会(▼)は精神的にも物質的にも自由で豊かになるのではないかと…。

(たぶん、間違っていることもいっぱい書いてしまったと思うのですが、細かなところについては、多めに見てくださいね。)

 

次回は「社会貢献」の最終回、

「今日からできる社会貢献」というテーマで書かせていただきますので、

よろしかったら、また、お付き合いくださいね。