心の力を使う (3) 雑念が消えると悩みも消えますか?

瞑想マインドフルネス

 

今回は、

「心の力を使っていますか?」の3回目(最終回)、

「雑念が消えれば、悩みも消えますか?」

というテーマになります。

 

前回、

ネガティブなことから、心のコンセントを抜いて、

ポジティブなところに、挿してみる。

という観点で、お悩み解決するのはどうでしょうか?

などと書かせていただいたのですが…。

ネガティブなことから頭が離れないのよ!

「ネガティブなことからコンセントを引き抜くのが、とても難しい…

ネガティブなことが頭から離れないから、悩んでるのよ!」

というのが、

悩んでいる方の、お気持ちなのではないかとも思います。

つまり、

ネガティブな感情をもたらす人と、

「私は、もうあの人とは全く関係ありません」

と切り捨てて、断捨離できれば、

悩まなくなるのだろうけれど、それが難しい。

だから悩むし、苦しくなる、ということのように思っております。

お釈迦さまも一緒

そのことについては、

あの お釈迦さまも同じで、

菩提樹の下で、

「人は、現実に起こる出来事によって悩むのではなく、

思いによって、悩み苦しむのである」と

悟られるまで、お釈迦さまも苦悩を続けられた

(と聞いたのですが、間違っていたらごめんなさい…)

ということですので、

ネガティブなことから、コンセントを抜けないから、

悩み苦しむのは、人類共通の苦悩なのかもしれません。

ヨガの教えも

また、

ヨガの経典には、

「ヨガとは心の止滅なり、

心の働きが止まった時に、

本当の自分が現れるのである」

と書かれているということですので、

心の働きを止めることは難しい、

ということを意味しているのだと思いますし、

それは、つまり、

心のコンセントをネガティブなところから抜くことが難しい、

ということに通じるのではないかと、

個人的に考えたりしております。

コンセントを抜くためには?

では、

「どうすれば、ネガティブなことから、

心のコンセントを抜くことができるのか?」

ということになるのですが…

一つ、ご提案したいのは、

お釈迦様の教えにも、ヨガにも共通している(?)

【 呼吸 】になります。

【 呼吸 】によって雑念が消える?

呼吸と言っても、

(意識して、深く吐いて、深く吸う)

深呼吸を行うというのではなくて、

横になって寝る時に、

テレビやラジオや、YOUTUBEや、スマホなど、

目や耳に入ってくる情報を、全部、遮断して、

ご自身の呼吸に意識と関心を集中させて、

「今、自分は、スーッと息を吸った」

「今、自分は、ハァーと息を吐いた」

という風に、

【 ご自身のの呼吸を観察すること 】に、

意識と関心を集中する。

そんなことを

一度、お試しいただけたらと…。

お釈迦様の教えにもヨガの教えにも

あの、お釈迦様の教えにも、ヨガの教えにも、

呼吸の重要性が説かれているので、

きっと、何かしらの効果があるのではないかと…

(全然、自信はないのですが…)
(´・_・`)

 

今日も最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!