コンテンツへスキップ

観念の恐ろしさについて

 

僕は、「性悪説」という「観念」を持って生きてきました。

分かりやすく言うと、「人間なんて、所詮、自己中心的な生き物だ。」という「観念」を持って生きてきました。

つまり、人間は、結局、自分のことが一番かわいいし、いざとなったら、他人を犠牲にしてでも、他人を殺してでも、自分が生き残ろうとする。

それが、人間なのだ。

意識的にせよ、無意識的にせよ、ボクは、そんな「観念」を持って生きてきました。

そして、人間は、汚い。

人間は醜(みにく)い。

そう思っていました。

だから、そんな汚い自分、醜い自分を、否定することが、良いことだと思っていました。

僕は、自分を大切にすることは、悪いことだと思っていましたし、自分を優先することに、罪悪感を感じていました。

そして、常に、他人より、自分を大切にしてはならない。

何か、人様の役に立っていなければならない。

そう思うようになっていました。

そうしなければ、自分に価値はない。

人の役に立っていない自分は、生きていてはならない。と…。

そうして、結局、 病気になってしまいました。

そして、結果的に、家族のために、お金を稼ぐこともできない。

のみならず、治療費用で、さらに、家計を圧迫するという状況に追い込まれました。

その時、僕は「死にたい。」と思いました。

人様の役に立たない自分には、生きる意味もない。

人様の役に立たない自分に、価値はない。

だから、生きていることは、悪いこと。

だから、死ぬべきだ。 そう思いました。

そんな風に、「観念」は、人を死に追い込むほどに、恐ろしいものなのだと思うのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です