コンテンツへスキップ

お金が人を自殺させる?(お金,社蓄,奴隷,親子関係の悩み)

人生も、シアワセもお金に依存して(お金,依存,社蓄,奴隷,親子関係の悩みへのヒント) 浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。

 
こちら浜松は、少し寒さが緩み、
 
しとしとと静かに細かい雨が降っています。
 
そちらは、いかがでしょうか?
 
 
 
さて、前回までに、
 
 
・ボクは、【子どもという現実的な豊かさ】から目をそむけ、
 
   【お金の不安や恐怖心】にばかり目を向けていた。
 
 
・そんなボクは、自分の【豊かさ】をお金に売った【お金の奴隷】だった。
 
 
・そして「お金があればボクも娘もシアワセになれるのに、
 
   お金がないからボクも娘も不幸なんだ」と、  
 
 【豊かさ】のみならず【シアワセ】や【人生】までも、お金に依存させていた。
 
 
 
などとお伝えしたのですが、          
 
 
 
 
 
お金が人を自殺させる?  
 
 
 
そんな僕に、娘は追い討ちをかけます。 
 
 
 
病気になったり、事件や事故を起こしたりして、
 
日常生活を守ることで、
 
精一杯だったボクを、
 
経済的に、そして精神的に窮地に追い込みます。  
 
 
 
なので、ボクは
 
「死にたい。そして、その保険金で家族には生きてもらいたい」
 
という気持ちを強めていきます。  
 
 
 
 
 
 
 
 
毎日200人が自殺している国  
 
 
 
ちなみに、「昨年のニッポンの自殺者数は?」
 
約 20,000人。  
 
 
 
つまり、 今日も、明日も、明後日も、
 
毎日、 どこかで、誰かが、
 
自殺している計算になります。  
 
 
 
しかも、その数は、1日に、約200人。  
 
 
信じられないかもしれませんし、
 
目をそむけたくなるかと思いますが、
 
それが、日本の現実…。
 
(´・_・`)
 
 
 
10年くらい前までは、状況はもっとひどく、
 
毎日、約 300人が自殺していたという、
 
自殺大国「ニッポン」。 
 
 (。-_-。)        
 
 
 
 
 
お金を持ったら、お金に殺される    
 
 
 
そして、その一番の理由が、
 
「経済的困窮」や「保険金」など、「お金」関連
 
 
 
なので、
 
「日本は、お金持ちになった。
 
けれど、そのお金に殺され、 お金に命を奪われるようになった。」
 
というのが、現代の日本史かもしれません。
 
(´・_・`)      
 
 
 
 
 
人身売買も、売春も?      
 
 
 
そして、たぶん、
 
お金で人間を売る「人身売買」や、
 
お金でカラダを売る「売春」も、
 
同じ理由から生まれているのではないかと思います。
 
 
 
つまり、【お金が】というよりは、 ボクみたいに、
 
【人生や豊かさやシアワセをお金に依存させてしまった人間が】
 
自殺・人身売買・売春という悲劇を、
 
この世に生み出しているのではないかと…。
 
 
 
でも、お金に対する不安や恐怖心を克服することは、
 
口で言うほど簡単ではないですよね?
 
(´・_・`)
 
 
人間、そんなに強くないし…。
 
(-_-;)      
 
 
 
 
 
  大金を手にしても      
 
 
 
また、反対に、
 
大金を手にしてしまったために、
 
平常心を失ったり、友人や友情を失って、
 
人間不信になったりするケースもあります。  
 
 
 
「お金持ちになったら、人がたくさん寄ってきた。
 
けれど、友情はなくなった。」
 
みたいな話は、よく聞きます。
 
 
 
とにかく、それくらいに
 
【お金のチカラ】が、 人間の思考や感情に大きな影響を与え、
 
【お金のチカラ】が、人間を、 左右に揺り動かしているということは、
 
間違いないようです。    
 
 
 
 
 
フツウじゃないものに、打開策を求める      
 
 
 
ボクは、そんな【お金のチカラ】にひれ伏して、奴隷になり、
 
お金も、健康状態も、夫婦関係もギリギリになって、
 
今までの仕事を続けられなくなってしまいました。         
 
 
 
そして
 
「この危機的な状況は、フツウの方法では解決できない」
 
と考えるようになり、
 
 
 
「引き寄せの法則」「思考は現実化する」をはじめ、
 
スピリチュアル・ヨガ・瞑想・量子力学などの本を読みあさり、
 
フツウじゃないものに、打開策、
 
(というよりは、救い?  (~_~;) )
 
を、求めるようになります。        
 
 
 
 
 
涙に暮れる日々      
 
 
 
そして、ある日、
 
ある言葉に出会い、
 
涙がとまらなくなり、
 
涙に暮れる日々を過ごすという、
 
不思議な体験をすることになります。 
 
 
 
長くなっちゃったので、また、次回に続けますね。
 
よかったら、引き続き、お付き合いくださいませ。  
/** * 以下ヤフーアクセス解析のためのスクリプト */