コンテンツへスキップ

すべての子どもは、自分の身を挺してでも … 。 

親子関係 インナーチャイルド アダルトチルドレンなど、悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,対人恐怖,生きづらい,死にたいなど。お悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 

昨日、今日と、春のように温かなこちら浜松です。

桜が咲く日も近そうですね。

(^_^)

 

さて、前回までに、

 

・「お金があればシアワセになれる」と、
ボクは、豊かさもシアワセもお金に依存させていた。

・娘は病気になったり事件や事故を起こして、
ボクを経済的に精神的に窮地に追い込んだ。

・そして、ボクは「この危機的な状況は、
フツウの方法では解決できない」と考えるようになり、
スピリチュアル・ヨガ・瞑想・量子力学などの本を読みあさり、
フツウじゃないものに救いを求めるようになった。

・そんなある日、「ある言葉」に出会い、涙がとまらなくなった。

 

などと書かせていただいたのですが、

 

 

子どもは、自分の身を挺してでも … 。  
 
 
 
親子関係,インナーチャイルド,アダルトチルドレン,悩み,相談,カウンセラー
 
 
 
その「ある言葉」とは、
 
本田健さんの本「ユダヤ人大富豪の教え(3)」
 
の中にあった、こんな言葉です。
 
 
【すべての子どもは、
 
自分の身を挺してでも、 両親を助けようとする。】
 
 
 
ボクは、その言葉を読んだときに、
 
涙が止まらなくなってしまいました。
 
 
次の日も、その言葉を読むと、涙が止まらなくなり、
 
そのまた次の日も、その言葉を読むと涙が止まらなくなるという、
 
不思議な3日間を過ごしました。
 
 
 
 
アタマでは理解できない  
 
 
 
しかし、ボクのアタマでは、
 
「すべての子どもは、自分の身を挺してでも両親を助けようとする」
 
という言葉は、論理的にも感情的にも理解できない、
 
受け入れがたい言葉でした。
 
 
 
しかし、涙がボロボロとあふれて止まらなくなるのだから、
 
その言葉を受け入れざるを得ません。        
 
 
 
 
そうだったんだ … 。    
 
 
 
そして、
 
「そうだったんだ…。」と、 心の中でつぶやくと、
 
また、涙がボロボロと落ちこぼれる…。
 
 
 
そんな3日間でした。
 
(^_^;)
 
 
 
結果的に、その《気づき》ゆえに、
 
ボクの人生は、ガラッと変わることになるのですが、
 
それは、ボクのアタマでは理解できない、
 
常識や論理というものから、逸脱した《内容》でした。          
 
 
 
 
お釈迦さまのサトリと同じ?      
 
 
たぶん、それは、
 
 
アルキメデスが、お風呂のお湯があふれるのを見て、体積に気づいたり、
 
ニュートンが、リンゴが木から落ちるのを見て、重力を悟ったり、
 
ガリレオが、星の動きをみて、地球が動いていることに気づいたり、
 
アインシュタインが、屋根から落ちる人を見て、相対性理論を悟ったり、
 
お釈迦様が、難行苦行の末に乳粥を食べて、無をサトったのと同じように、
 
 
当時の常識や理屈から逸脱していた《内容》 … 。
 
ではないかもしれませんが、
 
(^_^;)
 
 
 
ほんの、ほんのちょこっとだけ、
 
似ている部分があるのではないかと、
 
ボクは勝手にそう思っております。 (^_^;)        
 
 
 
 
ボクのライフワーク      
 
 
なので、この
 
【すべての子どもは、自分の身を挺してでも、両親を助けようとする】 を、
 
一人でも多くの人に伝えることが、
 
ボクの「人生の目的・使命・ライフワーク」なのかなあと思って、
 
今、こうして、そのことを書かせていただいています。 
 
 
 
なんちゃって…。
 
(^_^;)
 
 
 
なんだか、落ち(オチ)が着いちゃったかもしれませんが、
 
【すべての子どもは、自分の身を挺してでも、両親を助けようとする。】 について、
 
もう少し詳しくお伝えしたいので、
 
よかったら引き続き、次回もお付き合いくださいね。
 
 
 
/** * 以下ヤフーアクセス解析のためのスクリプト */