心理カウンセラーのリファー (refer) について

カウンセラーのリファー

浜松市のカウンセリングサロン「コリトル」のリファー

リファー (refer)

 

カウンセラーは「守秘義務」と同時に「リファー」という義務を負っています。

 

リファーとは、カウンセリングを継続させることが不適切と判断した場合には、適切なかたに譲ることを言います。

 

例えば、コリトルの場合ですと、

  • ご相談者様やカウンセラー自身の健康維持に支障をきたしてしまう場合
  • 事件性や法律を犯す可能性が出てきた場合
  • カウンセリングによって夫婦関係が逆に悪化してしまう場合

などは、

適切なかたをご紹介した上で、ご相談をお譲りすることになります。

 

守秘義務を背負っているため、

リファーするか否かは、カウンセラーの自主判断に任されています。

 

カウンセラーのリファー