コンテンツへスキップ

悲劇のはじまり

対人恐怖,生きづらいなどの悩み相談。浜松市の 心理カウンセリング サロン コリトル 。 その他人間関係,親子関係,仕事,夫婦,離婚,不倫,恋愛,依存,不安,絶望,死にたいなどのお悩みを解決したい時、誰かに話を聞いてもらいたい時に。

 
なんだか、サクラが花を咲かせるのをやめちゃいそうな、
 
寒い日が続いているこちら浜松ですが、
 
そちらはいかがでしょうか?
 
(^_^;)
 
 
 
   
 
 
 
 
前回、    
 
 
インナーチャイルドが癒やされると、
 
「親を愛していなかった」が
 
「親を愛していた」に変化する。
 
 
カウンセリングでは、
 
「自分は親を愛していた。
 
親の価値観に合わなかったことは、
 
自分が親を愛さなかったことではない。」
 
と気づいていただくことを大切にしている、
 
 
などと書かせていただいたのですが、
 
お話が飛躍していたかもしれないので、
 
もう少し、丁寧に書いてみたいと思います。
 
 
 
 
       
子どもとの人間関係  
 
 
 
例えば、野球のルールを知らない人に
 
「イチロー、スゴイですよね!?」 と言っても、
 
なかなか共感してもらえません。
 
 
また、音楽やダンスが好きじゃない人に、
 
「○○48感動だよね!?
 
○○46カッコいいよね!?」 と言っても、
 
あまり共感してもらえません。
 
 
( よね? (^_^;)  )
 
 
なので、日常では、
 
それを理解し、相手に合わせて、 話題を選び、
 
柔軟に、お付き合いしているのだと思います。
 
 
しかし、親が子どもに接するとなると、
 
それが、ちょっとズレたりするのかもしれません。  
 
 
 
 
       
悲劇の始まり  
 
 
 
(特に父親は?)  (・_・;
 
こんなお説教をしたりします。
 
 
「イチローっていうのはなあ…。」とか、
 
「夢をあきらめないっていうことはなあ…。」 など …。
 
 
それが、自分の価値観の押し付けだと考えることもなく、
 
「自分は良いことをやっている」と思い込んでいるので、
 
まったく悪気はないのですが…。
 
(´・_・`)
 
 
ただ、それが発展して、
 
こんなことまで言ってしまうと
 
悲劇が始まってしまいます
 
 
「ん? わからん? そうか…。
 
おまえみたいな馬鹿に言ってもわからんか…。」
 
と…。 (-_-;)          
 
 
 
 
劣等感が、無価値観・無力感・絶望感となる    
 
 
 
つまり、親の価値観を理解できない子どもに、
 
親の価値観を押し付けるだけでなく、
 
劣等感まで与えてしまうと、
 
子どものインナーチャイルドが強く傷ついてしまうようです。
 
(´・_・`)
 
 
 
そして、その劣等感は、
 
「自分は親を愛せなかった。
 
自分は親の役に立てなかった。
 
自分は親を助けてあげられなかった。」
 
という、無価値観、無力感、絶望感、自己否定感、罪悪感などに、
 
形を変えながら、
 
心の中の潜在意識(インナーチャイルド) として
 
居座るようになってしまうようです。        
 
 
 
 
  一度、それを信じてしまうと      
 
 
 
しかも、一度、その気持ちを心の中に抱えてしまうと、
 
癒やすことが、結構、難しい …
 
(-_-;)
 
 
つまり、カウンセラーが、いくら熱心に、
 
「あなたがやったことは、親の価値観に合わなかったかもしれません。
 
しかし、それは、親を愛さなかったことではありません。」
 
と伝えても、
 
 
ご相談者さまは、
 
「?????」と、
 
なかなか、 その言葉を受け入れられない、
 
ピンとこない、
 
腹落ちしない、
 
納得しない、
 
という風になってしまいます。
 
 
 
 
子どもは無意識に親を愛し    
 
 
 
では、なぜ、そうなってしまうのかというと、
 
それは、以前にもお話ししました
 
・子どもは、
 
・無意識に
 
・親を愛し、
 
・親の感情に責任を持ってしまう
 
からだと思っております。      
 
 
 
 
すべての子どもは、身を挺しでも親を守る      
 
 
 
そして、意外だったのは、
 
真面目に親孝行してきた人が、
 
 
「親は悪くないんです。 私が悪いんで。
 
私に愛が足りなかったし、
 
私がわがままだったから。」
 
と言われるのではなくて、
 
 
今まで親に反発してきたような人が、
 
そう言われるということです。
 
 
つまり、親に逆らってきた人であったとしても、
 
「自分は親を愛せなかった。
 
自分は親の役に立てなかった。」 という、
 
無価値観、無力感、自己否定感などを、
 
インナーチャイルドとして心の中に抱えていらっしゃる
 
ということです。
 
 
そんな話を聞くたびに、 やはり、
 
「すべての子どもは、身を挺してでも親を守ろうとする」んだなあ、
 
と確信したりしております。    
 
 
 
 
  親と対話するカウンセリング      
 
 
 
少し、話がそれてしまいましたが、
 
先ほど、書かせていただいたように、
 
カウンセラーが、いくら熱心に、
 
「あなたは親を愛してきました。
 
けれど、それが親の価値観に合わなかっただけです。」
 
とお伝えしても、
 
なかなか、 それを受け入れていただけないので、
 
 
 
その代わりに行っているのが、
 
以前、「実際の対話」でご紹介した、
 
 
 
カウンセラーではなく、親と対話していただく、
 
インナーチャイルドセラピーです。      
 
 
 
 
愛と感謝の人間関係を試そうとする      
 
 
 
そして、インナーチャイルドが癒やされるようになると、
 
ご相談者様に「ある変化」が起こり始めます
 
 
その「ある変化」というのが、
 
「お母さん!これ見てぇ〜!」という
 
「愛と感謝の人間関係を試そうとする」なのですが、
 
 
 
ちょっと長くなっちゃったので、
 
また、次回に続けますね。