花子の不倫(11)本気で人を愛したかった 

浜松市の 不倫,浮気,恋愛 相談 心理カウンセリング コリトル(カウンセラー のぶさん) 

 

ついに8月になっちゃいましたね。

今週は、今年一番の暑さみたいですので、

心にも体にも、ご負担をかけないよう、

お過ごしくださいね。

(^_^)

 

 

では、花子さんとコトちゃんの話の続きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《 前回までのあらすじ 》

花子は不倫してしまう。
結果、気持ちが不安定になり、家族関係が悪化し、アルコールや安定剤に頼るようになる。
そんなある日、ウェイトレスのコトハに出会う。
コトハは言う。
「人には快楽が必要」「そうじゃないと欲求不満がたまる」「セクシャルな刺激を求めることは、生まれながらの自然な欲求」「もっと、情熱的に、激しく、刺激的に、本気の愛を貫かれる方が良いんじゃないでしょうか?」「毎日、彼氏と一緒にいてセクシャルな欲求を満たせれば、それで悔いはない?」などと…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

人を愛するって

 

コトハはゆっくり、小さな声で言う。

「でもね。

『彼の満足のため』は本気の恋愛じゃない。

『彼の役に立つ』も本気の恋愛じゃない。

彼のためにすることは本気の恋愛じゃないの。」

 

「えっ?」

花子は、コトハに聞き返す。

 

「彼のためにすることは、本気の愛じゃない?それって、どういうこと?

人を愛するって、相手のために何かをすることでしょ?」

 

コトハは、相変わらず、冷静に、1秒間に5文字程度のゆっくりとしたスピードで話す。

「そうでしょうか?

たとえば?」

 

「例えばって?

そりゃあ、お料理を作ってあげるとかぁ、お掃除してあげるとかぁ、話を聞いてあげるとかぁ、彼の健康を気遣ってあげるとかぁ…。」

 

「はい。

それが、愛情表現であることに間違いはないです。

でも、それが本当の恋愛かどうかというと、やっぱり、それは違うと言うか…。

やっぱり、彼のためにやることは、本気の恋愛ではないというか…。」

 

愛情表現と本気の恋愛

 

花子には、コトハの言っている意味が理解できない。

そして、再度、コトハに問う。

「愛情の表現は、本気の恋愛とは違うって?

どういうこと?」

 

「はい。

やっぱり、彼のためにやることは、欲求だとか、情熱だとか、そういう類いのものであって、本気の恋愛とは違うはずです。」

 

花子は、「やっぱり、こんな高校生みたいな若い娘(こ)には、私の悩みは理解できないか…。」と心の中でため息をつきながら、コトハに聞こえないくらいのボリューム(音量)で、独り言を言う。

「あたなの言ってること分からない。

というか、あなたに、私の悩みが分かるわけない…。」

 

何かのメリットのため?

 

しかし、そんな花子の独り言をよそに、コトハは続ける。

「ちなみに、花子さんは、彼氏のご飯を作ってあげたり、お掃除してあげたり、話を聞いてあげたり、健康を気遣ってあげたり、されたのですか?」

 

「そうね〜。

まあ、そんな感じだけど。」

花子は半分心を閉ざし、イヤそうに答える。

 

「もしかして、それは、そうすることで、彼からお金がもらえるとか、花子さんに何かメリットがあるから、そうなさったんですか?」

 

「そんなことないわよ。

何となく、放っとけなかったからよ…。」

 

「ということは、つまり、花子さんは、見返りを求めずに、彼のために、なにかをやってあげたいと思われたのですね。」

 

「まあね。」

花子は、相変わらず、心を閉ざし、「もうそろそろ、この話は終わりにしない?」と言いたげだった。

 

しかし、コトハは、そんな空気を読まずに続ける。

「それは、彼がどんな姿だったからですか?」

 

「彼がどんな姿だったかって?

うーん…。

なんかぁ。

落ち込んでて。

人と話そうとしないし。

話したら、自分はダメだみたいなことを言うし、自信を失ってる感じで。

なんか、まあ、この人、励ましてあげなきゃ、みたいな…。」

 

欲求不満

 

すると、コトハは、声のトーンを少し上げて、楽しそうな声で言った。

「やっぱりぃ!

そうですよねぇ。

だから、やっぱり、花子さんは、欲求不満だったんですよ!」

 

「はあ!?」

さすがの花子も、今回は、

「冗談も、ホドホドにしてよ!

もう堪忍袋の緒が切れたわ!

この話は、これで終わり!」

と言わんばかりに、コトハの目を見た。

 

しかし、コトハの目には力があった。

目が笑っていない。

威圧感がある。

さっきまでは、子猫の肉球のような柔らかい眼差(まなざ)しをしていたのに、今のコトハの眼球は、馬の蹄(ひずめ)のように硬そうだった。

 

花子は、そのチカラに押され、「もう、いい加減にして!」という言葉を喉の奥で止め、呑み込んだ。

 

コトハは、目力(めぢから)で花子を押さえつけながら、さらに続ける。

 

「はい。

花子さんは、本気で人を愛したかったの。

だけど、できていなかった。

だから、欲求不満がたまっていた。

でも、その欲求不満を晴らす対象が現れた。

それが彼。

だから、恋愛ではない。

花子さんは、本気の恋愛をしたんじゃない。

花子さんは、本気で人を愛したの。

本気で人を愛せていない欲求不満を彼にぶつけたの。

つまり、花子さんは、彼が好きなんじゃない。

花子さんは、彼が好きなんじゃなくて、落ち込んでいる人を元気づけるのが好きなの。

花子さんは、そんな情熱や欲求を心の中に溜(た)め込んでいた。

そして、その欲求を満たすためなら、『自分を犠牲にしても構わない。自分は損をしても良い』というくらいに、花子さんの気持ちは強くなっていた…。

でも、それは、人を愛したかったのであって、本気の恋愛とは違うものなの。」

 

太郎くんが好きなんじゃなかった?

 

その時、3メートルほど遠くの方から、中年男性の声がした。

「コトちゃーん!

コーヒー、おかわり良いかな?」

 

「はあい!」とコトハは、優しく切れのある声で返事した。

が、花子が3メートル先の、その声の主から、テーブルに視線を戻した時には、もう、すでにコトハの姿は無い。

 

「あれ?

コトちゃん、また、消えちゃった…」

 

1人になった花子は、ゆっくりと、タピオカ豆乳ラテのストローに口をつける。

 

凍ったように冷たいタピオカと、少し渋めの豆乳ラテが、プクプクと小さな音を立てながら、口の中に入ってくる。

花子の唇と舌と喉とが冷たくなった。

 

と同時に冷静さを取り戻した花子は、1秒間に5文字程度のゆっくりとしたスピードで、コトハの言葉を繰り返す。

「わたし、欲求不満だった?

わたし、本気で人を愛したかった?

わたし、太郎くんが好きなんじゃなかった?

落ち込んでいる人を元気づけるのが好きだった?

わたしは、そうすることが好きだった?

わたしは、そのためなら、自分を犠牲にしても構わないと思うくらいになるまで、欲求と情熱を溜め込んでいた?」

 

2回、3回、花子はボソボソと繰り返す。

 

 

 

また、次回に続けますね。

今日も、最後までありがとうございました!

ご感想がありましたら、ご返信くださいね。

あなたのお幸せを祈っております。

>カウンセリング 体験

カウンセリング 体験

 ● 初回60分以内無料

 ● 60分以上は、30分につき1,500円。

 ● カウンセリング方法をお選びいただけます。
   ① 対面 ② スカイプ ③ 電話

CTR IMG