不倫・浮気は精神病?

不倫や浮気をしてしまうのは、精神病だから?

 

不倫や浮気をしてしまうのは(恋愛体質・セックス依存は)、精神病だからですか?

というご質問をいただいたりするのですが、

僕は、医師ではないので、不倫や浮気をしてしまった人を精神病と診断することはありませんし、

クスリを処方して治療するということもありません。

心療内科 薬 合わない 心理療法 カウンセリング

 

セックス依存症の治療

 

不倫や浮気を精神病として捉える考え方は、

プロゴルファーのタイガーウッズさんがセックス依存症の治療を行ったことがきっかけとなって、

日本でも大きく広がったのではないかと思っております。

精神科での依存症治療となると、やはり、薬物療法が主になるわけですが、

精神病に対しては、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン作用のあるお薬を処方しながら、様子を見ていくようです。

 

詳しいことは、お医者様にお任せしなければならないのですが、

僕としては、よく寝てよく遊ぶことができれば、

セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンを分泌させることができるので、

よく寝てよく遊ぶという生活習慣を身に付けることで、

不倫、浮気、セックス依存、恋愛依存などの依存症を克服できるのではないだろうかと考えております。

 

特に、不倫や恋愛に限らず、

アルコール、タバコ、薬物、ギャンブルなど、

いわゆる依存症と呼ばれるものは、

基本的に「脳内麻薬」とも呼ばれているドーパミンを大量に分泌させることで、

幸せ欲求を満足させる習慣が身についてしまって、

その習慣を変えられなくなっているというイメージです。

つまり、セックス、恋愛、アルコール、タバコ、薬物、ギャンブル等で、幸せを感じる習慣から、

よく寝てよく遊ぶことで幸せを感じる習慣に、

少しずつ移行させていくことで、依存症は克服できるのではないかと考えております。

タイガーウッズ セックス依存 治療

 

セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン

 

例えば、

  1. セロトニンは、よく寝る、よく休む幸せを感じさせるホルモン。(睡眠欲、休息欲求の満足
  2. ドーパミンは、よく食べて、よく性を楽しむ幸せを感じさせるホルモン。(食欲、性欲、コミュニケーションの満足
  3. ノルアドレナリンは、目標達成や社会貢献して人の役に立つ幸せを感じさせるホルモン。(夢を叶えたい欲求の満足

と捉(とら)えると分かりやすいのではないかと…。

 

よく寝て、よく遊べますか?

 

そこで問題なのが、「今の日本社会で、よく寝てよく遊ぶことが現実的に可能なの?」ということなのですが、

実際のところ、今の日本社会では、それがとても難しいと感じております。

 

しかし、できないわけではないし、

今の日本社会で、「よく寝て、よく遊ぶ」ができている人もいます。

よく寝てよく遊ぶ

 

よく寝るは瞑想。よく遊ぶは好きを仕事にする。

 

コリトルでは、

セロトニン的な「よく寝る、よく休む」シアワセを、

瞑想セラピー感じていただく。

ノルアドレナリン的な「目標達成や社会貢献して人の役に立つ幸せ」を、

わくわくシンクロ体験や、好きを仕事にすることで感じていただく。

ドーパミン的な「コミュニケーションや愛情」で得られる幸せを、

ご自身の中にある無意識・無条件の愛に気づくことで感じていただく。

という形で、サポートしております。

瞑想セラピー セロトニン