昼の愛の欲求不満

最近、不倫・浮気・恋愛依存などについてのご相談が多かったので、そのことについて、少し書かせていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・
▼動画はこちら▼
https://youtu.be/79xxmeXZGZI
・・・・・・・・・・・・・・・・

一般的には、「不倫は良くない、浮気もよくない、だから、やっちゃダメ!」という感じだと思います。

しかし、不倫や浮気に悩む当事者様の心理としては「『やっちゃダメ』で止められるなら、誰も困らないし悩まないよ」というところだと思います。

そこで、不倫や浮気・恋愛依存などのご相談を受けた時に、こんなことをよくお話しをさせて頂いています。

昼の愛の欲求不満?

 

「もしかしたら、昼の愛の欲求不満なのかもしれません」と…。

ご相談者様は、そんなことを言われても、意味がわかりませんので、

「相手が節度を持たなければならない。

相手が我慢すべきことを我慢して、努力すべきことを努力して、裏切らなければ、こんなことにはならなかった」

という発想をされるのですが、

男女関係において、「パートナー(自分も含む)が欠点を直せば、仲良くなれる」という考え方は、負のスパイラルに陥ってしまうことが多いので、あまりお薦めしておりません。

(詳しくは、また、別の機会にお伝えいたしますね。)

 

パートナーが欠点を直しても問題は解決しない

 

それで、

「人はみな昼の愛の欲求を持っていると言う風に考えてみるのは、いかがでしょうか?

昼の愛の欲求と言うのは、
① 自分らしく、好きなことや得意なことをしたい。

と同時に、
② 誰かを愉しませたり、誰かに喜んでもらいたい。

という欲求です。

そして、その欲求を、職場や趣味、ボランティア等で満たせていないと、不倫や浮気・依存症に陥ってしまうという考え方になります。」

とお伝えしたりしているのですが、ご相談者様は、理屈が飛躍していると感じられるようです。

助けたくて、役に立ちたくて恋愛に陥る?

 

例えば、恋愛依存になってしまったご相談者様に、相手と何をしているのかについて、詳しくお聞きしていくと、こんなことに気付かれたりします。

【自分は、心のどこかで、相手を助けたいと言う気持ち、相手の役に立ちたいと言う気持ちを、潜在的に持って不倫しているのかもしれない。
相手が好きなだけだと思っていたけれど…】

と。

もちろん、大概は「好きになってしまった」という単純な理由で不倫してしまうので、本人もなかなか気付けませんし、

「自分は良くないことをしている」という罪悪感が先に思い浮かんでしまうので、不倫相手に昼の愛の欲求を満たそうとしている、

つまり、相手を助けたいとか役に立ちたいという「善意で不倫している」なんていう発想は、普通できません。

ちょっと、長くなっちゃったので、次回に続けますね。また、よかったら、お付き合いくださいませ。

今日も、最後までお読みくださりありがとうございました!

みなさまの健康とお幸せを祈っております。