花子の不倫(10)カレの満足のため

浜松市の 不倫,浮気,恋愛 相談 心理カウンセリング コリトル(カウンセラー のぶさん) 

 

なかなか雨が止まないですねぇ。

もう7月も半分が終わったというのに…。

(´・_・`)

今日は、セミが鳴いていましたが、あまり元気がなさそうでした。

まだ、セミさんには寒いのでしょうか?

(^_^;)

もうしばらく、梅雨が続きそうですが、エアコンで身体を冷やしすぎないよう、お身体をお大事にお過ごしくださいね。

では、花子さんとコトちゃんの話(つづき)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《 前回までのあらすじ 》

花子は不倫してしまう。
その結果、気持ちが不安定になり、家族関係も悪化し、アルコールや安定剤に頼るようになる。
そんなある日、ふらっと入った喫茶店「ロトール」で、ウェイトレスのコトハに出会う。
そして、不倫の悩みを打ち明けてしまう。
そんな花子に、コトハは意外な言葉をかける。
「人には快楽が必要」「そうじゃないと欲求不満がたまる」「セクシャルな刺激を求めることは、生まれながらの自然な欲求」「人を好きになるって、人を嫌いになるより良い」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

作曲家は?

 

ニット帽を被(かぶ)った女性が、漆黒のアップライトピアノに向かい、「トロイメライ」を弾いている。

その時、またコトハが現れ、花子に声をかけた。

「ユリさんのピアノ、素敵でしょ?」と。

花子は、突然のコトハの声に少しビックリしたが、「はい。本当にステキですぅ〜。」と答えた。

さらに、

「なんだか、とても、癒やされます。

特に、『トロイメライ』は、わたしの好きな曲で…。

でも、作曲者の名前が出てこなくて…。」と照れくさそうに笑う。

 

コトハは、また、人差し指を立てて言う。

「シューマン?」

 

「あぁ〜!それそれ!シューマン、シューマン!」と、ボリュームを落とし、かすれ声を出して、花子も無邪気に笑う。

 

気持ちが軽くなった花子は、ついでに、気になっていたことも訊(き)いてみることにした。

「ところでなんだけどさぁ〜。

コトちゃん、なんで、さっき、禁断の恋って分かったの?」

 

恋の疲れを癒やすピアノ

 

「ですよねぇ〜。不思議ですよねぇ〜。

ユリさんのピアノって、ホントすごいんですよぉ〜。

なぜか、【恋に疲れたオンナ】のココロを癒やしてしまうっていうかぁ。

そういうチカラがあるみたいでぇ…。

わたし、ある日、お客様を見ていて、何となく、それに気づいたんです。

ユリさんのピアノの近くに座られる女性のお客様には、何か共通点があるって…。

なんだか、みんな疲れた顔をして、ため息をついて、グラスやカップをボーっと見つめられるんです。

そして、一心にユリさんのピアノに耳を傾けられる。それから、しばらくすると、 『ふぅ〜〜〜。』とか『はぁ〜〜〜〜。』って、大きく深呼吸をされるんです。

それで、「どうかなさいましたか?」って、お客様に訊いてみることにしたんです。

そしたら、みなさん、恋に疲れ、悩みを抱えていらして…。

それで、今日のお客様も、もしかしたら、同じかなあって思ったんです。

それで、声をかけさせて頂いたんですけど、やっぱり、今日も正解だったので、 『5戦5勝の負けなし!』なんです!

ユリさんのピアノのチカラって、ホントにすごいんですよねぇ〜!」

と、スマイル0円の笑顔を見せる。

 

気持ちが楽になったことは確かだったから

 

花子は、

「あのねぇ。コトちゃん?

そういうところで賭けるの、辞めてくれない?」

とツッコミを入れたかったが、コトハの言う通り、【恋に疲れていた】ので、ツッコミを入れられなかった。

 

そんな花子の気持ちをよそに、コトハは、さらに続ける。

「ところで、お客様のお名前、お聴きしても大丈夫ですか?」

 

「わたし?」

花子は、内心、「なんで、カフェで自分の名前を言わなきゃならないのよ?」と思ったが、コトハという陽気なウェイトレスと、ユリというピアニストがいる、この店が気に入ってしまったので、

「ハナコよ」と答えた。

 

「ハナコさんですね!よろしくお願いいたします!

今なら少し時間があるので、よかったら、お話をお聞きしますよ」とコトハが続ける。

 

花子は、「こんな高校生みたいな子に言ったって、どうにもならないんだろうけど」

と思いながらも、とりあえず参考程度に、コトハの考えを聞いてみたくなった。

 

さっきコトハに言われた

「人には快楽が必要」

「そうじゃないと欲求不満がたまる」

「セクシャルな刺激を求めることは、生まれながらの自然な欲求」

「人を好きになるって、人を嫌いになるより良い」などの言葉で、少し、気持ちが楽になったことは確かだったからだ。

 

本気の愛を貫くことで人は幸せになれる

 

花子は、2秒間『ふぅ〜〜〜。』と深いため息を吐いてから、ボソッと言った。

「これから、どうしたら良いのかなぁ〜〜。」

 

コトハは相変わらず、ハキハキした声のトーンで言う。

「ハナコさんは、さきほど、本気の愛だと言っていらっしゃいましたよね?」

 

「はい。まあ〜。」

 

「それなら問題ないじゃないですか!?

本気の愛を貫くことで人は幸せになるんですから!」

と銀色の丸く大きなお盆を自分の胸に押し付け、コトハは笑みを見せる。

 

花子は、

「この子、どこまでポジティブなの?

やっぱり、この子には分からないかぁ〜。」

と思ったが、コトハを傷つけないよう、できるだけ優しい言葉を返した。

 

「ええ…。

まあぁ〜。

そうなんでしょうけどぉ…。

でも、今のままじゃ、抗うつ剤と精神安定座のクスリ漬けになって、私のカラダも壊れてしまって、実際、家族も壊れかけてるし…。」

 

「あら。そうだったのですね。

朝は抗うつ薬を飲んで元気づけて、夜は、安定剤や導入剤で眠るっていうことですか?

それは、大変ですねぇ〜〜。

おクスリは、あまりよくないというかぁ…。

そうなんですねぇ…。

困りましたねえ…。」

 

コトハは、眉間にしわを寄せた。が、

「でもぉ〜。

やっぱりぃ〜。

本気の愛を我慢しちゃうと、欲求不満になって、ストレスがたまって、余計に心が病んじゃうから、もっともっと、本気の愛を貫かれたら良いんじゃないでしょうか?

本気の愛を貫くことで人は幸せになれるますし…。

それに、どうせ、一度きりの人生なんですから!」

と、変わらず、ハキハキ言う。

 

花子は、「この子、どんだけぇ?

っていうか、もうちょっと、空気読めないのかなあ?

でも、昔の自分もこんなだったかもしれないし…。」

と、できるだけコトハの言葉を受け入れようと努力した。

 

が、「もっともっと」という、言葉だけは受け入れらず、怪訝な顔をして、コトハに訊いた。

「もっともっと?」

 

もっと激しく?もっと情熱的に?

 

すると、コトハは、自信ありげに、少し声を太くして言う。

「はい。

もっと、情熱的に。

もっと、激しく。

もっと、刺激的に。

本気の愛を貫かれる方が良いんじゃないかと…。」

 

花子は、少し、イラッとした。

そして「大人をからかわないで!」と言わんばかりの声を出す。

「あのねぇ。コトちゃん?

さっきも言ったけど、わたし、そんなにセクシャルな欲求不満がたまっているんじゃなくてね…。」

 

コトハは、表情から笑顔を消した。

「はい。

だれも、セクシャルな欲求不満なんて言っていないですよ。

そっちの欲求じゃなくても、もっと情熱的に、もっと激しく、もっと刺激的に、できるんじゃないのかなぁ、と思いまして…。」

 

花子の心には、まだ、イラッとした気持ちが残っている。

そして「何言ってんの?この子?」と、首をかしげる。

一番の快楽?

 

空気を読めないのか?

それとも読まないのか?

コトハはさらに続ける。

「ちなみにハナコさんにとって、一番の快楽って何ですか?

花子さんにとって、一番、気持ち良いこと、心地良いこと、エクスタシーを感じること、幸せを感じることって何でしょう?

たとえば、1日中、そして、毎日、彼氏と一緒にいて、セクシャルな欲求を満たせれば、それが、一番のシアワセ?」

コトハは、そこまで言って、口を閉じた。

 

5秒間の沈黙の後、花子は、ゆっくりと口を開けた。

先ほどまでのイラッとした気持ちが、その5秒間でどこかへ行った。

「さすがに、それは、ごめんだわぁ〜。」

 

コトハは、しつこく、同じような質問を繰り返す。

「じゃあ、もし、毎日、彼氏と一緒にいてセクシャルな欲求を満たせれば、それで、ハナコさんの人生に悔いは残らないですか?」

「うーん。なんか、それも違うような気がするんだけど…。」

 

「じゃあ、彼氏は、どうですか?

たとえば、彼氏は、1日中、そして毎日、ハナコさんとセクシャルな欲求を満たせれば、それで一番の幸せになりそう?」

「うーん。そうねえ。

もしかしたら、彼はそうかもねえ…。

やっぱりオトコだからぁ〜。」

 

コトハは、笑う。

そして、まるで、井戸端会議をしているオバちゃんのような言い方をする。

「ホント、男って、しょうがないですよねえぇ〜。

動物的本能が強すぎるっていうかぁ〜。

オオカミみたいって言うかぁ〜。

男性脳は、そのことで頭がいっぱいみたいだから、仕方ないのかもしれないですけどねぇ〜。」

 

花子も笑う。

その時、ピアノ演奏「トロイメライ」が終わった。

 

店内が、一瞬、真空になる。

 

「でもね。

とにかく、それは、本気の恋愛じゃないの。

『彼の満足のため』は本気の恋愛じゃない。

『彼の役に立つ』も本気の恋愛じゃない。

彼の満足のためにすることは悪いことじゃない。

でも…。

それは本気の恋愛じゃないの…。」

 

 

 

 

また、次回に続けますね。

今日も、最後までありがとうございました!

ご感想がありましたら、ご返信くださいね。

あなたのお幸せを祈っております。

>カウンセリング 体験

カウンセリング 体験

 ● 初回60分以内無料

 ● 60分以上は、30分につき1,500円。

 ● カウンセリング方法をお選びいただけます。
   ① 対面 ② スカイプ ③ 電話

CTR IMG