自立する = 悪い子になる?

自立する = 悪い子になる?

親子のトラウマ,インナーチャイルド, アダルトチルドレン, 共依存などのお悩み相談。浜松市の心理カウンセリング サロン コリトル。

 

こんにちは! いつもありがとうございます。

 

前回までに、

・「自立」できないと奴隷のようになる。

つまり不自由になる。

・でも「自立」は簡単じゃない。

・「自立」が難しい理由は、 【安心・安全】を手放すのが難しいから。

・例えば、お父さんとお母さんが「お寿司大好き」なら 「私もお寿司大好き!」と言えば【安心安全】。

・だけど、もし「自立」して「私はお寿司キライ!」と言ってしまうと 【安心安全】を失う。

・そして、家に入れてもらえなくなったり、 暗い部屋に閉じ込められたり、木に縛り付けられたり…(?)

・でも、それくらいのリスクを経験しないと「自立」できない。

などとお伝えいたしました。  

自立する奴隷する 浜松市 心理カウンセラー

 

自立する = 悪い子になること?

 

こんな話をすると、

「自立するって言うことは、『親の言うことを聞かない、 自分勝手な悪い子になる』 っていうことですか?」

と質問されることがあります。

 

人間不信 自分を信じられない

 

  親孝行で良い子

 

確かに、「お姉ちゃんなんだから!」「長男なんだから!」「恥ずかしいから!」

「人に笑われるから!」「馬鹿にされるから!」などと親から言われ、

 

親を怒らせないために、親を悲しませないために、「○○でなきゃいけない」「○○であるべき」と自分を制限し、抑圧し、

コントロールすることができる子どもは、親孝行で、道徳的で、お行儀の良い、模範的な「良い子」なのかもしれません。

 

もし、そうなら、それに反する子ども、つまり「私はお寿司キライ!」と言う子は、「悪い子」になってしまうのかもしれません。

 

良い子 = シアワセな子?

 

でも、親を怒らせないために、親を悲しませないために、

「○○でなきゃいけない」「○○であるべき」と自分をコントロールしている子どもが、

「シアワセそう!」でしょうか? また「楽しそう!」でしょうか?

つまり、「○○であるべき」を優先し、好きなことをやらず、やりたいこともやらずにいる子どもが、

屈託のない笑顔を見せて笑っていそうでしょうか?

ボクには、あまりそういうイメージが湧かないのです。

 

 

親が子どもに依存する?  

 

実は、親が、「恥ずかしいから!」「笑われるから!」「馬鹿にされるから!」などと、子どもに言う時、

「親自身が、恥ずかしい思いをしたくないから」

「親自身が、笑われたくないから」

「親自身が、馬鹿にされたくないから」 

そのように言ってしまうケースが少なくありません。

 

つまり、親の心理として、

「子どもが恥ずかしい思いをする」=「自分(親)が恥ずかしい思いをする」

「子どもが笑われる」=「自分(親)が笑われる」

「子どもが馬鹿にされる」=「自分(親)が馬鹿にされる」

から、

 

子どもに「○○でなきゃいけない」「○○であるべき」と、言ってしまうということです。      

 

 

共依存

 

このような状態を、心理用語で「共依存」などと表現するのですが、「子どもが笑われること=自分が笑われること」

という風に、親が、子どもに依存してしまうと、子どもに「親に依存すること」を期待・要求してしまいます。  

 

つまり、子どもが「自立しないこと」を、《無意識に》期待・要求してしまう。

なので「共依存」と表現します。

 

そして、もし、「自立できない = 幸せになれない」のだとしたら、親が、子どもに依存することは、 『《無意識に》子どもがシアワセにならないことを期待・要求する』ことになってしまいます。

 

  親子のトラウマ インナーチャイルド 悩み相談 浜松市 心理カウンセリング サロン    

 

親が、子どもがシアワセにならないことを 期待・要求してしまう?  

 

ちょっと極端な表現になってしまったかもしれませんが、

もちろん《無意識に》なので、親が《意識的に》子どもがシアワセにならないことを期待・要求するということではありません。      

 

子どもは親の自立をサポートしたい  

 

話をはじめに戻しますと、

「自立するって言うことは、『親の言うことを聞かない、わがままで自分勝手な悪い子になる』ということですか?」

という質問を受けることがあるのですが、

 

そんな質問に対して、ボクは、

「いいえ。そうではなくて、子どもが自立すると言うことは、 同時に、親の自立をサポートすることです。

なぜなら、子どもは、シアワセのためには自立が必要であることを 知っているし、 子ども自身が、まず自立することが、

親の自立をサポートすることになると、 無意識的に知っているからです。」

という感じでお答えしています。

 

少し論理が飛躍していますでしょうか?

 

 

次回、もう少し、丁寧に書いてみたいと思いますので、よろしければ、また、お付き合いくださいね。