コンテンツへスキップ

人間関係のマトリックス

 

 

人間関係のマトリックスとは、 作家の本田健さんや、ファシリテーターのクリストファームーンさんが、話されている内容で、

 

人と人とが関係を持つ時には、多かれ少なかれ、ポジティブとネガティブ、自立と依存という関係性が生じる。」という概念を前提にしています。

 

そして、ポジティブな人には、ネガティブな人が必要で、自立型の人には、依存型の人が必要である。

 

しかし、どちらかが、自分が正しいとか、相手は間違っているという思考や感情を持ってしまうことで、人間関係に悲劇が生じてしまう。

 

だから、自分の思考や感情が、ポジティブ、ネガティブ、自立、依存、のどちらの方向に、引きずられていっているのかを感じる。

 

そして、相手のおかげで自分の思考や感情のバランスを保つことができていることに感謝することで、気持ちよい人間関係を結べるようになる。

 

というような内容です。

 

 

 

                       

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です